婚姻届けの翻訳について




[スペイン探偵局に戻る]
メグ 2015/05/06(水) 18:18:43
スペイン人の彼と現在イギリスに住んでおり、再来月スペインで結婚の手続きを行おうと考えております。
先日、スペイン大使館に確認した所、過去2年間の住民票 、戸籍抄本、独身証明書、またその書類にアポスティーユ証明が必要。っとゆう所までは分かったのですが。
スペイン語訳、翻訳証明が必要と書いてあったのですが、上記各3枚ともですか?
大使館からのメールには翻訳証明手数料が1枚4263円と書いてあり、高いと思ってしまい…
サイトなどを見ると、自分で翻訳した方などいるようですが、自分で翻訳し提出しても良いのでしょうか?その場合の証明などは?
それとも、やはりプロの方にお任せした方が間違い無いのでしょうか?
スペイン在住では無いので、間違いたく無いので色々と調べてはいますが、結婚の手続きのシステムが良く分からず混乱しております。

翻訳 2015/05/07(木) 11:46:24
レスが付かないようなので、分かる範囲でお答えできればと思い書きます。
状況は違いますが、私も結婚の際色々書類を用意した覚えがあります。

・過去2年間の住民票
・戸籍抄本
・独身証明書
+各書類のアポスティーユ証明とのことですね。
アポスティーユは翻訳しなかったと思います(うろ覚えですみません、、)。

翻訳証明手数料4,263円/1枚とすると、単純に4,263×3=12,789円ですよね。
自分で翻訳して提出した場合でも、翻訳証明手数料は支払う必要があります。
翻訳証明手数料は、大使館が翻訳してくれるということではなく持ち込んだ書類の翻訳が正しいことを証明するためのものです。
私は、公認翻訳士さんにお願いして準備しました。
上記計算と比較すると、今思えば翻訳士さんにお願いしても大使館に翻訳証明を出してもらってもそこまで大きな金額の差はなかったなと思っているところです。
もちろん、翻訳士さんにもよるかと思うので、何人かの方に見積もりを出してもらってください。
翻訳士さんにお願いすれば、翻訳もしてくれてさらに翻訳が正しいことのスタンプも押してくださるので、個人的には良かったです。大使館で翻訳証明手数料を別途支払う必要はありません。
私がお願いした方は仕事がとてもスピーディーで、連絡を取り始めた1週間後にはもう手元に届きました。

間違いたくない、と書いてらっしゃるので、時間や手間等を考慮しても個人的には翻訳士さんにお願いするのがおすすめです。
連絡先はスペイン外務省のHPから確認できるそうです。

手続きうまくいくといいですね。彼とどうぞお幸せに!

メグ 2015/05/10(日) 16:09:53
[[解決]]
翻訳さん、ありがとうございます。
はい、アポスティーユ証明には翻訳は必要無いと書いてありました。
どちらにしても、手数料は取られるんですね…
時間もあまり無いですし間違えたくないので、私も専門の方にお願いします。

はい、頑張ります。ありがとうございました‼︎


追加発言は締め切られました。
WwwLounge Ver2.16

e-mail address: info@arrobaspain.com
Copyright (c) 2000-2020 @Spain all rights reserved.

@Spainのトップに戻る