女の子によく声をかけられるのですが




[スペイン探偵局に戻る]
普通のおじさん 2014/12/16(火) 00:01:10
こんにちは、私はバスク地方に住む40代の男性です。

自分はとくに容姿とかカッコいいとは思ってませんし
普段はユニクロの服装で、高そうな貴金属類なんかも身につけておりません。

そんな私なんですが
よく、夜にひとりで道を歩いてると
10代後半〜20歳代くらいの女の子がフッと近づいてきて
「こんばんわ、遠方から来たんだけどお金が無くて
 一晩だけでもいいから泊めてもらえませんか?
あてにしてる友人と連絡がつかなくて困ってるんです」
と言ってくるんです。
彼女はヘトヘトに憔悴しており、放っておくのは可愛そうな様子。
でも知らない人間を家に入れるのも心配だし
もしかしたら美人局的な危険も感じたので
「申し訳ないがウチにはあげてあげられない」と伝え
50ユーロ渡して「これで今晩の宿を探しなさい」と
いつもその場でやりすごしてます。

今年だけで10回は遭遇してます。

こういうのって、スペインの女の子たちは
よくするんでしょうか?
男の子からは声をかけられないあたり、やはり美人局かな?
なんて憶測もできるんですが

もし同様の事があった方、似たような情報をお持ちの方がおられましたらば
いろいろご教授ください。

よろしくお願いいたします。

森のくまさん 2014/12/16(火) 00:34:03
私の考えをご参考まで。
最初の一人目の時は、日本人と見込んでの寝込みを狙った泥棒(寝静まった後金品を盗んで逃げる)、泊めてもらえるなら一晩お相手してもよいわ、という系尻軽女子、あるいは“いいや、泊めてあげるのはムリ”と言われたら、
じゃあ幾らでもいいからお金を貸して欲しい、とたかるのが最初から目的、
あるいは本当に純粋に困っていた人のどれかだと思います。
そして、なんと、50ユーロを見ず知らずの人に贈呈(?!)、なんという太っ腹な方なんでしょう!ほとんど、お釈迦様か仏様レベルの聖人だと思います。
加えて言うならば、2人目以降は、十中八九全部知り合いかグルだと思います。
新手の詐欺の一種でしょうね。
トピ主さんはご自分でもおっしゃっているように、ごく普通のルックスの一般レベルの外見の方だとお見受けします。(私もそうですので。笑)
特別スペイン人女性にもてているのではないと思います。

それは・・・ 2014/12/16(火) 01:04:34
「あの日本人にこう言ったらお金もらえるよ」、とその世代の女の子の中で有名人になっているんだと思います。

普通のおじさん 2014/12/16(火) 02:22:23
ご意見ありがとうございます。

たしかにそうなのかもしれないと思うのですが
「思う」「思った」という推測的ご意見よりも

実際に遭遇されてる方やその経験談を聞いたことのある方からの
ご教授をお願い致します。

友達の彼 2014/12/16(火) 08:30:03
友達の彼(ダンディなおじさん)が、よく夜に1人で歩いていると、突然腕を組まれて女性が近づいてきて、台詞は忘れましたが、いろいろ言われるそうです。
putaだと言ってましたよ。


また私自身、カフェでお茶中、物乞いの人にお金を渡したら、その後、口コミでぞろぞろたくさんの物乞いが途絶えなかったことがあります。
50ユーロなんて若い子には大金。今はネットもありますから、絶対に若い子コミュニティーで、日本人男性を見つけたら、、と話題になっているでしょう。

>こういうのって、スペインの女の子たちは
よくするんでしょうか?

するわけないじゃないですか。

これは 2014/12/16(火) 09:58:56
釣りですか?

釈迦 2014/12/16(火) 22:02:12
私は女性で若くもない年齢ですが、こういう事よくいわれますよ。理由はたいていお財布落としたから、とか友達がなんとかとか色々ですが、結局は物乞いの一種でしょうね。

またか、と思い「手持ちが無い」といい立ち去っていますけど、後ろを振り返ると行く人行く人に同じ台詞で声をかけてますね。

それにしてもこんな事を真に受けて50ユーロまで渡したうえに、ここの掲示板で相談するって、どんな人なんだろうと(嫌味ではないですよ。純粋に思ってます)ビックリしてしまいました。

きっと心の奇麗なひとなんでしょうね。尊敬します。

騙された実体験ではありませんが 2014/12/16(火) 22:06:07
スペイン人の夫も私(女)も、二人で歩いていても一人でもよく、若い女の子・男の子から似た様なことで声をかけられます。私は最初に凄く心配して、せめて警察に一緒にってあげようか?(日本の感覚で)と言ったら、物凄い勢いで走り去られましたね。

先日は「やっと決まった就職の面接が**であるのでそこまで行くバス賃を貸してもらえないか」という20代らしき男性や、「悪い人に騙されてしまってお金がない。今晩寝るところも無い。どうか助けてほしい」と泣きながら言ってきた高校生ぐらいの女の子に夜中の道端(都市部の、繁華街から少し離れた道で)会いました。
…ちなみに、その若い男性が隣の道でビールを飲んでたのも見かけてたり(昼間なのに?と思ったため覚えていた)、その女の子がほかの女の子同士で道端の地べたに座ってタバコを吸っていたのを遠巻きに見たことがあったので(前々日ぐらいに。お行儀悪い子だな、と思ったので覚えていた)相手にせず立ち去りました。

