結婚後、どちらの国に住むか。




[スペイン探偵局に戻る]
manzana 2016/04/13(水) 14:16:08
スペイン人のパートナーと結婚された皆様、
結婚後に、どちらの国に住むか、どのように決定されましたか?

スペイン人男性との結婚を予定していて、彼とどちらの国に住むか話し合っています。
考えれば考えるほど、悩んでドツボにはまりそうになり、投稿させて頂きました。

今のところ、スペインに住む方向で動いています。

理由の一つは、彼は日本語が少し話せますが、私はスペイン語がほとんど話せないため、語学を習得して、もっと彼や彼の家族、友人たちと、スペイン語でコミュニケーションを取れるようになりたいからです。
子どもができた時、スペイン語も話せ、旦那の国に住んだ経験のある親でありたいと思います。

もう一つの理由が、彼がスペインのアート業界で仕事をしており、日本で同じような仕事をすることが難しいからです。
(日本でも探してみましたが、なかなか見つかりませんでした。)
スペイン語教師やスペインバル等で働く選択肢もありますが、彼のこれまでのキャリアがアート一筋であたことを考えると、心苦しい気持ちになります。

また、総じて、quality of life (生活の質)(人間関係、仕事とプライベートのバランス等)を考えたとき、
スペインの方が豊かである印象があるからです。


ただ、安定性や収入を考えると、彼に日本へ来てもらった方がいいのも分かっています。

彼はスペインでの収入は不定期で、不安定です。
私がスペイン語を話さないまま、スペインへ渡航すれば、しばらくの間は無職になってしまいます。(英語は話せますが。)

一方、いまの私の収入の状況はと言いますと、
定職についており、つい最近昇進もしました。

残業が続く時期もありますが、月収も安定しており、
今後出産や育児をする際の福利厚生面も、安定しています。

(ただし、日本に住んでいたら、忙しさを言い訳にして、スペイン語が上達しないのは、目に見えています。)


自分にとって、スペインに住む選択肢を選ぶことは、
quality of life (生活の質)を直感的に大切にすること。
またスペイン語を習得する上で、よいと思います。

日本に住む選択肢を選ぶことは、
安定性があり、収入の心配をしなくて済む利点があります。

現実的なことを考えれば、日本で住むべきであることは分かります。

ただ、今後彼と一緒に住み、一緒に生きていくことを考えると、
スペイン語も習得し、スペインでの生活も体験しておいた方がよいように思います。

結婚後、1年だけスペインで滞在し、
その後日本へ戻ってきて出産することも考えます。

その場合、日本で再度就職先を探すことになり、
彼も自分も、無職の中でスタートすることになることを思うと、心配になります。


皆さんは、どちらの国に住むか、どのように決断されましたか?

現在、30代中盤で、色々なことを決断する上で、微妙な年頃であるため、悩んでいます。

もしよろしければ、何でも結構ですので、ご意見を聞かせて頂けますと幸いです。
どうぞよろしくお願いします。

ぽんちゃん 2016/04/13(水) 17:00:48
私の場合は旦那が日本語があんまりできないですし、
日本に来てもアルバイト。なおかつ一人っ子。
正社員だとかになるならどうしても学歴と日本語検定が必要だったり。
私はmanzanaさんのようにキャリアも無く
うちの親は古い考えなので長男一人っ子ならスペインに行きなさい
って感じでした。
悩まずに来てしまった感はあります!

旦那さんがフリーで今の会社からお仕事が貰えるなら
日本に住むほうがいいとおもいます。
子供ができてからスペイン移住の方がいいかもです。

なぜなら私がスペインに来て半年後旦那が失業しました笑
もっと日本で貯金しとけば良かったと思いました笑

でも貧乏なのになぜか心が豊かなので不思議です。
日本だとこうはならなかったと思います。

manzana 2016/04/14(木) 15:48:35
ぽんちゃんさん

うちの将来の旦那も、一人っ子です。。。笑!
やはり、将来的に、親の介護のこと等、色々気になります。

安定した生活を送るためには、彼はフリーなので、彼に日本へ来てもらった方がいいかもしれませんね。

ぽんちゃんさんのおっしゃっている、心の豊かさ。

たぶん、わたしが日本に住むという選択肢について、収入や安定性という利点があるにも関わらず、
スペインへ行く選択肢が捨てきれないのは、そこだと思います。

お金があって収入が安定していても、心がぎすぎすしてしまったら、
なんだか寂しい。
心が豊かであること。とても大切ですね。

まずは 2016/04/16(土) 08:32:49
仕事の安定している方の国に住んで貯金することをお勧めします。
スペインで古い家を買って改築出来るぐらい日本で貯金してから移住しました。
その後、子供の病気など色々あって、現在は日本に住んでいますが、
その色々がなかったらずっとスペインだったと思います。
とにかく貯金は大切です!

