不安....です




[スペイン探偵局に戻る]
Yum 2015/02/28(土) 18:01:12
生活費、給料のトピはいくつか拝見しました。
私は今マドリードに観光ビザで来て彼と一緒に暮らしています。今の家は彼のボーナスで3ヶ月分コステルを借りてくれたので、お互いをより知るため一緒に住むことになりました。もうすぐ、90日が来るので、日本に一度帰り、学生ビザで再度スペインに来る予定です。その際婚約に必要な書類を持ってきて結婚する話がでています。スペインに来て、スペインの生活をみ、何故かただ私の気持ちがすごく不安です。私は今は学校に行っていないので、ほとんど家にいて、私の友達はいません。彼との会話は英語です。今後学生ビザで来た場合は私は働くことができません。学費、生活費の支出。これは貯金で何とかなります。彼の給料は1200ユーロほどです。将来的には私も仕事をしたいと思っていますが、私はもうすぐ31歳になるので、子どもができたら働くこともできないので、彼の給料1200ユーロでやっていけるのか凄く不安です。彼の事は大好きですが、生活が苦しいのを分かってて将来を想像ができません。恐らく今まで日本で働いてきて、好きに生活してきたので余計にそう感じるのかもしれません。もちろん家庭を持つと抑えないといけないことはたくさんあるのでそれは理解しています。こちらに来て2ヶ月、彼と暮らしてから、自炊を毎日しお金を使うことが本当に少なくなりました。1ユーロ以下の金額でさえ買い物の際見る彼の姿をみ、節約家とみれたらいいのですが、たまに貧乏になったような寂しい気持ちになるときがあります。持ち屋はありません。学生ビザを作りこちらに来た場合は家具等全て集めていかなければなりません。好きだけで踏みきれない自分がいます。何が聞きたいのか、どうしたいのかさえもわかりません。話す相手がおらずトピさせてもらいました。すみません。

さくらさく 2015/02/28(土) 18:47:20
Yumさん
そんなに焦って「結婚」に持っていく必要ないと思います。私だったら、まずは一定期間学生としてスペインに来て、彼と同棲した上で、結婚のことを考えると思います。

不安なら 2015/02/28(土) 18:48:01
これからどうなるか解らないから不安なのでしょう。最悪の場合にどうなるかが解った上で判断するのがいいかと思います。
離婚のトピも見た方がいいような気がします。

お金は大事だよー 2015/02/28(土) 18:50:33
うーん、、、。
マドリードでお給料1200ユーロではちょっと厳しいのでは?
ちなみに私がスペインに来た時は夫は無職、私は日本で300万近く貯めて来て、来てすぐに運よく夫がマドリードでお給料1800ユーロのお仕事に就けたので、なんとか暮らしていけましたが、トピ主さんが将来働くようになっていずれお子さんが出来て産休もしくは専業主夫になる事を考えてもこのままマドリードで1200ユーロのお仕事のまま暮らしていけるかですよね。

彼氏さんとは良く話し合ったほうが良いと思います。 もっと良いお給料の仕事に就くためにスキルアップするつもりや転職するつもり満々なら良いですけど、これで一杯一杯だときっと後悔する事になると思います。
ちなみにお二人で日本で暮らす選択肢はないのですか?

お金は大事だよー 2015/02/28(土) 18:51:33
失礼しました
専業主夫→専業主婦の間違いです。

愛とお金 2015/02/28(土) 19:26:58
愛をお金で買うことはできないんですが、
お金がないと長続きしないのも愛です。

マドリッドで収入が1200ユーロ、私は田舎に住んでいますが、かつて地方都市に住んでいたので、1200ユーロの収入ってかなりきついかな、しかもマドリッド、とは思います。

って私も子供が二人いて、ど田舎ですが持ち家があって持ち家のメンテ、光熱費、学用品、子供用の服、地方税、ケータイ代、ネット代、重量税、自動車保険代、生命保険代、食費、などなんだかんだで1200ユーロなんてあっという間に消えていきます。はじめのうちは愛があればお金なんてって思うかもしれないけど、お金はすごく大事です。子供がいれば生命保険もかけるでしょうし、子供つれて日本に里帰りなんて、飛行機代だけで貯金吹っ飛びます。

よく話し合えればいいんですけど、たとえて言うならトピ主さんはハネムーン期間なんですよね、今たぶん。今まだ結論すぐに出さなくても、日本に帰って一回物理的に距離を置いてから考え始めても遅くないと思います。

何に対してあせっているのか、何がしたいのか、彼と一緒になるメリット、自分が日本を出国するデメリットを実際に紙に書いてみるといいですよ。少し落ち着きます。話し合うときもその紙を持ってると、感情的にならずにすみます。

万事順調に行きますように!