数うちゃ当たるか人のよさそうなのを狙ってダメもとでやってるのかな。今ではすっかり慣れてしまって、「演技」に突っ込む話を夫としています。ちなみに、友人からは「見るからに人がよすぎる感じ」と言われている二人なので、仲間内でいてもなぜか二人にだけ声をかけられます。(苦笑)

とぴ主さん、今後はお気をつけて。

普通の傍観者 2014/12/17(水) 17:40:56
ちょうど先週、住宅街の中でジプシーの方に枕詞なしにお金を恵んでくれと直接的に言われました。目的がはっきりしている分、皆さんが遭遇した方々よりよっぽど潔いですね(笑)

市場が開いている曜日は、物乞いの方が閉店した店の前で小銭を求めていますし、未だにゴミ箱を開けて何かを探す20〜30代のベビーカーを押した移民女性や、カートを押しながら背伸びをしてごみ箱を探るモロッコ人の小学生もみます。

昨年は、普通の身なりをした10代後半の女性が近隣街の駅周辺で、小銭を持ちながら小銭をねだっていたり、町で小学校高学年ぐらいの子等が側溝に小銭を落としたから等と大人に50セントをねだってるのもみました。ちなみにカタルーニャです。

「こういうこと」はよくあると思います。生きる術としてしていることなので施す余裕があるならば、今まで通り施せば良いし、人を騙すことや物乞いという行為に共感出来ないならやめればよいと思います。

友達の彼 2014/12/18(木) 18:44:40
私の友達の彼は、売春婦が声をかけてくると言ってましたが、
他の人の書いてらっしゃるのはいわゆる、寸借詐欺ですね。
日本でもあるそうですし、こちらでもちらほら、あります。

普通の傍観者さんの書いてらっしゃるのは、よくある物乞いやおねだり(子供はクリスマスの時期に多い)なので、他の例とはちょっと違うと思います。

騙された実体験ではありませんが、さんはどちらの地方でしょうか?
すごく回数が多そうでびっくりしてしまいました。

私はバルセロナ市内ですが、物乞いやおねだりはよく見るものの、
若い女の子が泊めてといってくる、なんてのは(普通の人では)聞いたことがありません。
それを1年に10回遭遇するほど、とはとっても多いと思うので、てっきりトピ主さんの行動は若い人たちの間で噂になってるのだと思っていました。

地方によってはもっと普通にやっているんでしょうか?そんな声をかけるのは田舎の子のイメージですが。

バルセロナ市内などの都会の普通の子は、もっと警戒心があって、そんなことを言ったりしないと思うんですが、バルセロナでもあるんでしょうかね?

セビージャでも 2014/12/18(木) 21:34:39
先日、サンタフスタの駅に行って帰ろうとしていたら、スリにあって手持ちのお金がないのだけど、カディスまで電車で帰らなくてはならず切符を買うのに小銭が足りないので貸してもらえないか、必ず返すからと言われました。スリにあったことを証明する紙もあると見せようとして、困ったそぶりはありましたが、演技だろうなと思いつつも4ユーロほどの不足分を出しました。これが本当の話ならいいなと思いつつ。。。 このような手で小銭を稼ぐのが流行ってるんですね。

普通の傍観者 2014/12/18(木) 22:22:08
私はとぴ主の遭遇された女性等を詐欺ではなく物乞いの類いだと認識したので、私の見た方々の行為を含めた、「社会の下層にいる方が労働以外で物や金を得ようとする行為」を「こういうこと」と位置付けました。

友達の彼さんは、彼女等の行為を詐欺、つまり犯罪であり「普通の人」はしないと認識されているのでしょうか。この国では「普通の人」は貴重なぐらい少ないと思います。

ジプシーが訪問販売で服を売り歩くのは「普通」でしょうか。市場でブランド物の在庫や横流し品を安く売る行商は「普通の人」でしょうか。市場で青果を一見の客に数倍の値で売るのは「普通」でしょうか。

日本では普通ではない行為も、こちらでは普通に行なわれていますし、許容すらされています。価格が当初と違うわけでも、力を持って金品を強奪する行為でもないからです。彼らを詐欺と断定することは各々の価値観や倫理観なので否定しませんが、彼らの行為が物乞いを上回るものではない以上、「普通ではない」とするのは、少し可哀想だと感じます。普通という言葉を深い意味で使っていらっしゃらなかったならば、読み飛ばしてください(笑)

普通のおじさん 2014/12/18(木) 23:41:15
いろいろ貴重なご意見ありがとうございます。

今年に入って10回あったうち
お金を渡したら
泣きそうな顔でムチャスグラシアスと言いながら抱きしめられた事が
3回あります。

逆に、
外見からして、いかにも遊んでそうな子に泊めてくれと言われて
「ごめん、なにもしてやれない、手持ちもない」と
突き放したら
翌朝、うちの真ん前にある銀行CDコーナーで寝転がってたのを
見かけた、なんて事もありました。

そんな事実もあるので
今はとても複雑な心境なんです。

まぁそれでも泊めてあげようとかまでは思わないんですが・・・

失礼ですが 2014/12/19(金) 00:37:11
ごめんなさい、失礼を承知で書きます。
どう考えてもカモにされていると思います。
しかもこんな簡単にお金がもらえるよと仲間内で有名な日本人となっている事でしょう。
実際に困っている子もいるかもしれませんが、仲間内でゲーム感覚で遊ばれている可能性もあるかも知れません。
この話が事実なのでしたら、どうにか相手にされなくなる方向に持って行く方が賢明かと。
陰で日本人はお人好しだ、すぐに騙されるしお金もくれるなんてイメージを持たれたら堪りません。
面白がられている可能性も高いと思いますよ。