なぽれおん 2016/04/16(土) 18:51:43
私もまずはさんと同意見です。
経験上、貯金が無ければこちらの生活は成り立ちませんでした。

好きな国へ 2016/04/17(日) 06:33:53
語学力目的で住む場所を選ばない方がいいと思います。

子供達もどちらの国でものびのびと育てることは可能ですし、
どちらの国も良い点・悪い点があります。

国際結婚組を見てきて、夫婦仲に問題が起きるほど重要な事柄になるのは、収入と精神面です。

お金は日本の方が安定して充実しているなら、アート系のご主人に、日本にいながらスペインから仕事を発注できるのが一番だと思います。
フリーランスで、今と仕事や内容が違っても、何かしらやることができれば一番です。
いざとなればアート以外のこともやる心づもりがあるかどうかも重要です。

最悪、自分が大黒柱となる可能性があります。
日本を選んだとするとその可能性も高いですが、
50歳、60歳になっても、その心構えがあなたにあるかも重要です。

スペインも出費が少なく生活できるので(医療費、教育費、住居費、生活費、遊び)、
スペインに住み、ご主人の仕事でなんとか暮らせるのなら、それも選択の1つだと思います。

日本は子供を私大にでも行かせようものなら高額のお金がかかりますが、収入だけでなく、
支出でも、両国を調べるべきです。

もちろんあなたも今の仕事にこだわらず何か仕事ができないか。
ご主人はスペインでも不安定であり、アート系であるなら、
スペインでもあなたが大黒柱になる可能性もあります。
(日本人女性だけの稼ぎでスペインに住んでいる、国際結婚組もたくさんいます)
ですからあなた自身もスペインで仕事が探せる土地へ住めるか、
なんでもやるつもりでいるか、その覚悟を自分に問わなくてはいけません。

気になったのは、トピ主さんが、なんだかんだ理由を挙げながら、気持ちの面でスペインに軍配をあげてらっしゃるように感じることです。
憧れにしても、どこかにそんな気持ちがありながら、日本でハードな生活をしつつ、夫や家族を支え続けると
隣の芝生が青く見えるかもしれません。

スペインが好き!という気持ちがある人だったら、気持ちだけであってもスペインに住んでもどうにかなる人が多いです。
行く前に過剰な心配をしている人は、少なくとも最初の数年はスペインでの生活に慣れるのに時間がかかる人が多いです。


逆にご主人はどうですか?
男性の方が他国で住むことがうまくいかない場合があります。
ご主人が日本語も話せて日本大好き人間だったり、ポジティブで柔軟性のある人間だったら、日本に住むこともありです。
それらがまったく当てはまらない外国人にとっては、日本の生活は難しい場合があります。

ご主人の性格・好みを見て、日本でうまくやっていけそうか、
あなたの性格・好みを見て、スペインでうまくやっていけそうか。
その国が好きじゃないと、なかなか他国で住むのは大変ですよ。(好きでも大変なこともあるので)


経済面と、性格面で、紙に書き出してみてはどうでしょうか。
強いNoや、強いYesが出てきたら、消去法で決まるんじゃないでしょうか。

その国で暮らせるぐらいの収入が見込めて(今より悪くても)、
あわない国で耐えれない、などの思いがなければ、
結局はどの国へいっても、どんな人生になっても、なんとかいけると思います。

どちらの国に住むにせよ、アート系のご主人と結婚されるのであれば、
貯金は必須です。女性があまり頑張ってお金を貯めていると働かなくていいと思うスペイン人男性もいるので、
相手に自覚を持たせ、はっぱかけることも必要です。

manzana 2016/04/17(日) 14:35:11
ますは さん、なぽれおん さん

ご意見をありがとうございます!
人生何が分かるか分からないですものね。
貯金の重要さについて、改めて考えさせていただきました。

manzana 2016/04/17(日) 14:52:50
好きな国へ さん

丁寧なご意見を、ありがとうございました。
自分の気持ちや意見の整理を、メモに書き出して視覚化し、それでも答えが出てこなかったため、投稿させて頂きました。

現在二人の置かれている状況が、客観的にどのように見えるのかを、改めて考えさせていただいたとともに、
悩んでいた自分を俯瞰するような思いで読ませて頂きました。

先日、将来の旦那と真剣に話し合ったところです。

自分が大黒柱になる可能性が高いことは覚悟しており、
収入が不安定な彼にも、想いと現実とのバランスを取ってもらうよう、折を見て念押ししています。
言葉だけでなく、それを行動で示してくれる人だからこそ、一緒に暮らしていくこを決意できたのだと思います。

気持ちの面でスペインの方に軍配が上がっているところは、あると思います。
時期がいつになるかは未定ですが、いつか住めたらと思っています。

おそらく、いまの自分に足りないのは、どちらの国に住むか、決意、覚悟することだと思います。
選択することは、一方の選択肢を選ぶことであり、もう一方の選択肢を捨てること。