Yum 2015/02/28(土) 19:48:14
皆さんこんな悩みを聞いて頂きありがとうございます。
私が少し焦っているのは正直子どものことです...30を越えこれから結婚、出産となっていくわけですが、苦しい生活になりそうなのも分かってますし、彼はもともと凄く慎重派タイプです。2ヶ月一緒に暮らしてきて、彼も結婚を意識するようになり、私もそれを望んでいましたが、正直不安があり、給料は不安です。
同時期に友達がオーストラリアに留学にいき、学校行きながらもバイトをし正直もうけています。人と比べるわけではないのですが、学生ビザは働けないので出費のみ...
彼の給料は今の仕事を続けるなら難しいでしょう。すごく好きですが、すごく不安です。
彼のお父さんはけっこう稼がれていたらしいですが、いろいろあって今は平になっているため、彼は実家暮らしの際には家にお金を入れてました。今一緒にコステルで暮らしてますが、家にお金を入れています......
将来お金と仕事が見つかるかが不安という話をしていたため、結婚したら学校にも行けるし働くチャンスもあり滞在もできると彼が考え結婚を早めにしようとしてくれてるみたいです。しかし私の不安が解消されないため、彼に良い返事ができませんでした。正直悩みます...

焦らず怠らず 2015/02/28(土) 21:18:29
マドリードでは1200ユーロでは生活費を払い、奥さんと子どもを養うのは、正直不可能です。それは節約生活ではなく貧困生活です。

読んだ限りでは主さまも彼氏様も半人前なのではないでしょうか。主様はスペイン語を必死に勉強して、学生ビザがとれたらアルバイトの許可を申請して、いずれは正社員に採用してもらえるようなコンタクトをつくり、家計貢献の目処を立てる。彼氏様は(主様と年齢が近いと想定します)将来性のある仕事に転職してせめて月1500〜2000ユーロに上げる。結婚はそれからでも遅くないと思いますよ。

私も主様と年が近いです。マドリードで一人暮らしですが、家賃、生活費、食費、被服、習い事、ガソリン、交際費などの出費で、毎月1500ユーロ以上飛んでいきます。贅沢はしてません。今は仕事でやりたいことがあるので、子どもは35〜36歳くらいになったら考えます。日本では30越えると子どものことを考えますが、スペインでは、少なくとも私の回りの友人(日本人スペイン人両方) は自分の仕事である程度納得いく段階まで到達してから35〜40歳で出産しています。

焦らずにまずはスペインで彼氏様と協力してうまくやって行けるかを見極め、しばらくはそれぞれが努力する期間として捉えるのも良いと思います。言葉が出来て夫婦で正社員で仕事をしていてもうまくいかないこともあります。言葉ができず仕事がない外国人にスペインで子どもができて、うまくいかなくなった時に、また離婚して共同親権になったときに、スペインでどう生き抜くかを考えると自然に今何をするべきか見えてくるでしょう。頑張ってくださいね。

一つの考えとして・・・ 2015/02/28(土) 21:44:37
スペインは日本のように簡単に結婚・離婚が出来ないので、ぜひ慎重に検討されることをお勧めします。残念ですが、大好きなだけでは生活はしていけませんので…。
出産年齢で焦る気持ちもわかりますが、異国スペインで経済的不安を抱えて子供が生まれてご主人が豹変し…と云う状況に知人がなり、逃げたくても逃げれないと相談されたことがあります。もちろん、稀なケースだと思ったら、過去の掲示板で似た様な方もいらっしゃいました。「子供・離婚関係の問題」系のトピックも覚悟を準備する意味で見たほうがいいかもしれません。

私はお試し期間を一年設けて、ビザなしで3か月ごとに日本に帰り、日本でせっせと稼いでました。(笑)まずは双方で生活費を出しあうのではなく、まずは彼に全額養ってもらう意識を作るべきかと思います。私はその時の彼の態度で結婚を決めました。
一年後に細かい不安を払拭できたのでスペインで結婚し、数年間語学学校に通ってますが、私自身こちらで働くまでにはまだまだの語学力ですし何より仕事が無いので、専業主婦させてもらっています。
…あくまで参考としての一例ですが。自分自身の幸せをしっかり選択できることをお祈り申し上げております。

Yum 2015/02/28(土) 21:51:15
さくらさくさん、不安ならさん、お金は大事だよーさん、
愛とお金さん、そして焦らず怠らずさん....
みなさん本当にありがとうございます。正直親にも相談できず、友達にも相談できず、彼にお金のことを話すこともできず....
正直凄く悩んでいました。結婚についてすぐに返事できなかったわたしに、彼はわたしが本気で好きだと思ってないのではと不安にさしてしまったり....
もう少し悩むことにします.....
やはり現実は厳しいものですね.....

Yum 2015/02/28(土) 21:57:48
一つの考えはさん....
そうですねホントに....
こちらに来る前は、彼は生活的なものは食べさせて行けると聞いていました。実際にこちらにき、知人の話を聞いたり、彼の給料明細をみて想像以上の現実に少し驚き...
家賃、食費、そこに歯医者などがくると給料終わりという現実をしり、不安が募る一方で.....
みなさんの意見を参考に再度悩んでみます。
本当にありがとうございます!!!