普通のおじさん 2014/12/19(金) 01:36:50
ご進言ありがとうございます。

以前も書きましたが
「思う」「思った」で書き込まないで下さい。

仰ってる事は私もとっくにイメージしております。

結果から鑑みていきたいので
要するに他の実例が知りたいのです。

普通のおじさん 2014/12/19(金) 01:36:50
ご進言ありがとうございます。

以前も書きましたが
「思う」「思った」で書き込まないで下さい。

仰ってる事は私もとっくにイメージしております。

結果から鑑みていきたいので
要するに他の実例が知りたいのです。

マッサン 2014/12/19(金) 06:30:42

物乞いとか、売春婦、は見たらすぐわかりますよね。
最近は私も完全なる普通のおじさんになりました。

いやー若い頃は(在住約40年)よくスペイン人やドイツ人等外人女性から声をかけられました。
可愛い彫りの深いスペイン人女性から話しかけられると、自分ではスペインで何故こんなにモテるのかと思いました。
有頂天になっていましたよ。(実際は間違っていたと思う)日本ではまずそんな事はなかったです。
その頃まだまだ日本人は少なくて珍しかったからでしょう。
当時知り合った女の子(今はおばさん、おばあさん)で今でも交流のあるひとが何人か居ます。
女房とも交流があります。
フランコ時代抑圧されていましたが、人々は陽気で、広場では大声で何人もが歌い踊り、犯罪もあまりなかったです。
ぼくの友人等は声をかけられるような事はなかったといっていましたが、
スペイン人女性と結婚していますし、昔は日本人に対してかなり好意的でしたね。
で、トピ主の「普通のおじさん」は良い人だと思うんです。

さてここで問題になるのはお金あげることです。よくありませんね。何故ならそういうことで一度うまみを味占めたヤカラは
また日本人をターゲットにしますね。それと彼女ら自身の労働意欲をなくしますね。
安易にお金が入ってきますから。
見知らぬ人にお金がないとか、今晩とめてくれ、これは臭いです。

犯罪に巻き込まれないよう注意して頑張って下さい!

オスティア 2014/12/19(金) 06:33:12
トピ主さんへ、

こんなところで訊かないで、実際に遭遇した時に泊める振りを見せれば?相手がどう出るか一発でわかるでしょうに。

警察署 2014/12/19(金) 10:19:37
ご近所に警察署はないですか?そこの住所を教えてさしあげてはどうでしょうか?

キャロル 2014/12/19(金) 10:55:50
ここ一年で10回も?なんかドキドキしますね。
「慈悲と不信の闘い」に直面されていますね、私もそうです。

「思う、思った」ではなく言わせて頂くと、
50ユーロはいけませんよ。いつも・・・ということは、もう
(500ユーロ?!)なんの対価でも無く、慈悲心だけでこんな
大金を払うのは馬鹿げているし、虚実に関係なく相手の為にもな
りません。

近所のスーパーの側にいつもいる自称モロッコ人と、もう一人
ルーマニア人の女の物乞いがいて、ごくたまにカートから抜いた50センチモ!をあげますが、たったの50センチモであっても、あげる時の自分の感情はと言えば、(慈悲心と厭らしい優越感と
肥った中年の物乞いに対する「何で働かないの?」という不信感、
嫌悪感)こういうものが混ざり合って、とても嫌ーな気持ちに
なっていますね。

周囲のスペイン人や圧倒的に多い外国人達は滅多に与えません。

友達の彼 2014/12/19(金) 13:05:07
トピを見ている人は、実際にトピ主さんがあった場面に居合わせたわけではありません。本当に困っている人なのかそうでないかはトピ主さんでなければ分からないし、トピ主さんだって、最初と今、何度もあっていると自分の持つ印象が変わってくるのではないでしょうか。

結局、他人は推測して思ったことしか書けないわけです。
それを思ったことは書かないでくれ、とは質問者としても無謀な意見じゃないでしょうか。

掲示板で聞くということは、他の人に推測で意見を言われることを覚悟の上でなければならないと思います。

私も50ユーロを見知らぬ人にあげることは良いと思えません。
寸借詐欺の多くが、最初は本当のことで、親切心で思わずお金をもらえたので、というのがあるそうです。一度やれば味をしめてエスカレートします。

友達の彼 2014/12/19(金) 13:13:35
それと実例はもうすでにあがってますよね。

私の友人はスーパーの前で待っている物乞いに、お金は渡しませんが、何が欲しいのと聞いて、あげたりしています。複数の友人がやっています。
ヨーグルトグリエゴとか、チーズとか、サーモンとか言われるそうですが。
サーモンと言われた子は、私だってサーモン買わないのに!と言ってました。

また別の友人は本当に泥棒にあったしまった人を、ペンションまで連れていって、親のカードで支払いができるように手はずを整えた、と言っていました。お金をあげずに親切にする方法はいくらでもあると思います。

