ペット(猫)を連れて日本へ帰国




[スペイン探偵局に戻る]
まるこ 2015/05/18(月) 20:03:15
動物を連れて日本へ行かれた方に質問です。
過去の質問が大変参考になり、愛猫の予防接種、チップ埋め込み、血液検査を済ますことができました。ありがとうございます。

血液検査後180日経過後、現地の政府機関に証明書を貰います。
当方バルセロナ在住なのですが、どこに行きなんという書類を貰えば良いのかご存知の方いらっしゃいますか。

初めて飛行機に乗せるので心配です。ペット連れ(機内持ち込み)に優しい航空会社があればそれも教えて頂きたいです。

宜しくお願いします。

ぐでたま 2015/05/18(月) 22:02:35
先日ルフトハンザで日本からドイツ経由で戻った際、猫ちゃん2匹をつれた方をみました(日本からドイツ) それぞれのケージに入っていました. あまり大きな声も出さずいい子でした. 一番後ろから3列の両端が2席シートになっていて、そのうちの一番前が端にスペースが一番ありそちらへ移動されていました(客室乗務員の方が交渉してくれてました) 長旅ですが一緒の方がなんだか安心ではありますよね 快適に過ごせますように

長文です 2015/05/19(火) 15:35:51
マイクロチップ、血液検査が済んで現在180日の待機期間という事ですよね?
もう日本帰国日から40日を切りましたか?検疫所にはNACCS(輸入事前届け出の
電子申請)はしてありますか?このNACCSに登録が済んでいれば、検疫所から
日本で輸入の際に必要な書類の案内が行っていると思いますが、まだだと仮定
して必要な書類を書き出すと、


@輸出国政府機関発行の証明書 (証明書の推奨様式FormA、FormCがあり)
A血清検査結果通知書
B動物の輸入に関する届出受理書

上記3点が必要ですが、まずスペインで公的獣医の裏書きを取るのは@とAです。

そしてスペインを出国する48時間前に最終的な健康診断を受けた後、@とAと
最終の健康診断書を揃えてスペインの公的獣医に裏書きをもらいます。健康
診断書のフォームは獣医が持っています…持っているはずです。私が検疫に
纏わる検査や書類をお願いした獣医は、すでに私の前に日本への検疫準備の
経験があったので何も面倒は無かったのですが、経験の無い獣医はもしかしたら
そんなもん無いとか言うかもしれません。ちなみにConsejo general de colegio
veterinarios de espanaのフォームでタイトルはCertificado veterinario
de saludです。

裏書きつまりエンドースメントは飼い主さんがPIFという公的機関に出向いて
もらいに行きます。

PIFというのはPuestos de Inspeccion Fronterizosの意味で、バルセロナは
空港内にあります。T2から徒歩10分位です。これらの書類に裏書きをもらう時は、
猫は連れていかなくてもいいので、46番の市バスに乗って行くと便利です。
バス停の名前が定かではないのですが、PIFはCLASAというビルの中にあるので
バスに乗る前に運転手にCLASAに行く?って聞いて下さいね。このCLASAは鏡張り
のようなベカベカした窓が目立つビルで、外壁の上の方に大きくCLASAと書いて
あります。バスに乗っていると窓から見えます。

中に入る際にはDNIを提示してビジターカードをもらって中に入ります(領事館
みたいな感じ)。ここは私が行った時は予約制ではありませんでした。また夏の
バケーション時期にもやっているという事でした。行く前に電話して確認する
といいかもです。
http://cexgan.magrama.es/Modulos05/Documentos/ListadoPIFNCHUE.pdf
ここに書類一式を預けて、翌日取りにいきました。

尚、スペイン出国の際に必要な書類は以下のHPで見れます。
http://www.covb.cat/COVB/userfiles/COVB/file/pdf/Tramitacion_pif.pdf
Documenticion necesariaの内容は、上から
-Solicitud de inspeccion これはPIFで記入
-Certificado sanitario ディエゴに最後に書いてもらう健康診断書
-Pasaporte y/o cartilla de vacunaciones Col.legi oficial de veterinaris de Barcelonaの
黄緑色のカルティージャです。あれのワクチンのシールを春ページ
-Aquella documentacion especifica requerida.. FormAとCと血清の証明書

