ぴったりくる訳が思いつかない日本語




[スペイン探偵局に戻る]
バイラ 2015/03/06(金) 20:55:44
十数年スペインに住んでいますが、いまだに訳の見つからない言葉があります。日本文化的な言葉なのかもしれませんが、日本人の私の頭にはよくよぎる感覚なのでうまく訳せないのがとてももどかしく、みなさんの意見を聞いてみようと思いました。

・調子に乗る
・図々しい
・下品
・最低(な人間、行為)
・無責任

se pasa
codicioso
vulgar
bajo (cabron)
irresponsable

と、当ててはみるのですが、どうもこの気持ちが伝わらないです。

何か表現があれば教えてください。

cara 2015/03/07(土) 00:50:46
私は図々しいは mucha caraを、下品にはno tiene claseも使っています。南米の先生は下品にgroseroを使っていましたが、スペインではどうなんでしょう?

U 2015/03/07(土) 22:47:26
自身を持って言い切れるのはcaraさんとほぼ同様、「図々しい」のQue cara tieneとかmucha caraです。

あるある 2015/03/09(月) 13:00:54
よく使うのにぴったりくる言葉がないことってありますよね。
バイラさんの挙げた例で、既出以外で私が思い浮かぶのはこういう感じです。(結構無理やりですが)

・調子に乗る 同じく Se pasa catorce pueblos など。
・図々しい Caradura, jeta, morro, sinvergüenza, ...
・下品 Mala educación, asqueroso, repugnante, cochino, pobre
・最低(な人間、行為)Fatal, nefasto, desgraciado, penoso, desesperante, patético, subnormal
・無責任 Irresponsable よりは No responsable, 場合によっては imprudente, infantil など。


私がずっと場合は「ズルい」です。不公平という意味ではなくて、「あの人、少しズルいところがある」というときの言葉。
辞書を引くと astuto/ta と有りますが、これだとポジティブな意味になってしまいそうで違和感があります。
内容にもよりますが、仕事関係では Es un zorrillo/lla、友人や家族だと言い過ぎような気がしてしっくりきません。

こちらではよく使う Simpatico や Majo も、日本語だと「感じがいい」?いい人?よく使う割には中途半端な言葉に感じます。

わたしは 2015/03/09(月) 13:48:11
図々しい fresco/a. caradura, tener mucha cara
下品 vulgar, basto/a, ordinario/a
最低(な人間、行為) gentuza(人間の方) 

>あるあるさんの
ズルい listillo/a
これはポジティブな意味のlisto/aを敢えてこの形にして嫌味な感じが込められます。
地方性もあるかもですが、これだと冗談めかして友人、家族間でも使います。

なぞ 2015/03/09(月) 23:06:34
そういえば、困る、ってスペイン語だとどうなんでしょうね?シチュエーションにも寄るかもされませんが、no sé que hacerとかでしょうか?皆さんはどのような言い回しをしますか?

あるある 2015/03/10(火) 09:32:38
Listillo/lla, そうですね。ずる賢いという感じがでますね。
更に Ir de listillo というと更に「本人はそのつもりであるが、なりきれていないちょっと間抜けな感じ」がでるでしょうか。

「困る」は Estar apurado/da, tengo un apuro を私はよく使います。

バイラ 2015/03/11(水) 14:57:11
いろいろなご意見ありがとうございます。
Codiciosoは貪欲でした、勘違いです。際限なくどんどん欲しがる図々しい姑のような人のこと・笑。
図々しいは私も、Caraduraを使っていたんですが、どうも、本人にその気がなく、こちらが思うだけだと、通じないみたいなんです。そんなことないよ、って言われてしまう。
ずるいは私のリストにもありました!私もLisitilloが当てはまると思うのですが、どうも河らしく聞こえる感じが自分にあって、あと、Catetaなんだけど実はLisitillaだったりすると、どうも意味がオカシイみたいなんです。要は、見た目損感じしないのに実はずるいって人、Listilloだと通じない。ListilloはListoから来てるだけあって、バカっぽい人はずるくありえないというか。

困るは、シチュエーションにもよりますが、Me sabe malを私はよく使う気がします。

あと、相談する、って表現しずらくないですか!