お地蔵さん 2014/12/19(金) 20:31:54
バルセロナ在住の者ですが、私の経験的にいきなり現金をせがんでくる人はみんな物乞いの一種だと思います。どんな理由があろうが普通は見ず知らずの人に現金をくれということはないと思います。日本人、スペイン人に関わらず、普通に収入のある人間ならば、現金が何らかの理由でなくなった場合他の方法を探すでしょう。例えば家族や友人に電話をするとか、もし盗まれたのならば警察に行くとか、夜寝る場所がないのならばどこかで夜明かしするとか・・・自分ならそうします。私の経験で「面白いな」と思ったのは某有名ハイパーマーケットの出口付近で車を歩道に乗り上げ、駐車場から出てくる車を呼び止めては「ガソリンがなくなってしまったので1リッター分でいいからお金をくれないか?」といってきたオッサンです。私も信じかけましたが、ちょっとおかしいと思ったので、急いでいたこともあり止らずに走り去りましたが、案の定、そのオッサンは数週間後にまた同じところで同じことをやっていました。ダイレクトにお金を恵んでくれという物乞いと、なんだかんだと理由を考えて金をせがんでくる物乞い・・・私にはどちらも大差はないかと思います。結局はせがまれた本人がお金を渡すのか渡さないのかの問題。金額的に(その人にとって)たいした金額でないのなら、騙されたかもと思いながらも、良いことをしたと思うのが一番かなぁ?と私は思います。

友達の彼 2014/12/20(土) 09:08:22
私の考えでは、寸借詐欺は犯罪の一種になってくる(もしくはエスカレートすれば犯罪になる可能性がある)という意味で、物乞いの一種ではないと思います。

もちろんここに書かれているものは、物乞いに近いぐらいのもので、おっしゃってることはよく分かりますが、物乞いと、寸借詐欺には、実は重要な違いがあると思っています。

トピズレですが、バルセロナの日本人女性で寸借詐欺がエスカレートしすぎて、逮捕された人いましたよね。

友達の彼 2014/12/20(土) 09:11:41
投稿したばっかりですが、ちょっと違ったかなと思って訂正します。
寸借詐欺と物乞いに、大きな違いがあるというのは正しいと思いますが、
皆さんのあってらっしゃるのは、理由を言って(嘘でも)お金をくれと言っているので、寸借詐欺ではなく、やっぱり物乞いですかね。

返す気がないのに、返すから、と伝えるのが寸借詐欺なので、それとは違うかなあと思ったりしました。

普通のおばさん 2014/12/20(土) 15:39:34
私が1人のとき、あるいはスペイン人の連れと一緒のときによく出会うのは、大型スーパーなどにいる物乞いです。
哀れな声を出して単刀直入にお金を乞います。連れはよくわずかな小銭をあげています。たいていはアフリカ系の移民です。
連れが1人のときに出会うのが、ごく普通のみなりをした若いスペイン女性だそうです。
バイクを引きずってガソリンがなくなったからお金頂戴といわれたり、お財布なくしたから助けてとかいわれるそうです。
連れは絶対に渡さないといいます。
見ていると、彼女たちは男性ばかりを狙っているそうです。
連れは、移民の中には本当に食べるのも困っている人がいるから助けるけど、スペイン人の女の子達は遊びでやっているから無視すると言っています。
種類は違いますが、スペイン人の実例と対応です。
泊めてというのはさすがに遭っていないそうですよ。

マッサン 2014/12/20(土) 16:28:47
一つ思い出しました。3,4年前くらいか、バラハス空港あターミナル2に何度か行ったときの事、
顔は可愛いんですが、少し小汚い24-25歳位の女の子が突然、
「Asturiasに行く飛行機がさっき出てしまった。仕方がないのでお金を集めているんです。1ユーロでも良いから頂けないでしょうか?」
仕方がないので1ユーロで良いの?2ユーロでも良いよと。
丁度ポケットに小銭があったので掴んであげたことがありました。
まあAsturiasに行きは臭いなとも思いながらも、少しの足しになればと思い・・ 
      
その事は忘れていました。それから半年以上経って、また空港ターミナル2にまた行ったとき、後ろから同じセリフを言われました。
即思い出しました。まったく同じセリフ。
ただ前にも増して小汚くなっており可愛そうになって何も言わず1ユーロあげました。
娘達を送り迎えしていたので、3週間後また第2ターミナルに行きました。
居ましたよ彼女がね。
色んな人に声をかけていました。近くに来ても僕には声をかけてきませんでした。まったく私のことなんか分からなかったのでしょう。

いつになったら彼女は「Asturias」に帰れるのでしょうかねえ?
いや?ひょっとしたらトイレの花子さんのような、
スペインの都市伝説に出てくる女の子だったのかもしれません。
ひょっとしたら私以外にも見かけた方が居るのではないでしょうか?
ひょっとしたら?妖怪?なのかも?1さんもこの手の妖怪には気をつけて下さい。(予断になりますが、私の超能力は半端ではありませんへへへ・・・ちょっとジョークね)
    
私はこの小汚い彼女のことを「ターミナル2、アストゥリア行きたい、いけないアス子さんと・・・」密かに呼び続けた。そして何時までも私一人の心の
中にしまって置く事にしました。(小汚いアス子さんお風呂入りや〜〜〜Qué asco と言われないようにねっ!!!)

ひょっとしたら今もターミナル2にまだ住み付いているかも知れないよ〜〜〜〜〜〜〜恐わ〜〜〜っ  ティラリーッ、鼻から牛乳〜〜〜
                      
                           これ本当の話よ!!!

