子供と一緒に過ごすお昼の時間




[スペイン探偵局に戻る]
ひるこ 2015/02/02(月) 15:27:56
幼稚園、小学生低学年の子供がいる母親です。
いつも、お昼の時間は子供と一緒に家でご飯を食べています。
その理由は、少しでも私といて日本語に触れる機会があることで
今の子供の日本語力をキープしてもらいたいからです。
実際に、お昼に帰ってこない時があったのですが、その後はなかなか日本語で話をしてくれなくなってしまいました。
しかし、前からずっと学校を変えたく、その学校は遠い為、
お昼ご飯には帰ってこさせられないようです。
なので、気がとめて、なかなか変えられません。
違う学校に通わせたいのに、日本語教育のために都合のいい学校に通わせている。
こんな状況の方、いらっしゃいますでしょうか。

匿美 2015/02/03(火) 12:33:35
うちの子供は幼稚園からずっと現地校で給食でしたが
日本人学校補習校と毎夏日本の学校に体験入学したおかげで
日本語習得にあまり悪影響が出ませんでした。

ひるこさんもお昼時以外に日本語習得の機会を保てる手段が
あれば現地校で給食を食べさせても大丈夫だと思いますよ。

ただ、補習校に通えないとなると通信教育などで
ひるこさんが教えることになりますが、これはかなり大変です。
でも、できないことはないと思いますよ。

これからお子さんが成長するにつれ、
昼ごはんの日常会話だけでは、どうしても語彙が増えない
読解力がつかないなど限界に突き当たると思います。

それゆえ、昼時以外にも日本語をキープできる手段を
ぜひ考えてみてください。

そうすれば学校を転校させても大丈夫ですよ。
がんばってくださいね。

あさこ 2015/02/03(火) 14:18:01
習い事を控えめにして、いただいている日本の教科書を使って自宅で教える時間が毎日1時間でもあれば十分ですよ。
家の子はもう5年生で習い事も多いですが、まあまあついてきています。頑張りましょう!


追加発言は締め切られました。
WwwLounge Ver2.16

e-mail address: info@arrobaspain.com
Copyright (c) 2000-2020 @Spain all rights reserved.

@Spainのトップに戻る