便乗させてください。 2015/03/11(水) 18:06:13
「恩着せがましい」
「いいかげんにしろ!」
とは、どういう表現を使えば良いでしょうか?

トピ主さん同様、ネガティブな表現が続きますが、
必要性が多い証拠なのかもしれません。。。笑

BCN 2015/03/11(水) 19:57:36
恩着せがましいとかいいかげんにしろですが、ちょっとニュアンス違うかも、ですが、¿De qué vas tú?とかどうでしょう? これ、私なりの日本語訳は、何様のつもり?ですけど。

cara 2015/03/11(水) 23:42:32
いいかげんにしろ!
私なら、Joder! Basta ya! でしょうか。。。

2015/03/12(木) 10:42:04
asqueroso, repugnante, cochinoは下品というより汚いという意味が含まれてますね

日本語にこだわらない 2015/03/12(木) 12:24:07
スペインに長らく住んで思うのは、日本語にこだわらず、スペインでみんなが使う表現を使う、ということです。日本語で、こう言いたい!と思うことはよくありますが、日本語から訳そうとすると、不自然になることがあります。

こちらに出ている中では、mucha caraや、Basta ya!などよく使う表現もありますが、あまり日常的に使わない表現も入っています。あまり聞かない表現は、使わない、こちらでは言わない、と受け取っています。

例えば、人に対して、下品とか、最低とか、あまり言わないといことは、言うべきではないのかなと思います。私達が思っているより、もっとキツい言い方に聞こえるかもしれません。

ちょっとニュアンスが違う、、という表現もありますが、それがよくこちらで相手を表現する時に使う言葉であるので、ニュアンスが違っても良いのではないかと思います。

例えば私の知り合いのおばさんで、とってもせっかちな人がいるのですが、
スペイン人が口々に、nerviosaだ!と言います。
nerviosaは神経質という意味に取れますが、その人はずぼらなところもあり、おおらかで、がははと笑うような人。神経質という人物ではありません。(せっかちだから若干ゆったりではないのでしょうけど)

私はせっかちを表現するのに、siempre tiene prisaなどの表現で言うのですが、周りのスペイン人もそれに同意し、同じ台詞を言ったりしますが、それでも多くの人たちが、彼女のことをnerviosa だと言うのです。

ということは、せっかち、神経質、という日本語にこだわらずに、
彼女のことはnerviosa な人物なんだな、スペイン人の表現においては、と思うのです。

simpaticoやmajoも、日本語でどう?ということではなく、
ああ、こんな感じの人が、simpaticoなんだな、majoなんだなと、だんだん感じを攫んでいくのが良いと思います。日本語に訳しないで、しゃべっていくようにするのです。

ちなみに 2015/03/12(木) 15:55:09
>私はせっかちを表現するのに、siempre tiene prisaなどの表現で言うのですが、周りのスペイン人もそれに同意し、同じ台詞を言ったりしますが、それでも多くの人たちが、彼女のことをnerviosa だと言うのです。

私や周りのスペイン人たちは"va acelerado/a"とも表現します。

トピ主さんの質問ですがパッと思いつくのは
・調子に乗る demasiado confiado/a(contextoによっては違う意味になりますが)
・図々しい tiene cara, caradura, tiene jeta
・下品 no tiene clase
・最低な人間 escoria social (社会のクズ、きつすぎるかも?)
・無責任 irresponsable
とかですかね、色々候補はあると思いますが。
調子に乗るが一番思いつきにくいですね。
se pasa ですが"te has pasado"などはほとんど「そこまでしてくれてありがとう」の意味にもなりますし。


追加発言は締め切られました。
WwwLounge Ver2.16

e-mail address: info@arrobaspain.com
Copyright (c) 2000-2020 @Spain all rights reserved.

@Spainのトップに戻る