結論1のトピ主さんは、やはりそこそこモテて、良い人なんですね。
それと人にお金をあげたいんです。私も施し?困ってる人達には出来る限り協力します。
ただトピ主さんは50ユーロ、私はせいぜい1-2ユーロですね。
皆様、困った人達には少しでも良いからお役に立ちましょう。

原則として 2014/12/21(日) 00:43:02
スペインでは物乞い等に現金をあげるのは『やってはいけないこと』という認識だと思っていました。
現金=なんでも買える=酒、ドラッグも手に入る。
ということなので、施しているつもりが相手のためになっていないと良く聞きました。

トピ主さんのような実例も知っています。
日本にも援助交際や下着を売るJC、JKがいるように、
スペインでもそういうことを平気でする若い女性がいるのです。
そうじゃない子たちはそういう子を軽蔑してますよ。
彼女たちの最終目的は『お金』です。
お金をあげず泊めてしまったら、違う手段で結局はお金を取られることになりますよ。
お気をつけて!

確かに・・・ 2014/12/21(日) 11:11:10
偶然1人、とかなら人助け美談かもしれませんが、何度もだとやっぱり単にカモになっているのではと。そういう女の子のリストに載った、ということは遊興費目的でしょう。西洋人に押しの弱い、アジアのおじさんはお金をくれて強姦の心配もない。同じ西洋人なら体を求められるだろうし、その時は仕方ないか、ぐらいの感覚の「スレた」道端の御嬢さんたちなんですよ。(そういう会話を聞いたことがあります。)

売春婦と物乞い(お金)の差は「働く気があるか」と云う事なのかな、とここでのコメントを見て色々考えました。確かにスペイン、宗教国だけあって施しの精神で簡単に小銭を上げる人が多い。

実は、東京でスペインの友人と歩いていた時に、偶然路上生活者が道に瓶ビールの栓で作った何かを並べて売っていた?のを見て、「ただお金を求めるのではなく、日本では乞食でさえ働こうとする意志がある。」と言われたことがありました。自分もスペインに来てお金を乞う人を見た時に思い出しますが、こちらでは日本より小奇麗な恰好をしているのにお金を求めしている人が多いことに気が付きました。目で追っていると、お金をもらった後はびっくりするほど元気に走り去って、別の道でビールを飲んでました。
ちなみにその友人はスペインでは絶対施しをしないそうです。前述の方が言っていたように、年配者は酒・たばこ、若年者はドラッグや遊興のお金になるから、とのことでした。東南アジアやアフリカでは子供の物乞いの多くは「食」に直結しますが、この国は何だか慈善の精神に甘えてる人が多い様な気が個人的にしています。TVでみる「食べ物が無い」と言っている人の多くは、通常よりはるかに肥満状態。金銭上栄養が偏っている、というよりも、好みの物だけ食べて長く甘えの体質から抜け出せてない印象です。それを見て東京の、お風呂も入れなくて肌が浅黒く、見るからに飢えから痩せていた路上生活者を思い出しました。
私自身はそう感じてから、スペインではなく日本での公的寄付を心掛けています。個人的な体験・印象・意見で大変失礼しました。

普通の傍観者 2014/12/21(日) 11:33:02
国の労働力が余っているのに移民の流入を止めないために構造的にこのようなことが起きています。移民を安く使うことで地元民の仕事が減ったり仕事の単価が安くなること、単価が安いので材料費にお金をかけれず仕事の質が落ち移民を利用することが増えるという悪循環が起きて、中流が下層に転落しつつあったり、下層の経済状況が悪化することが起こっています。現に私の町で求人が出ると、どのような仕事でも10倍以上の倍率になりすぐに募集が締め切られます。彼らの親世代がこのような状況なのですから、家計の経済状況も押し計れます。親の仕事が上手くいっていなくとも、彼女らにもし仕事があるのなら、彼女らは働いているでしょう。しかし、バーやレストラン等の仕事さえないのです。

現在の日本の経済状況と何もかも違うので、私は彼女らを責めることはできません。個人で解決出来ることと構造の問題は違いますが、とぴ主さんが良心からしていることを、何も解決しないからやめるべきというのは、合理主義者の意見でしかなく、情がないと感じました。

原則さんは実例をこ存じとのことなので、とぴ主さんが自分の行動を正当化するのを助けるためにも、詳細を書き込んで差し上げたらいかがでしょうか。

限度次第 2014/12/21(日) 12:07:07
普通の傍観者さんのご意見はごもっともですが、労働意欲を低下させてしまうような簡単に大金を得る方法を覚えさせてしまうのもマズいと思います。
もしも最初は言い訳でも無く本当に困っていたとします。
が、人の良さそうなアジア人のおじさんにお願いしたら割と簡単に50ユーロも恵んでくれた。
そんなつもりじゃなかったのに、、、そんな事そうぞうもしていなかったのに、、、
と言う事なら、楽で簡単にお金を得る方法を見つけてしまったと思っているかも知れません。
人間は楽な方法を見つけるとそちらに流れてしまい、苦労は避けたくなるものです。
仕事が見つからないならダメもとで聞いて回れば良いという思考になってしまうでしょう。

リタ 2014/12/21(日) 12:44:28
夫の同僚の話です。彼は善人なのですが酒に飲まれるタイプである日酒を飲んで帰る途中道で女性に話しかけられ「今日眠る場所がない..」と言われそれなら一人暮らしの家に泊まりなさいと言う事になり 本人に下心があったのか結局そう言う事をして次の日の朝出ていく時に「食べる物を買うお金..」と言われたので某かのお金を渡した。と言っていました。
なんと言うか..プロの方と言うよりもocasionalな感じなのでしょうか?
この話を聞いた人は皆(家に泊めてくれ、暗にそれもOKと言う事なんだろう)と理解していましたが。その同僚は普通の事のように話していましたが。