老婆心ながら 2015/03/01(日) 14:16:17
出産は早いに越したことはないですが、リミットまではまだ時間があります。
妊娠をどうか焦らないでください。

もうご存知かもしれませんけれど…最近日本もついに批准したハーグ条約。
ご存知ないならぜひ調べてください。

経済的な安定は結婚生活の基盤になります。
これが維持されないと、どんなに愛があっても難しいです。
焦って妊娠出産し、結婚や愛情生活が破綻した後でも、
トピ主さんは子供を連れて日本に帰れない可能性は大です。
そして、親権の問題で、トピ主さんは離婚後も、
スペインに残らなければならない可能性もあります。

この人で大丈夫、ここで生活できるという自信がつくまでは、
子供を持つ事を急がないでください。

私も同じ状況です 2015/03/01(日) 16:26:23
今の私も似た様な状況です。
スペイン人の彼と現在イギリスに住んでおり、彼は仕事、私は学生で学校に通っています。2年間の遠距離恋愛後、去年の末に一緒に暮らし始めました。私は海外で彼と生活をする話をしていたので、計画的に貯金をしており現在はやっていけてますが、ポンドが188円になり正直厳しい状況です。私もyumさんと同じで、仕事が出来ない学生ビザなので。
30歳過ぎると、外野も何だかんだ言ってきて色々な焦りも出てくるとは思いますが。(私の場合そうだったので…)

皆さんが言っているように、結婚はもう少し様子をみてからでも遅くないと思います。好きなだけでは生活していけませんし、お金が心配だから働きたいと思っても、スペイン語の話せない人を雇ってくれる所があるのでしょうか?先ずは学生ビザで語学学校に通いながら、生活を共しにても良いのではないでしょうか。

彼以外話す人が居なく友達が居ない状況、大変ですよね。
自分を追い詰めてしまう事もあるかと思いますが、焦らず決めていった方が良いと思います。
yumさんの幸せを願っています。

ケイティ 2015/03/01(日) 17:26:24
何だか私の十数年前にそっくりな状況なので、思わずコメントしました。
結局は結婚したものの離婚。スペイン語がはなせなかったこともあり、離婚する際にはかなり不利な立場になったり、さんざん心配かけた日本の両親の元には帰りづらかったりと、いろいろ思い出します。

その後、また再婚し今が人生の本番って感じてす。私は30半ばで出産してます。こちらではあまり出産年齢は気にしてないです。本人以外は。
上の方々もおっしゃる通り、生活の基盤、余裕が出来てからでも遅くないと思います。

私は結婚に失敗したものの、まだ若かったのでやり直しがききましたが、ある程度の年齢に達してからの離婚は精神的体力的にキツいですよ。

Yum 2015/03/01(日) 20:29:20
老婆心ながらさん、私も同じ状況ですさん、ケイティさん...コメントありがとうございます。ハーグ条約については知らないので早急に調べます。
皆さんのコメントを見て昨日彼と話をしました。
彼の意思としては、学生ビザの間はアパート代を払ってくへる意思はあるみたいで、もし私が妊娠し働くことができなくなったとして、彼の稼ぎで生活できるのかという話をしました。彼は自分の子どもに関しては自分のお金を費やす気持ちはありますし、家族を養う気はあるみたいなのですが、現実問題金銭的な困難が想像できてない気がします。この話し合いをした際に彼に言われたのは、私は自分のお金を学校、今後の生活等に使うが、自分が働いたお金は家族に使わなければいけないと言われました。男女平等という気持ちが強いスペインではこれが彼の本音なんだと思います。私はオーストラリアのワーキングホリデービザを持っているため、オーストラリアにいって働きながら勉強しようかとも考えています。スペインは彼がいるので来た国。スペイン語はもともと勉強したかった語学ではありませんでしたが、今後こちらで生活していくのであれば必要な言葉。周囲には英語わ話せる人もいるので、スペイン語を勉強しながら英語も勉強できます。彼がいなかったらスペインで住む考えはしなかったでしょう。頭が割れそうなぐらい本気で悩んでます。とりあえず結婚はもう少し考えます。

お金があってもなくても 2015/03/01(日) 22:04:11
Yumさんはスペインが、スペインの生活が好きですか? お金が十分にあってもなくても国が好きでないと彼だけが好きでは後が必ず大変になります。 スペインの気質、スペイン人の気質が好きですか? 
お金について言うと、1200€で2人暮らしは難しいです。 でもどのような生活水準を求めているかによって変わります。 車は要らない、住むエリア、ピソの広さにこだわりがない、食もこだわらない、おしゃれに興味がない、子供の教育に力を入れなくても良い、日本に4年に1度も帰らなくても良い、スペイン語が堪能になっても不況などの理由からスーパーなどで働くことになっても問題ない等。。。だとまた話は変わると思います。 普通に考えると貧乏生活になると思います。2人で貧乏生活をしている分にはまだ良いかと思いますが、子供ができるとかなり厳しいと思います。  

おっしゃられている様に、オーストラリアのワーホリビザをお持ちであればそちらに行って、少し離れて、新しい視野で将来を考えられるのはいかがですか。 たくさん悩まれて納得いく道に進めますように!