また、ペット連れに優しい航空会社が知りたいとの事ですが、これは会社
よりも客室乗務員の性格によります。なのでトピ主さんが気にしないとなら
ないのは、航空会社によって機内に持ち込めるペットのキャリーバッグ(恐らく
殆どの会社でケージではなくキャリーを勧められると思います)の縦横高さ、
そしてキャリーとペットの総重量が決まっていますので、そこが重要な
ポイントになると思います。例えばAFはペットとキャリーの重量が6kgまで、
AYは8kgまでです。

わからない事があったらまた書き込んでください。Suerte!

長文です 2015/05/19(火) 15:42:24
すみません、上のレスはかつて他の場で回答した物をコピペしたので、
変なところがありました。Certificado sanitarioは街の獣医さんに
書いてもらいます。トピ主さんの場合は血液検査をお願いした病院で
よいかと思います。私のかかりつけだったの獣医の名前を書いて
しまいました(笑)失礼しました。

まるこ 2015/05/19(火) 18:39:12
ぐでたま様
書き込みありがとうございます。ルフトハンザですか、ここ数年乗っていませんが早速規定を見てみます。
心配なので一緒に搭乗するのですが勝手がわからず不安です。
あまりストレスなく過ごしてくれるよう工夫したいと思います。

まるこ 2015/05/19(火) 18:48:43
長文です様

書き込みありがとうございます。大変参考になります。
政府の書類はMinisterio de agricultura, alimentación y medio ambienteの管轄だろう・・・とHP読んでいましたが
輸入はあっても輸出の項目は見つけられずにいました。RIFという所で手続きするんですね。書き込み頂けて助かりました。

輸入事前届け出ですが、まだ日時が確定できず航空券を取れていません。
その為必要事項の便名を記入できません。早く航空会社を決めて申請するつもりです。

待機期間が終わる迄後2ヶ月弱です。
ただ猫を親戚に預けて私は一旦日本に行き、待機期間が明けたら迎えに来ます。
その為今出来ることがあればやりたいと思っています。

担当獣医師、多分同じ方です(笑)
猫専門病院なら経験があるかもと思い、血清検査をお願いし、その時に猫の日本帰国を担当したことがあると言っていました。
書類作成、2日前の健康診断もお願いするつもりです。
健康診断書の形式を教えてくださってありがとうございます。
万一彼がバケーションだったり担当してもらえない場合には凄く助かります。


政府機関の書類(裏書き)
検疫所の資料にもう一度目を通しました。そこにちゃんと証明書の@の推奨形式に「裏書き」をもらうと書いてありました。
焦って質問してしまいお恥ずかしい限りです。。
そこでは読み取れなかったのですが、48時間前に行う健康診断書(輸出前検査書)にも裏書きが必要なのですね。
日本の検疫所が裏書きをもらう前の@のFormA,Cの事前チェックを推奨していますよね。
早めにディエゴにフォームを書いてもらい、日本の検疫所に内容をチェックしてもらい、
48時間前に行う健康診断書(輸出前検査書)とAと共にRIFに持参。次の日裏書きを受け取るという流れがになるでしょうか。


航空会社選びのアドバイスありがとうございます。
ヨーロッパ系航空会社のHPを見ました。キャリーの大きさが決められていて、高さ24cm前後のところが多いですね。
結構低いな・・・と思って躊躇していますが、座席の下に収まるサイズでしょうから、仕方ないでしょうか。。
セキュリティーチェックでキャリーから猫を出さないといけないようですね・・・。
用心の為猫を洗濯ネットに入れるので、上が開く規定内のキャリーを探して早く慣れさせようと思います。

また質問になってしまいますが:
乗り継ぎであり、入国しないので必要ないと思いますが、
途中の経由空港で通過許可など乗り継ぎ用の特別な書類は必要だったでしょうか。

宜しくお願いします。

2015/05/19(火) 23:33:51
別のことが気になりましたが、飛行機はこれから予約なんですね。
昔、聞いた話ですが、機内まで持ち込みができる動物は1飛行機につき、2匹など、数が決められているので早く予約した方が良いそうです。