あとこれは別の知人ですが一人暮らしの高齢の父上の家に行くと物が無くなっている事に気づいたた知人が父親を問い詰めたら「道で知り合ったかわいそうな女性を時々家にいれていると言う事で大した額ではないですが引き出しの中のお金を持っていかれたりしていたそうです。
スペイン人の感覚としては一旦家に入れた以上はそう言うつもりなのだろうと判断するし、何かを取られたとしてもそれは本人の不注意というのが事になるのだと思いますよ。トピ主さんは今の所家にまでいれるつもりはないと言うことですがもしも良心の呵責に耐えかねて路上の女性を家に入れるとしたらそう言う大前提がある事はどうぞお知りおき下さい。
50€のお金を差し上げる心やさしい方とおみうけしましたので..。

キャロル 2014/12/21(日) 14:27:57
この国限定かどうか知りませんが、メンディゴさんたちの
メンタリティは「私がお金を貰うことで、私はあなたの慈悲心を
満足させて上げているので、あなたと私はフィフティフィフティ
である」
というのですが・・・そうなんですかねぇ。結構悩みます。

普通の傍観者 2014/12/21(日) 16:01:58
私も限度次第さんの意見はよくわかります。50ユーロはそのような方々からしたら大金なのは疑いないですが、労働意欲を削ぐというのはどうでしょうか。各地域によって物価は異なりますが、私の住む町では、パン220gが3つで1€弱、穴空きのチーズが6€/kgで一包装1€弱、Fuetが1つ2€弱、サラダ用トマトが1.5€/kgで5つで1€程度。1人1日3食bocadilloを食べるなら5.50€ぐらいです。買う物を選べば50ユーロで光熱費を使わずに9日間の食事が出来るわけですが、ここまで合理主義的な生活が出来る人はいませんがいたとしましょう。そして何より、表向きは宿泊費としてのお金ですから、ホステスに一泊して、半分残れば良い方でしょう。半分の25ユーロで上記の合理的な食事は5日間摂る事ができます。屋根ある所に1泊し、合理的な食事を5日間摂っている間、果たして彼女らは労働意欲を削がれる程の生活を送ることが出来るでしょうか。私は出来ないと思います。

労働意欲が削がれる生活というのは、こちらでも度々議論されている通り、失業保険のような最低限家賃や光熱費が払える程の定期的収入がある生活であり、見ず知らずの他人に得られるかも分からない50ユーロを求めて物乞いする生活ではないと私は思います。これは構造上の問題なので、個人が単発的にお金を恵んでも、当人の労働意欲を大幅に削ぐことや物乞いを増やすことにはつながり得ないと思います。

マッサン 2014/12/21(日) 20:03:49
皆さん何か勘違いされているようね。

この普通のおっちゃんは、
>>仰ってる事は私もとっくにイメージしております。<<

>>要するに他の実例が知りたいのです。<<とおっしゃっています。私も最初勘違いしていて、実例を出さず意見を述べました。

実例ですよ、実例。 何々と思うとか、50ユーロで実生活トマトを買ったりする、
お金の有効な使い道を聞きたくて、このトピックスを立てられたんではないと思います。

「俺みたいに声をかけられたか?どういう形で、どういった内容で?とかいう事ではないんでしょうか?」

50ユーロで生活するか、ギャンブルするか、夜ヨコシマな心を持ってH?な行動するか、人にあげるか、紙飛行機を作って飛ばすかは、このトピでは無意味ではないでしょうか?使い道はおっちゃんの勝手です。
あくまでも皆様の体験談や、友達、いや友達の友ダチでも良いから、

他の実例!!!これです、これ!相手が乞食であろうが、暴力集団であろうが、売春婦で去ろうが、本当に困ってる人であろうが、嘘で困ってる人であろうが、ねっ。

まあそういうこちゃ。チャイますか?トピ主さんの質問に正確に答えてあげ、その後自分の意見も入れれば、書き込みがもっと意味を持ちます。

普通の傍観者 2014/12/21(日) 20:39:55
リタさんが女性を家に泊めた実例を2つ、日本で言う所の家出少女のような泊めてもらう家を探してその見返りに性交渉をもつという事例と、家に泊めた女性が窃盗していた事例を提示されているので、とぴ主さんも自分の行為を正当化出来たのではないですか、マッサンさん。

私は自分が知り得る限りの物乞いの例を提示したあとは、このような物乞いと施しの是非について、投稿者の方と議論を交わしているだけですよ。

マッサン 2014/12/21(日) 21:04:45
普通の傍観者 さん。

なるほど!そういうことでしたか。私はまたトマトの値段とか穴開気チーズのほうにばかり目が行って。
すいませんでした。
そっちのほうに目が行ってしまって家出娘の性交渉、窃盗の方を見ていませんでした。ごめんね。

さて、実例その2.
昔、やはり薄汚いスペイン人のお兄ちゃんが、
近づいてきて「俺お前を知っているだろ?お前は○○○にいたただろというんです。
まあそういわれてみたらそんな所にも行った気もするし。
あれはあの時の○○○だっていうんです。でもまったく記憶にない。
お前は今良い生活をしているようだ。だからボカタ(ボカディージョ)をおごれ!
私はかたくなに断りました。今から考えたらボカタおごってやったらよかったと後悔しています。

歳を取ると色んな事を思い出して後悔の日々です。

普通の傍観者さん、>>とぴ主さんも自分の行為を正当化出来たのではないですか、マッサンさん。
<<
はいその通りです。良かったですね。

トピずれですが 2014/12/22(月) 03:30:47
あまりにもびっくりしたので・・・
マッサンさん、
>ティラリーッ、鼻から牛乳〜〜〜
っていったい何年前のギャグなんですか!!
わかる人にしかわからない、ここを読んでる20代とか「???」でしょうね。
まさかこのギャグを再び目にすることがあろうとは・・・