Yum 2015/03/01(日) 22:35:00
お金があってもなくてもさん
コメントありがとうございます。私が今住んでいるのはマドリードの空港の近くです。スペインは好きかと聞かれると普通です。正直スペインでの買い物は楽しくないので、おしゃれに関しては今持ってる服で充分だと思ってます。今は学校にもいっていないので、自分の友達という友達もいませんし、毎日ほとんど家でテレビまてるか勉強してるから掃除してるか料理してるかぐらいなので、正直楽しいとは思ってません。お互いをより知る目的でここにきたので...ただ、その中でみえてきたスペイン...正直不安です。
車に関しては彼は仕事に行くのに必要ですが、私は車は特に必要性を感じていません。買い物も大きなリュックサック背負っていけば問題ないので。仕事に関してはお金がもらえるなら何でもしたいと思っていますが、日本で正社員として働いてきた分、正直苦しい生活を選びたくないと言うのも本音です。彼のことが嫌いになれればいいのですが、すごく好きなので胸がいたいです。

焦っちゃダメ 2015/03/02(月) 01:42:44
30歳前後、特に30歳になりはじめは年齢的に急に結婚や出産がリアルな差し迫った問題と感じ、早急に結果を出さなければとなりがちですが、焦っちゃダメです。

私は日本在住で、スペイン人ではありませんでしたがスペイン語圏の相手と国際離婚経験者です。
私の経験、そして周囲の国際結婚のカップルをそばで見ていての話になりますが、
もちろんそのカップルで色々な相違はありますが、国際結婚する場合は、自分が一人でもその国に住み続けられるという自信がなければうまくいかないと思います。
そういう意味では、「スペインで生活できるように結婚という手段を取る」というのは本末転倒だと思います。
「私はこの国で一人でも生活できる、その上で、将来を考えて彼との結婚を選択する」
でなければ、結婚後一番苦しむのはトピ主さんだと思います。

結婚は生活で、継続的なもので、「今じゃないと」と刹那的に決定していいものではありません。
もちろん、条件が揃っていての「今でしょ!」はありえますが、トピ主さんの場合そうではありませんよね?
トピ主さんが彼が大好きで、一緒に居たい、離れられいという気持ちはよくわかります。
しかし、結婚のあとの生活がうまくいくには、ずっと彼と居るためには、たとえ数年かかってもお互い大丈夫だと確信できる準備が必要だと思います。
その数年間も待てないのに、そのあとの数十年を耐えられるでしょうか?

色々な経験をして、男女について私がいつも思うのは
「続くカップルは続く、生まれる子供は生まれる」
です。
これから先をしっかり見据えて、どうぞ自分で幸せな人生を歩んでください。

自分で生きていけるように 2015/03/02(月) 11:07:45
彼に経済的に頼ると考えるから、ストレスがたまるのではありませんか?
お金がないのは本当にストレスなので、お金がなくてもなんとかやっていけるはという性格ではなく、お金が心配ならば、できるだけ今のうちに貯金をし、スペインへ来てからも働ける能力や語学力を身につけて、自分もしっかり働くつもりで来た方が良いですよ。

結婚しても離婚しないとは限りませんし、彼も失業したり、病気になったり、何かないとは限りません。

こちらでは子どもは3歳から保育園に通わせるのも一般的です。出産・子育てでしばらく働けないと考えるのではなく、子どもを保育園に通わせて、さっさと働き始めるひともいます。

在宅で働く人もいます。

彼に頼る考えを捨て、自分自身も働く計画を建ててイメージし、そのために準備をしっかりすることをお勧めします。

Neto 2015/03/02(月) 12:12:14
結婚は焦らないほうがいいと思います。私はスペインが好きで来て、5年くらい付き合った相手と同棲して結婚しましたが、結婚をOKするのは1年くらい待ってもらいました。
経済的不安と外国で暮らす自分の覚悟に自信がなかったからです。
その1年の間に何度も将来設計を話し合い、彼も仕事を変えてスキルアップしてくれ、私も働いたり、義理の両親との仲を深めたりしました。
将来設計が近く、生活水準で求めるものも近いと再確認出来たので、大事な時間でした。勿論将来設計はどんどん変わっていくのですが、その都度腹を割って話し合える関係になりました(と私は思っている)。

