祝日の扱いについて




[スペイン探偵局に戻る]
休日ばんざい 2018/03/04(日) 17:19:38
当方、飲食業界で働くものです。月曜休みで土日、祝日も勤務しています。スペイン人の友人に祝日勤務は振替が権利として認められていると聞きました。上司と交渉してみようと思いますが、どこにそのようなことが明記されているのでしょうか?労働契約書にはそのようなことが書かれておりません。
また、2018年の祝日を調べてみると、月曜に当たっていることが多いのですが、その場合には「今年は運が悪かったね」で終わってしまうのでしょうか?それとも、振替休日などの扱いにしてもらえるのでしょうか?
ご存知の方いらっしゃいましたらご教示いただけたらと思います。

コンベニオ 2018/03/04(日) 20:49:29
HosteleríaのConvenioを調べると、祝日や日曜日などの勤務に関する条項があります。

コンベニオ2 2018/03/04(日) 21:23:55
前にも同様の質問が出てましたね。
サービス業ー飲食業やホテル業ー、お医者さんなどは日祝に働くことも夜勤などもありえるので、
権利が違います。
コンベニオさんのおっしゃっている言葉で検索すると出てきますので、
読みにくいですが、隅から隅まで一度自分の職業の権利を読んでみると良いですよ。

休日ばんざい 2018/03/12(月) 13:36:17
コンベニオ様、コンベニオ2様
情報ありがとうございました。お返事が遅くなり申し訳ございません。Convenioを探し、答えを得ようとしているうちに時間がたっていました。

当方カタルーニャ在住ですが、2014年から2016年度のhosteleriaのConvenio 見つかりました。労働者として知っておくべき権利が記載してあり、いくらか目を通しただけでも「むむ??うちの職場は違反しまくっているのでは?」と思うものがいくつかありました。コンベニオ2様のアドバイスどおり、一度すべてに目を通してと思ったのですが、自分のスペイン語力では理解できないことが多すぎるので、わからないことはこの場で質問させていただき、皆様に協力していただけたらと思います。

当方の質問「祝日の扱い」ですが、Articulo32に記載してありました。(ここから間違っていないことを祈ります)
自分の持っているスペイン語力を出し尽くして理解できた範囲では

Artículo 32 Fiestas no recuperables
Cuando las fiestas no recuperables no se disfruten o coincidan con la fiesta semanal, el trabajador/a tendrá derecho a disfrutarlas en otra fecha y la empresa deberá abonar un 40% de acuerdo con la tabla salarial más la antigüedad consolidada si la hubiere, salvo cuando la fiesta coincida con el período de vacaciones, en cuyo caso quedará absorbida.
La empresa podrá absorber con carácter general sólo una fiesta no recuperable como máximo cuando coincida con el período de vacaciones, con independencia de que estas se fraccionen.

・祝日が職場の休日と重なる場合、他の日に振替できる。
  例)4月2日(月)はsemana santaの祝日で、店休日と重なるので、他で1日の振り替え休日をとることができる。
・祝日勤務はempresaが40%の割り増しの賃金を支払わなければならない。
例)5月1日(火)労働者の日は働かなくてはいけないので、その日の給料は普段一日100ユーロもらっているとしたら40%割り増しの140ユーロとなる。また、1日振替休日がもらえる。
・Vacaciones期間中に含まれる祝日は残念ながら振替できないが、その期間に含まれていいのは祝日1日のみ。
例)Vacacionesは12月15日から1月13日の30日間。でもその期間に4日の祝日が含まれているから3日間は振替休日をとることができる。


En el supuesto de que las fiestas no recuperables se disfruten de forma continuada, la empresa respetará el descanso semanal, acumulando el mismo al número de fiestas. El abono de las fiestas no recuperables se realizará en el mismo mes de su devengo. Se respetará cualquier acuerdo preexistente entre las empresas y los representantes de los trabajadores/as.

・祝日をまとめて振替することもできる。
例)極端な話、すべての祝日を働いたら年間2週間程度連続して振替休日をとることができる。その場合、週休日に付け加える形で振替休日がとれる。
・祝日勤務の割増賃金は各月の給料日に支給される。


自分で導き出した当方の質問の答えですが、
-祝日勤務は振替ができる。さらに、割増賃金で支払われる。
-月曜の祝日分も振替ができる。
このような解釈で間違っていないでしょうか?

長くなりましたが、皆様のご協力を賜りたいと思います。


追加発言は締め切られました。
WwwLounge Ver2.16

e-mail address: info@arrobaspain.com
Copyright (c) 2000-2020 @Spain all rights reserved.

@Spainのトップに戻る