扶養控除のような制度ありますか?




[スペイン探偵局に戻る]
バルセロナ移住決定 2015/02/26(木) 06:22:19
はじめまして。
この度、春からカタランの夫と息子(3歳)と家族でバルセロナ郊外の夫の家族親戚が住む町に移住が決まりました。

今は日本で週3日位で働いていますが、健康保険などは夫の扶養でいれてもらっています。
1.私の仕事はインターネットがあればできるので、今の仕事先からスペインに行っても外注として仕事をいただけるかもしれないのですが、日本でいう103万の壁、130万の壁というような扶養内で働ける制度はあるのでしょうか?
2.こちらの掲示板をさかのぼって読んで、アウトノモという制度があるのは知りました。もちろん多い月少ない月あるでしょうが、だいたい年収いくらくらいからアウトノモの資格がもらえるのでしょうか?

ちなみに私はカタルーニャ語・スペイン語ともにできません。
そして、夫は10年以上スペインに住んでいないためよくわからないようですし、今ものすごく仕事が忙しく、私がいろいろ質問攻めするのにややうんざりしているようです。
たぶん、心に余裕ができれば調べてくれるのでしょうが。。。

皆さん、教えてください。よろしくお願いします。

BCN 2015/02/26(木) 15:09:49
ご主人の個人所得税確定申告(というか、ご主人との個人所得税確定申告「共同申告」)で扶養家族として扱われる為には、確か年収が8,000ユーロ未満でなければならないと思います。

バルセロナ移住決定さんは、ご主人がスペイン(カタラン)人なので、Comunitarioと呼ばれるEU国籍の人の家族の居住許可を得られ、スペイン人同様に制限無く就労できるはずです。自営で何かをする為には、特に資格は必要なく、自営業者として社会保険上、また税務上の登録をする事になり、それらに基づいて社会保険料の支払いや、所得源泉税や付加価値税の申告・納税をする事になります。

多分、自営業者の場合、年間所得が8,000ユーロ未満でも、ご主人と個人所得税確定申告「共同申告」できないのではないかと思います。「共同申告」とした場合、配偶者の扶養家族としての控除額は3,400ユーロだった(2013年分)と思います。万が一、「共同申告」できるとしても、個別申告にした方が有利じゃないかと思います。

個人申告の場合、本人控除(必要経費控除の様なもの)が5,151ユーロですから。

りんご 2015/02/26(木) 15:22:18
私は、スペインではいくらまでは大丈夫という、扶養控除は「ない」と聞きました。

BCNさんのおっしゃることを文章でネットで調べられませんか?
本当ならどこかに必ず出ていると思うのですが、見つけられませんでした。

口コミではなく、法律も引き合いに出しているようなページが見てみたいです。
よろしくお願い致します。

りんご 2015/02/26(木) 15:27:54
もともとネグロがはびこっている国なので、いくらまでOKにすると、まったく申告しない人だらけになってしまう(それを利用してごまかしてしまう)。
だから、いくらまでだったらOK ではなく(本当にすべての人がしているとは別として)そのような上限は設けずに、全ての人が申告しなくてはならないという法律を出している、と聞いていました。

実際、昔ですが、スペイン語でいろいろ調べた時には、出てませんでしたら、この話は本当だと思っていました。

IVA は職業によって、もしくは相手が外国だったら払わなくてもいいものもありますが、IPRFはすべての収入について申告の義務があるというのは私が調べた限りです。

本当にやっているかは別にして。

りんご 2015/02/26(木) 15:33:59
少し調べたら、このようなページが出てきました。

http://trabajo.practicopedia.lainformacion.com/autonomos/como-facturar-sin-darte-de-alta-como-autonomo-20067

要約すると、法律上は、すべての人が自営業としてaltaにしなくてはならない。いくら以下なら大丈夫という金額は法律上には、明記されてない。
Es importante saber que la ley sigue sin aludir a ninguna cantidad mínima de sueldo y exige siempre la obligatoriedad de darse de alta

ただし、毎年のsalario minimoの金額以下しか稼いでいない人は、その人でも見つかればmultaが来るが、裁判所にrecurrirできて、大丈夫という判決が下る、ということのようです。