どうしても彼と居たいなら学生ビザで1年来て、滞在期間後半に結婚の書類を準備しても良いのでは?
トピ主さんがスペインが嫌になった時に彼がどうしてくれるか、
「辛いんだね、僕のためにごめん。日本人の友達と遊びに行っておいでよ、日本食食べておいでよ」とあなたの辛い気持ちを否定せず大事にしてくれるかなど重要ですよ。「君が好きで来たんだろ?がんばれよ」と突っぱねるタイプの人も居るようですから。
万一本当にスペインが合わない場合、別の国で仕事を探せるか、彼は日本に来てくれるかなど、話し合ったり、彼の態度を感じてみたりしたらいいと思います。
それから自分は彼を支えたいか、彼のために頑張れる自信があるか。経済を2人で良くして行こうという気持ちがあるか。
そういう小さいことの積み重ねが「この人だ」と確信になっていくと思います。それからでも遅くはないと思いますよ。

オージー大好きに 2015/03/02(月) 13:40:45
年齢が近いのとオージー好きというところが同じだったので親近感を持ち書き込んでみます。私はいっこ上です。ワーホリではないもののオーストラリアに行ったことがあります。ずっと若いころはオーストラリアにワーホリ行くのが夢でした。結局その後スペインに惚れ込んだせいでワーホリのないスペインへ学生ビザで来ることになってしまいましたが(苦笑)

本題ですが、私は同じくマドリード出身の彼とちょうど結婚する段階ですが、ここまで来るのに出会ってから7、8年経っています。友達からスタートして、付き合い始めて5年近くです。付き合い始め当初はそれこそ不安でいっぱいでした。その頃結婚願望はなかったのでそんなことは考えていませんでしたが、自分が滞在可能期限付きの身分であったので将来に対する漠然とした不安です。それ以外にも、義家族関係とか、単に相手に対することだったり、恋人同士ならだれにでもあるような不安がありました。

全てを乗り越えて結婚する流れになった今言えることは、不安があるうちは人生が大きく左右される決断はしない方がいいということです。結婚にしても出産にしても、不安を消し去った上で納得して選択した方がいいと思います。幸い私のパートナーは人間的に正しく、非常に魅力的な人なので、もし悪者だったら・・・騙されたら・・・裏切られたら・・・とか、そういう不安を持ったことは一度もありません。でも、経済的なこととか、子供の有無とか、生活・人生の基盤に関する事ですれ違うと苦しくなるだろうと思っていたので、その辺自分で納得しておかないと、将来悪い予感が的中した時に(例えばお金が足りないだとか)、だからあの時こう思ったのに・・・だからああしておけばよかったのに・・・(相手が協力してくれなかった)と不満になって苦しくなると思ったのです。

1200€(手取り額でしょうか?)については、確かに少ない額ですし、特に日本と比べると余計不安が募りますが、実際不可能ではないと思います。私のパートナーがまさに手取りその額です。私は結局マドリードで数年学生していましたが、600€の小さいピソに住んで、光熱費プラス食費で毎月1000€もかかりませんでした(ちなみにこの出費は私自身のお金です)。私のアルバイト代が不規則でしたがだいたい600€前後(多くて800€)だったので家賃で消えましたが、服などほとんど買わないし、買ってもプチプラ店が多いので安いし、もし結婚して二人で2000€ほどになれば何とかできると目途がつけられたというのもあります。当時あれでも毎年二人で数泊〜一週間の小旅行に行っていましたし、私は毎年一人で里帰りもしていました。勿論車を買うとか、日本のように季節ごとに新作が出る家電が欲しいとか、そういう夢があっては厳しいでしょうが(子供の習い事代などもずっとかかるでしょう)、私はそうではないので、自分がそこまで苦労せずに「普通に」生きていける額だと思っています。家賃も賃貸だからこうなりますが、同じような家を購入するとなると月々の支払額は半額くらいになるので、乗り越えられそうだと思いました。だいたい、一ヶ月600€とか800€とかの給料しか出さない契約(しかも半年とか1年で切れたりする)ばかりのスペインで毎月コンスタントに1000€以上稼いでいる彼なら、咎めて転職を促すより、有り難く思うべきだと思います。私がトピ主さんで仮にスペイン移住を決心したとしたら、彼を転職させる方法より、自分が稼げる方法を探して努力すると思います。後は不要な出費をしなくてもいいように辻褄を合わせる事でしょうか。例えば車がいらないと言っていても、家は広い方がいい→お金がないので郊外へ→車なしで大丈夫だと思ったが、子供が生まれたor足が不自由になった等で結局車が必要になった、など。勿論人生何が起こるかわからないので、何か起こった時に臨機応変に対応するのは大切ですが、無駄に計画が変わって出費が増えて困る、という風にはならないように努力する必要があると思っています。お一人で2000€3000€(更にもっと上)と稼いでいるような方々からはびっくりされるかもしれませんが私は彼の収入と、自分の収入見込みで二人でやっていけると思ったので夜も眠れないような大きさの不安はありません。