あと2ヶ月以降とすると、夏休みにかかってくるので、ヨーロッパ内の飛行機でひっかかるかもしれません。

長文です 2015/05/20(水) 15:32:51

>輸入事前届け出ですが、まだ日時が確定できず航空券を取れていません。
>その為必要事項の便名を記入できません。早く航空会社を決めて申請するつもりです。
事前届け出は便名が確定していなくてもできたと思います。この届け出をした
時点で日本の検疫所とのやりとりが発生するので、取り敢えず届け出はしておいても
してもいいかもですね。

>担当獣医師、多分同じ方です(笑)
あ…(笑) でもなら話は早いですね。恐らく彼はバルセロナで一番日本の検疫に
詳しい獣医のはずです。私以外にも何人かお世話になっているようですから。

>書類作成、2日前の健康診断もお願いするつもりです。
この48時間前の健康診断は、実は10日前位からでもOKです(でも必ず検疫局に
お伺いをたてて下さいね)。PIFは月〜金しか開いていないので、例えばスペイン
出国が月曜だったら48時間前は無理ですし。私は日程的には48時間前でも大丈夫
でしたが、なんせ思い通りに事が運ばない国なので、5日位前に行きました。

>48時間前に行う健康診断書(輸出前検査書)にも裏書きが必要なのですね。
>日本の検疫所が裏書きをもらう前の@のFormA,Cの事前チェックを推奨していますよね。
>早めに獣医にフォームを書いてもらい、日本の検疫所に内容をチェックしてもらい、
>48時間前に行う健康診断書(輸出前検査書)とAと共にRIFに持参。次の日裏書きを受け取るという流れがになるでしょうか。
えっと、ちょっと話がややこしいというか前回私も気をつけて書けばよかった
のですが、48時間(建前)前の健康診断書というのは、日本の輸入の際に必要なのは
FormCの3/3であり、スペイン出国の際に必要なのはCertificado veterinario de
saludとなります。このCertificado〜は検疫所には要求されていないので、PIFの
裏書きも不要です。でもPIFでの裏書きをもらいに行く際に、他のFormA/C等と併せて
必要な書類になりますので一緒に持って行きます。流れとしてはトピ主さん仰る通りです。
ただし、検疫所にFormAとCをチェックしてもらうのは48時間前の最終健康診断の後に
なります。何故ならFormCの3/3に獣医が診断内容を記入するのは最終健康診断の時
だからです。

検疫所のレスポンスは本当に早いので、48時間以内に裏書きをもらって、それを事前
チェックしてもらっても、帰国日までに充分に間に合います。でも万が一不備があったら
街の獣医に訂正をもらってそれをPIFに持って行って…とやっていたら間に合わない
可能性もあるので、やはりせめて5日位前に健康診断を受けた方がいいと私は思います。。。

>乗り継ぎであり、入国しないので必要ないと思いますが、
>途中の経由空港で通過許可など乗り継ぎ用の特別な書類は必要だったでしょうか。
何も必要ないですよ〜。私はフィンランド航空でしたが、バルセロナでチェックインの
際に、「こういう名前の体重xsの猫が乗るよ」という内容の書類を作成してくれます。
ヘルシンキでは、係員にこの書類と日本輸入の際の書類を見せましたが、一瞥くれた
程度でした。

尚、猫さんという方が書きこんでいらっしゃりますが、便によってペットは何匹まで
という規定は確かにあります。私も第一希望の日はすでに犬の輸送の予約が入ってた
ので、日程を変更しなくてはなりませんでした。要注意です!