やっぱりminimaは法律上はない、とここでは書いてありますね。

りんご 2015/02/26(木) 15:35:49
>毎年のsalario minimoの金額

>その年のsalario minimoの金額
に訂正します。

りんご 2015/02/26(木) 15:41:23
アウトノモは資格ではなく、自営業です。
仕事の形態で、会社員になり誰かに雇われるか、自分で仕事をするか、ですね。

他のトピでも、自営業になるのに、資金はいくら必要かと出ていましたが、そもそも、自営業とは何かを、日本語でネットでしらべた方が良いと思います。


自営業はその仕事をするには資格が必要な場合もありますが、
自営業(事業主)として申告するのに資格が必要なわけじゃありません。

国が変わっても、だいたいやってることは同じです。
自営業とは、
自営業申請とは、
自営業にかかる費用は、
自営業で落とせる経費は、、。

違っているところもあるでしょうが(扶養控除の話など)、全体の感じは分かりますから、分からない方は、まずは日本語で情報収集をお勧めします。

りんご 2015/02/26(木) 15:45:08
上のリンクに書いてあったことの付け足しです。

salario minimo以下だったら、autonomoで申請しなくてはいけない、という義務は免れる。

、、が、IRPFやIVAは払わなくてはならない、と書いてありますね。
これは義務であり、minimoの金額はありません。

BCN 2015/02/26(木) 17:12:18
りんごさん、ご指摘ありがとうございます。
勘違いしていました。共同申告として扶養家族としての控除を受けられる子息(25歳未満で同居)、両親(65歳以上で同居)の条件でした。配偶者は、勿論共同申告にすると3,400ユーロの控除は受けられますが、その配偶者の所得はご主人の所得に丸々足して申告する事になります。

バルセロナ移住決定 2015/02/26(木) 17:47:20
BCNさん、りんごさん、詳しい説明やリンク、ありがとうございます。夫にもみせて内容教えてもらいます。

なるほど、私のようなスペイン人の配偶者なら登録をしにいけば、働き始めていいのですね?
フルタイムで働くというより、できる合間で仕事したいと思っていたのですが、以前の書き込みで、収入が少ないと税金や健康保険や年金など払ったらあまり手元に残らないようなことを見たので、アウトノモでも扶養控除を期待していたのですが、個人で申告、納めるものは納めるのがいいようですね。

日本語の個人事業者としての基礎知識も勉強しますね。
いろいろ自分でできるか不安ですが会計士さんに頼むのもお金かかりますもんね…。
日本では個人事業開業前でも開業のためにかかった費用も経費として認められるみたいなんですけど、スペインではどうなんですかね?
デスクトップパソコンを日本から送るつもりなんですが、送料とかも経費になったらいいなとか思っています。
一応、仕事に関わる出費は領収書とっておこうと思って。

BCN 2015/02/27(金) 13:45:43
確か企業の場合、設立完了し、税務登録して税務登録番号を取得して以降の費用が控除対象費用となると思いますので、それと同じなら、自営業登録をする前に発生した費用は控除できないと思います。会社の場合なら、現物出資という形も考えられますが、自営業者の場合はどうでしょうか...。
バルセロナ移住決定さん、まずはスペイン語の勉強に力を入れてみてはいかがですか? こちらに住まれるんだし、言葉が多少なりともできれば、生活上の楽しみ方、随分違ってきますよ。それに、こういう情報、自分で調べようと思ったら、やっぱりスペイン語ができないと、税務当局や社会保険当局のサイトで調べようとしても、埒があきませんからね。

バルセロナ移住決定 2015/02/28(土) 11:10:12
[[解決]]
BCNさん、ありがとうございます。参考になりました。

語学頑張ります!きっとこの先の人生はバルセロナかと思いますので、まずはスペイン語!そしてカタルーニャ語!

親切に教えてくださったお二方ありがとうございました。


追加発言は締め切られました。
WwwLounge Ver2.16

e-mail address: info@arrobaspain.com
Copyright (c) 2000-2020 @Spain all rights reserved.

@Spainのトップに戻る