最後に、不安云々の前に、一番大切なのはスペインという国・社会・文化・生活様式を受け入れられるかどうか、だと思います。私はスペイン好き好きでやってきました。そこでパートナーも見つかったこともあり、基本的には大満足の生活を送っているわけですが、それでも隣の芝生は青いで、何か嫌なことがあったり、特に嫌なことはなくても気分がブルーで現実の何もかもが嫌に見えるときには、ついついオーストラリア(や友人のいる他の国々)と比べたりしてしまいます。あースペインなんかじゃなくて、あのままオーストラリアに行っていればまた違っただろうな、ホーワリビザだから語学学校に払った大金も払わなくてよかったし、仕事もある(スペインは本当に深刻です)から毎月の収入ももう少しあっただろうな、土地も広いから家ももっと大きいところに住めただろうな、等々・・・。オーストラリアの知人を思い出したり、本当に意味のない比較(しかもありえない『もし』だらけの仮定の話ばかり)をしちゃうんです。スペイン大好きでもこのありさまなので、もし半ば強制的に移住となれば、それこそ自分の心のコントロールが大変になるはずです。

スペインは他の方もおっしゃるように、高齢出産が当たり前なので、30そこそこでそこまで焦らなくてもいいと思います。とはいえ、もちろん自分が不妊体質かもしれないし、相手がそうかもしれないし、終わって見る間で誰にも分からない事なので本人の気の持ち用になるとは思いますが・・・。道を歩いていると、どう見ても40近いカップルばかりが目につきます、ベビーカーを押しているのは(私達から見るとスペイン人は老けて見えるので本当はもっと若いのかもしれませんが・・・)30を超えて、私も出産が気になってきたのは事実です。でもこれまでも焦らずに来たように、今後も焦るつもりはありません。32で結婚しても、すぐ子作りに専念するつもりもありません。元々結婚して少なくとも1年くらいは二人でのんびりしたいと思っていたし、だいたい自分の生活(手続きでも引越しでも仕事でも)を軌道に乗せるまで子供なんて責任持てないと思うからです。一応35歳は一つの目安にと考えていますが、だからといって仮に今年35歳になるとしても、あまり変わらず焦ることもないだろうと思います。いろいろなことを混ぜて考えない方がいいと思うんです。出産したいから結婚、若しくはその逆というように。どちらも独立した別問題として切り離して考えるべきだと思っています。

長々と失礼しました。

勢いも必要 2015/03/02(月) 22:06:07
慎重派の意見が多いのですが、十分トピ主さんは慎重に考えておられると思うので、違った意見もと思って書き込みます。

確かに結婚後の生活を考えて、一つ一つ完璧に準備出来たらいいのですが、どんなに条件がそろっていても不安になるものだと思うし、えいやっと次の世界に飛び込む勢いも必要なのではと思います。

将来の旦那さんのお給料が増えるまで、もしくはトピ主さんが働いて一定額稼げるようになるまで、住む家が見つかって収支の面での心配がなくなるまで。。。。などなど、待ちきれますか。結婚してからどんな苦労があっても二人で乗り越えていけるという確信が持てたら、今感じている不安はなくなるのではないかと思います。

今思っていることを素直に彼氏さんに話してみるのが一番ではないでしょうか。価値観の違いなども話しをすることで見えてくると思います。

結婚は急ぐ必要はないけれど、結婚に向けて前向きに考えて準備していけるといいですね。

あと、時間がありすぎるのも悩んでしまう原因です。特に日本でしっかり仕事をしていたなら尚更です。といってもなかなか節約生活の中ではお金を使わずに楽しめることって少ないんですけどね。。。スペイン語の上達のため、と思って、街に出て自分の足で歩いてみるのもいいのでは、と思います。

頑張って下さい!

ぺー 2015/03/02(月) 23:33:54
>日本に一度帰り、学生ビザで再度スペインに来る予定です。
最近のカップルは(スペイン人と日本人)あえて学生ビザを取らずにすぐにpareja de hechoしちゃう人が多いみたいですよ。
そこから公立の語学学校に通えば(応募人数が多くて抽選になる可能性が高いですが)かなりお金が節約できますね。
もちろん、公立と私立の語学学校は別物と考えたほうがいいですが。

dolphine 2015/03/06(金) 15:38:16
私は3年の遠距離の上、結婚を決めたものです。

私も彼のこと大好きで仕方なくて、いつか一緒になれることを夢見てがんばってきました。正直1200ユーロでの2人の生活はきついです。
私も同じくまずは3カ月観光ビザではいってみました。

そこで自分一人で買い物ができるかとか自分の語学力試してみました。
やっぱり語学力の低さにさすがに、彼に頼ってられず独学で勉強しました。

結婚は他の方がいうように日本とは違って簡単には離婚できません。ましてや30だから子供を作らなきゃとかもありません。
何かあった時にはきっと、自分が作りたいっていったじゃんとせめられると思います。

どうか今気になることは彼と相談してください。
本当に好きだったらあなたの悩みも深刻に考えてくれるはずです!


どうかいい道を見つけられますように!!!