シマネコ 2015/05/20(水) 18:58:26
このトピとても参考になります。ありがとうございます。便乗させて下さい。日系の航空会社の場合、貨物扱いになると聞いたのですが、書類上の手続きはキャビン持ち込みと同じでよいでしょうか。また料金はどのくらいになりますでしょうか。ケージは機内持ち込みのと同じでよいでしょうか。ご存じの方いらっしゃいましたら教えてください。

長文です(今回は短文) 2015/05/21(木) 10:18:33
シマネコさま

機内持ち込みでも貨物扱いでも、スペイン輸出及び日本輸入の際の必要書類は同じです。料金は航空会社によって違うので、直接もしくは旅行代理店経由で確認なさった方がいいと思います。恐らく200ユーロ前後かなとは思いますが。

ケージは機内持ち込みの場合はソフトタイプの物を推奨されると思いますが、貨物室の場合はハードタイプのケージ、つまりクレートでないとならないと思います。これは航空会社のHPにたいてい書いてあると思います。

長文です(今回は短文) 2015/05/21(木) 10:18:34
シマネコさま

機内持ち込みでも貨物扱いでも、スペイン輸出及び日本輸入の際の必要書類は同じです。料金は航空会社によって違うので、直接もしくは旅行代理店経由で確認なさった方がいいと思います。恐らく200ユーロ前後かなとは思いますが。

ケージは機内持ち込みの場合はソフトタイプの物を推奨されると思いますが、貨物室の場合はハードタイプのケージ、つまりクレートでないとならないと思います。これは航空会社のHPにたいてい書いてあると思います。

シマネコ 2015/05/22(金) 00:38:56
便乗質問にまでお答えいただきありがとうございました。参考になりました。

まるこ 2015/05/25(月) 15:29:30
出国前でドタバタしており返信が遅れて申し訳ありません。

猫様
そうなんですね!サイトを見てみたら注意書きがある航空会社もありました。
まだ航空券取れそうにないのですが、気をつけます。教えてくださってありがとうございました。

長文ですさん
親切なご回答ありがとうございます。

>このCertificado〜は検疫所には要求されていないので、PIFの
>裏書きも不要です。でもPIFでの裏書きをもらいに行く際に、他のFormA/C等と併せて
>必要な書類になりますので一緒に持って行きます。

なるほど。
48時間(建前)前の健康診断書( FormCの3/3)とCertificado veterinario de saludは別物、別用途なんですね。
Certificado veterinario de saludに裏書きは必要ないけど、RIFに持参しないといけないのですね。。
私もなにが起こるかわからない国スペインの洗礼を何度か受けているので、
6日前くらいにはCertificado veterinario de saludを作り、その時にFormA,C書いてもらいたいです。
郊外に猫を預けているので、事前健康診断を受けに来て、帰国前にまた市内に連れてきて・・非常に頭が痛い・・・。

乗り継ぎでは特に書類が必要なかったとの事で良かったです。

シマネコさん
お互い頑張りましょう。

まるこ 2015/05/25(月) 15:34:10
長文です様

NACCSにウェブ登録しました。
申請のページでやはり搭載機名を書くようなので、申請はこれからになりそうです。

シマネコ 2015/05/28(木) 20:21:23
まるこさん、NACCSに登録できたのですか?パソコン苦手な私には日本語なのに、ちょっと難しく感じて断念して紙(スキャンしてメール)でやりとりしています。私は届出書をメールで出しました。便名は不明のままで受け取ってくれました。受理書はまだいただけず、便名がきまったら変更届を出すと受理書を送ってくれるということです。NACCSは、とりあえず便名を入れて申請して、後で変更届を出すのでいいか検疫に確認してOKでしたら、少しでも仕事が片付きますよね。

まるこ 2015/06/01(月) 11:56:43
シマネコ様
また返信が遅れてしまいました。すみません。

NACCSから登録完了メールが来たので登録できたようです。
HPの手引きを見ながら、必要項目を押して行ったら出来ました。
そちらはメールでやり取りできているようで良かったです。
お陰様で予定が決まったので、ネコを連れて帰る航空券を近日中に買います。
それから届出書を出そうと思います。

うちは完全室内飼いなので最近は3種混合ワクチンをうっていませんでした。長旅で体調を崩す可能性があるので検疫所は予防接種を進めていました。それで先日獣医に行ったところです。
シマネコさんのネコちゃん、携帯品ではなく預けられるんですよね?
準備はいかがですか?

ーまだ手続きが始まったばかりですので、まだ疑問が出てくると思います。もう少しトピを閉めないでおきますー


追加発言は締め切られました。
WwwLounge Ver2.16

e-mail address: info@arrobaspain.com
Copyright (c) 2000-2020 @Spain all rights reserved.

@Spainのトップに戻る