もっと言うと、不足しているのは、選ぶ決意ではなく、選ばなかった方の選択肢を、捨てる決意、勇気なのだと思います。
捨てることで伴う痛みな不利な点を受け止めること。

もう一度自分でも考え、彼とも話してみます。
ありがとうございました。

まず 2016/04/18(月) 21:45:00
結婚後どちらの国に住むか・・・と考えるから深く悩んでしまうのではないですか?
居住地って重要だと思います。まして安定した職を継続するか辞めるかという選択や、言語の問題があるのなら。

そこで、結婚前に3カ月なり半年なり、お互いにお互いの国に行き来してお試しで生活してみたらどうでしょう?
そういうカップルが実際にいたのを思い出しました。3カ月ならビザもいらないし、お手軽です。3カ月で30年後の生活まで予想はできませんが、旅行で1週間来るのとは違った発見があると思います。

私自身は、主人が日本語も英語も話さないことと、自分自身がスペインに適応できていたこともあって、100%スペインしか居住先はありませんでしたから悩みませんでした。
でも、どちらがどちらにでも行ける状況なら、決める前によりしっくりくる方を試してみたらいいと思うのです。仕事を辞める覚悟があるなら、休職なんて楽なんじゃないでしょうか。

私はスペインに適応できていたとかきましたが、それでも実際移住して生活を続けていると、弱音を吐きたくなることも多々あります。
そんな小さな(嫌な)経験をお互いに体験した上で、乗り越えられそうな方を選んだらいいと思います。あとは、第三国という案だってある、ということも頭の片隅に入れておいたらいいかもしれないですね。

manzana 2016/04/22(金) 13:46:47
まず さん

「結婚前に3カ月なり半年なり、お互いにお互いの国に行き来してお試しで生活してみたらどうでしょう?・・・
 3カ月で30年後の生活まで予想はできませんが、旅行で1週間来るのとは違った発見があると思います」

おっしゃる通りですね。ご助言、ありがとうございます!

現在の業務の都合、また立場上、「休職」はできない状況ではあります。
そのため、長期職場を不在にする(たとえば2週間以上)ことは、結果的に、「退職」を意味します。

ただ、ご助言を頂いたおかげで、
どちらの国に住むか、あまりに気構え過ぎてしまっている自分に気づきました。

「合わなかったら、もう一方の国に住んでみよう」〜という、気軽な気持ち。大切ですね。
もうすこし、頭をやわらかくして考えてみよう!、リラックスしようと思えました。
いつの間にか悩み過ぎて、頭がガチゴチになってしまっていたようです。。。

また、第3国で住むことについて、将来の旦那と話し合ったことがあります。
可能性としてなくはないのですが、何か非常事態が起きた時、
お互いが「外国人」という立場になってしまうと、身の安全を確保してもらえるかどうかという点で不安があるため、現時点ではスペインか日本のどちらかに住むことになりそうです。

ありがとうございました!
とりあえず、凝り固まった頭をほぐしながら(苦笑)、前向きにいろいろ試していこうと思えました。

通りすがりのおっさん 2016/05/09(月) 05:09:58
全然、参考にならない意見かもしれませんが一応ね。
迷ったとき!
 1.やらずに留まって失敗する
 2.やって失敗する
そして、
 1.やらずに留まって成功する
 2.やって成功する
をどうとらえるかなのだと思います。
皆さんもおっしゃられていますが、結局、お互いの覚悟ですよね。
覚悟が無い決断は、結局、後悔して良い方向には進まないですよね。
そもそも、結婚ってそういう所ありませんか?
これから一緒に夢の中で生きていくのではなくて、良いことも悪いことも一緒に現実を見て歩んでいくという覚悟を決めてするんですよね。
そうしたら、他人事のように聞こえたら申し訳ないですが、選択が誤って苦境に立たされても、【お互い】がしっかりと覚悟を決めて決めたことなら何とかなるんじゃないですか?
なーんてそんな気がしますよ。

だいたい、いぃぃぃぃぃぃっぱい悩んで苦しんで、振り向いたら大したことなかった・・・ってことですよぉ!

manzana 2016/05/14(土) 03:01:53
通りすがりのおっさん さん

貴重なコメントをありがとうございます!
お礼が遅くなってしまいすみません。

そうですね、なんだか肩の荷がすこしおりました><
たぶん、必要なのは覚悟と、覚悟に至るまでのお互いの「プロセス」なんですよね!

大変励まされました^^
ありがとうございます!


追加発言は締め切られました。
WwwLounge Ver2.16

e-mail address: info@arrobaspain.com
Copyright (c) 2000-2020 @Spain all rights reserved.

@Spainのトップに戻る