プルポ 2015/03/06(金) 16:12:59
yumさんの気持ち凄く分かります。私も出会いは英語圏でのワーキングホリデー中に出会い、日本とスペインで5年の遠距離を経て昨年結婚いたしました。正社員で働いていましたが、遠距離になってからは派遣や契約社員で何とかお金をため、観光ビザで3ヶ月間滞在行ったりきたりの繰り返しでした。

正直旦那も良い稼ぎとはいえませんが、旦那の実家に今のところお世話になっているためなんとか生活ができています。

正直言って結婚してからもお金がないと、心の余裕がないというか、やはりぶつかることが多いですね。自分も稼がないといけない、働くための語学力も低いので自分を責めたりと。私もスペインに何度かきていますが友達がいません、家でずっと一人でいると時々悲しくなりますよね。分かります。

スペインとニュージーランドの間にワーホリ制度があると聞いたことがあります。私の他のヨーロッパ圏の方と結婚した友達は夫婦でニュージーランドにワーホリしに行きましたよ!2人で結婚する前に1年ほど滞在してみるという手もあるかもしれないですね!

楽天家 2015/03/09(月) 05:21:58
このトピを見て私みたいな馬鹿もいるよ〜と
励みになるかわかりませんが思い書き込みさせて頂きます。
私はトピ主様みたいに慎重に考えずについ先日スペインに嫁として
来た者です。
まだ入籍はしてませんが、日程が決まり次第入籍になります。
ちなみにスペイン語は全く話せません。
日本語しか話せません。
旦那さんになる人の給料も1200€ぐらいです。
旦那さんがスペインは日本と違うから〜大丈夫〜
とか言う台詞を鵜呑みにしてやってきました。
へぇ!じゃあ大丈夫か!と思ったのです。
馬鹿だと笑って頂いても平気です。
もちろん友達もいません。
テレビもわからないので、独り言をつぶやいてます。
しかし、ドン底貧困でもこの旦那さんなら面白いかも〜
と楽天的に考え生活していくつもりです。
こんな奴もいますので、トピ主様の心が少しでも安らげばと思います!

私も 2015/03/09(月) 14:35:53
楽天家さんやとぴ主さんよりもさらにさらに馬鹿がいるので書き込みます!

私も今年結婚します。彼の給料は?
無職です。体力面、精神面の点から検討した結果、18歳からやり続けていた職種を思い切って切り捨てて、彼の興味があったまったく新しい分野の勉強をやり終えて仕事を探しているところです。
私は配偶者ビザがもらえるまで働けません。

将来への不安、ありまくりです。うーん、正確にはありましたかな。それでケンカをしたこと何度あったことか。別れようと考えたことか。。
いろいろ考えてつきついた答えは、楽天家さんと一緒で、この人とならずっと笑っていけそうって思えたことです。
大半のみなさんが言っている通り、お金は大事です。今でもそれは思ってます。これはやっぱ日本人気質なのかと思いますが、『安定 保障』がほしいんですよね。
でも、私は考えを変えました。こうなったらどうしよう、この選択が間違ってたらどうしようってのは、その事態が実際に起こったときに考えようと。
起きてもいない先のことを考えて、マイナスなことばっかり口に出してたらこの国やってけません。
甘すぎる、あほか、そういわれるのはわかってます。私自身、今でもたまにいいのか自分これで!ってなりますもん。批判されるのわかってます。だってこんな考え方してるの少数派なの知ってますからね。
でも、いいんです。人は人。自分は自分。それぞれ考え方は違うけど、私は、『今お金なくても、彼に仕事見つかる!私も仕事見つかる!』ってプラスばっかり考えたり、妄想してます笑 そうすると、楽しくなってきましたよ!
なぐさめのつもりはありませんが、楽天家さんと同じで、少しでもとぴ主さんのお力になれればと思いました!

地方都市 2015/03/09(月) 18:27:59
1200ユーロの手取りの人、私の住む地方都市にはたくさんいるような…日本人の専業主婦の方もたくさんいますが(日本人が出来るような仕事が殆どないので)それぐらいの手取りの旦那さんいるのではないかと思います。

でもマドリードだときっと大変でしょうね。ただ、上にも書かれている方がいますが、とりあえずと思って安いけれどマドリード中心部などへアクセスの良い場所に部屋を借り、結婚したらEscuela oficial de idiomasなどで必死にスペイン語を勉強してトピ主さんが仕事を見つければいいのではないでしょうか。

マドリードには他の地方都市に比べれば日本食レストランだってあるし、旅行会社もあるし地方都市在住の私からみれば羨ましいぐらい仕事がありそうですけれど(その代わり何でもやりますって気合がいりますが)

ようはこの人と一緒に苦労をしても大丈夫、でも何かあった時のために絶対に貯金(相手にいう必要はありません、結婚前の資産は自分のものです。)しておくでしょうか。

私は更にこの人は高給取りではないけれど(手取りも1200ユーロ、これにボーナス2ヶ月、そして昼食代が出ます)仕事柄食いっぱぐれない、私も仕事が起動に乗りそう…というのを考えて結婚しました。