キャロル 2014/12/22(月) 10:10:13
いろんな例があってとても参考になりました。だってこんな話
まとめて聞く機会はそんなにありませんから。

トピ主さんも「そんなこと訊いてねえよ!」ってぶち切れていな
いで参考にされたらいかがでしょう。
だって年に10回も遭遇されてる訳ですから、これからもある事で、それに対応する為の予備知識として、みなさんの意見は
とても有益だと思うんですけど・・・・って「思う」のは
いけなかったんですね?すみません。

実体験エトセトラ 2014/12/22(月) 15:51:27
実体験も含めて、意見させていただきます。
まず、自分の気に入る意見以外は受け付けないという姿勢はどうかと思います。
これが、人を愚弄するような意見でしたらそれは別ですけど、そういう意見は出てませんよね。
こういった掲示板なので、いろんな感想を聞けるのも学びになりますし、自分の都合の良い話のみを聞けるというのは、ものすごく自己愛的に見えます。
これでは、まるで、トピ主が神みたい。
都合に良い話だけを聞きたいのなら、こういうところに投稿されないほうが良いと思います。
年間10回以上、女性からお金がないから家に泊めて欲しいと言われるような体験を求めるのが、そもそも不可能だと思います。
せっかく、勉強になるコメントが沢山あるのですから、参考にされてはどうでしょうか。
聞くたけでも学びになります。

さて、私の実体験です。
フランスを旅行していた時、夜の12時頃、50代くらいの女性がキャリーを引きながら困り顔で私どもの泊まるホテルの前でたどたどしいスペイン語で話しかけてきました。
どうやら、お金が足りなかったようです。
女の一人旅だったようですし心配したのですが、スペイン人の連れが、あの女性の様子なら、自分で解決できる逞しさがあるから何もしないで大丈夫だというので、見過ごしました。ど
一方、貧しい人にお金を恵むのは、日本人の自分ではなく、連れですね。
普段一杯のコーヒーやタパスすら節約しているのですが、ある日の散歩の途中、バーで一杯コーヒーでも飲みたいと思いながらも余計なお金は使えないと我慢して一日散策していたのですが、急に連れが、道端にいる黒人のホームレスに5ユーロを渡しました。
私は、自分たちの飲み物代も我慢しているのに、なんで見ず知らずの人に5ユーロもも渡すのかと言うと、あんな、犬が放尿するような道端で、誰が座りこむか。本当に困っているのは見ればわかるでしょう。5ユーロで何か食べ物が買えるなら、自分たちがコーヒーを飲むよりどれだけの価値があるか、キリスト教の文化じゃないからわからないんだろうね。と言われました。
言いたいのは、本当に食べ物にも困る人を助けることはスペインでは倫理的に正しいことなんだと思います。
ただ、50ユーロという額はどうでしょうか。
人生の上で、一回くらい、50ユーロを困っている他人に渡すことは素晴らしいと思います。
しかし、1年に10回というのは、明らかに正常の範囲ではないです。
あなたが、ビルゲイツ並のお金持ちなら、毎日でも50ユーロをプレゼントすれば良いとおもいますが、一般の感覚からいって、行きぎてはないでしょうか。
本当に、困っている女性を助けたいならば、カリタスや、ボランティア団体に寄付するのが確実です。

ちなみに、連れに貴方の話を話したところ、一年に10回も50ユーロを家に泊めてといった女性に渡すのは、純粋とかいう問題ではないと言っていました。

実体験エトセトラ 2014/12/22(月) 18:17:49
トピ主様は、女の子が本当にお金に困っている人なのか、それとも詐欺なのかを判別したいのですよね?
お金に困ったことのない人からすれば、判別は困難かもしれません。
うちの連れは、元々のお育ちは良いのですが、一時、食べるものに不自由するほどの貧困を経験しています。
八百屋さんに行って、古くなった果物を頼んで無料でゆずってもらったことすらあるそうです。
貧困経験がれば、本物の貧困か、詐欺なのか、経験上、一目で判断できるようです。
一方、私は本物の貧困経験はないので、そこまで目は利きません。
きっとトピ主さんも私と同じで、貧困経験はなくて、判断できないんですよね。
人助けをしたいから目を養いということであれば、ボランティア活動で実践することだと思います。
テレビでも見ますが、普段フルタイムの仕事をし、家庭もあり、忙しい人でも、貧しい人を助けるために様々なボランティアをしている人が沢山おられます。
そういう活動で、貧困者を沢山見れば、おのずと目が養われて、本当に困っている女性かどうか、判断できるようになるでしょう。

それから、最近の貧困者は、貧困者用の施設で無料で寝泊りが出来、食事もカリタスで無料で支給されますので、本当は食べ物に困ってない人がいます。
近所でいつも物乞いをしている身体障害者の方が言ってましたが、食べ物をもらっても必要ないしもらってほしいと、うちの連れに恵まれた食品(開封ずみの牛乳、玉ねぎ、じゃがいもなど)の現品を渡してきました。
連れはその食品に関して、2ユーロ渡しました。開封の牛乳などは怖いのでもちろん破棄してます。
食べるものにも困っているかどうか、判断するのって難しいですね。
どなたかの発言のbocadilloをおごってくれ、というのは、餓えに信憑性がありますね。
そういう人には、それこそ50ユーロ払う価値があるのではないでしょうかね。