でも万が一うまく行かない場合、日本や他国に行く覚悟はあるか、というのも話し合っておかれたほうがいいと思いますよ。我が家は、日本でも、ヨーロッパのどこでも仕事があればいいと思っています。

ダメダメ娘 2015/03/09(月) 21:08:56
皆さん、たくましい!
バイタリティーあるなぁ〜!
と、只々感心してしまいます。
凄いです。

私は、アンダルシアの地方都市に住んでいますが、人並みの生活をして、子供を連れ日本に里帰りをしたりするには2000ユーロ以上の給料がないと専業主婦は無理な気がします。


でも、何はともあれ本人が幸せに暮らせるのが1番ですよね。 

ダメダメ主婦 2015/03/09(月) 21:41:38
独身ならば・・・若ければ・・・子供がいなければ・・・それなら、急激な環境の変化にも何とか自分の努力次第で対応できるかもしれません。
しかし、子供ができると、切り詰めた生活の限界ラインが上がります。
特に子供が小さいうちは、日本人的感覚で妥協できる範囲で子育てしたいと考えてしまいます。
子供が幼稚園、小学校に通いだすと、いくら学費が無料といっても、それ以外に結構、必要経費があります。
専業主婦で2000ユーロは最低ラインだと思いますね、私も。

本音 2015/03/11(水) 11:18:49
あえて、本音です。

ご本人がよければそれでいいのでしょうが、子供ができてもそう言ってられるか…例えば、スペインの学校教育は日本みたく細かくないから、音楽やスポーツはお金がないとできません。
私は、あんまり裕福でない暮らしから、余裕のある暮らしにシフトしてきましたが、お金があって文化的な生活ができると周りも文化的な人が多くなって居心地がいいです。まあ、お金があっても、…な人はいますがね。

地方都市 2015/03/11(水) 15:29:42
誤解のあるような(手取り1200ユーロでもオッケー!)ように読めますね。私が書いたコメント…。

夫の1200ユーロ+私のお給料です。自営業なので赤字の時もあれば一気にどーんと支払いが来る場合もあります。
固定で毎月手取り500ユーロ程度は確保しているので夫婦で1700ユーロ、家賃は500ユーロちょっとです。車も持っていますがそれほど使っていませんので、夫婦二人でお小遣い一人200ユーロ/月でもゆるやかに貯金できています。(私の自営の固定ではない分はほぼ貯金)

これでも割りと外食などは楽しんでいる方なので、まだまだ31歳のトピ主さん、お仕事をこちらで見つけてから子育てでも遅くはないのではないでしょうか。

yum 2015/03/12(木) 09:28:28
皆さん本当にコメントありがとうございます!!!!!
私は今月末3ヵ月の観光ビザを終え日本に帰国する予定です。帰国便のチケットはもちろん購入済みですが、以前彼と航空会社のHPをみていて、今持っているチケットをキャンセルし、こちらに再度来るならこちらから帰国チケット代ぐらいで往復チケットを購入できるので、その決断にも少し焦っていました。どちらを選ぶべきか悩んでる時に、小さなことで喧嘩をしその決断を左右しようともします。学生ビザ期間働けない vs ワーホリビザ働けるってのは同じ期間でも使う金額が大きく変わってくるので本当に悩みます。年って嫌ですね.....
ワーホリを選ぶなら日本に帰国し、すぐにオーストラリアにとぶ予定です。
スペインを選ぶなら学費払って、滞在許可証をもって日本にいき、ビザ申請の段取りを考えるため行動がかわってくるので、これも悩みですね....
皆さんの意見はすごくためになります。本当にありがとうございます!!!

BCN 2015/03/12(木) 19:22:59
一度日本に帰られて、スペインに就学ビザを持って来るなら、在日スペイン大使館での就学ビザ申請の時に、語学学校/コースに既に申し込んだ旨の証明書が必要だったと思いますよ。

yumさんは、既にこちらに3ヶ月間滞在されていますから、観光者としてパスポートだけでスペインに入国できるのは、7月以降になります。今は、観光者としては最初の入国日から180日間の間に90間のみの滞在しか認められていません。

就学ビザの準備とかしていたら、多分、それを取得してこちらにいらっしゃるまでに少なくとも2ヶ月くらいはかかると思いますから、就学ビザを取ってこちらにいらっしゃる場合でも、多分次回は7月頃になるんでしょうね。

ちなみにスペインで、就学許可でも勉強と両立できる程度のパートタイム的な就労は認められています。勿論その為には、こちらで就学許可(カード)を受け取った上で、その就労許可の申請をして、承認を得ることが必要です。

Yum 2015/03/13(金) 21:41:03
BCNさんコメントありがとうございます^^参考にします!!!

Yum 2015/03/13(金) 21:43:56
[[解決]]
皆さんありがとうございました^^


追加発言は締め切られました。
WwwLounge Ver2.16

e-mail address: info@arrobaspain.com
Copyright (c) 2000-2020 @Spain all rights reserved.

@Spainのトップに戻る