マッサン 2014/12/22(月) 20:15:41
>>トピずれですがさん<<はいそうです。私はもう還暦を迎えて、
毎日ギャグとか、そんな事ばっかり考えてるスペイン在住40年のおっちゃんです。
このトピを書いてると昔のことを一杯思い出しました。半端なく色んな人に騙されました。
50ユーロどころではなかった(トピ主さんは騙されたと決まった訳ではありませんが(
商売上では何十万(ペセタ)と、いやもっとかな? 
また困ってるおばあさんを助けようとしたら結果的には騙された事も。

もう一つ一つ書くのも面倒くさくなってきました。
よく騙されるほうが悪いと言います。もし私がしっかりしていてれば、その人達は私を騙さずにすんだ訳です。他所でするかもしれませんが、犯罪を犯させたのは私なのかもしれません。そういう見方をすれば騙される方に罪があるのかも知れませんね。

小さい時から母親にお前は人が良すぎる、お人好しだ。気の良いのも阿呆のうちだよ。
とよく言われました。
近しい人からお金を借りたこともあります。また貸したことも。
返さなかったり、返ってこなければ友情や信頼もぶっ壊れます。貸した金は上げた金と思わなくてはいけませんね。友人同士ではそんなことはありませんでしたが。
だから限度も知らなければいけないという事でしょうね。

もう貸すことも、借りることも多分ありませんが・・・
今が良ければすべて良しと未だ天然ですので、死ぬ前にプラマエ0になれば良いと思っています。  

人生を下さった神様に感謝しています。生まれて来ただけで大儲けですもんね。
そして何れ訪れる最後の日に「終わりよければ全て良し」とニカッと笑って、出来るならば天国に行きたいものです。笑・・・

今回は私も完全にトピずれですんません。Bye Bye

マッサン 2014/12/22(月) 20:27:22
実体験エトセトラ さん
bocadilloをおごってくれ<<
そうなんですよね、おごらなかった事に未だに後悔してるんです。多分その彼は私を知ってたんでしょうね。
それで恥ずかしかったから、あんな横柄な態度で言ってきたのかもしれません。
私も今の半分くらいの歳だったし、よく騙されたので、何だこいつは!、という同じよに横柄な気持ちになったのかもしれません。

後悔先に立たず。です・・・・あぁーァ

トピずれなのでもうこの辺で・・・

お地蔵さん 2014/12/22(月) 22:51:16
マッサンさん・・・なんか私と似たような考え方をした日本人がこの国のどこかにいると分かって嬉しいです。私、マッサンさんよりは大分年下ですがもうすぐ50です。別に何も欲しくない、何も残そうとも思わない、誰も恨まない・・・金銭的なこと程度ではですけどね。実際、友人や知り合いにはかなり散財しました・・・でも未だにその面々と関係が続いているのは、決して金を貸したとは思わなかったからでしょう。自分が生活をしていくために必要なお金以外は「自分の良識」に従って、自由に使いたい・・それが人のためになるのならば本望です。とは言っても私の場合は身近な人たちの範疇を超えることができませんが・・・。ただ、金によってダメになってしまった人間も何人も見ていますので、やっぱりあまりにも簡単にお金を渡すのはその人のためには逆に良くないのかな・・・とも思います。bocadillo・・・その気持ちよく分かります。似たような経験はありませんが、もし私にも同じことが起こったら多分一生忘れないでしょう。普通のおじさんさんがこのトピを立てたのもそれと同じような理由からなのではないでしょうか・・。

実体験エトセトラ 2014/12/23(火) 00:31:44
マッサンさん
私、ボカディージョの件を例に出してしまった後で考えたんですが、もしかしたら全くの他人だったかもしれないし、人からめぐんでもらうために使っているいつものネタだったのかもしれません。
それに、奢ってあげた後でさらにたかられたかもしれない。
まあ、その場合は、断固拒否するってこともできますが、しつこいのも大変です。
いろいろ考えると、危険な可能性もあるし、相手にしないという選択でよかったのかもしれないです。
お気になさる必要はないですよ。
そういう後悔する気持ちがあるということは、マッサンは本当はお優しい方なんだと思います。


このテーマって深いですね。

追加で思い出した話があります。
在スペイン日本人の友人が、スペインで日本人の物乞い同然の人を自宅に招き、住まいと食事を提供してあげた人がいます。
見返りなしです。
トラブルなく、両人とも良い思い出となったようです。
懐が大きい人っていますね。
件は、日本人同士、男同士ですので、また、トピのの方の話とは全く違ってきますが。
それに、友人の場合は、泊めてくれと頼まれたのではなく、友人の方から泊めてあげなくてはと思って提案したらしいです。
若い女性が見ず男性にお金が無いから家に泊めて欲しいといってくるのは、その女性はまず売春的なことを考えているはずです。

マッサン 2014/12/23(火) 11:25:34
お地蔵さん- 実体験エトセトラ さんありがとう。
皆さん遠い日本から出てきて、異国の地に住み付き、嫌な事も、楽しい事も、
日本とはまた異質な体験をされている事でしょう。トピ主さんもそうですがこのような、日本では考えられないような事もありますね。
スペインに長い間住んで嫌な事もありましたが、
楽しい事はそれ以上にあったと思います。そういう実例を書くトピがありましたらまた投稿してみたいと思います。

これからスペインに憧れて留学や、永住される方達にも、今ここに居る私たち一人一人が、毎日を真面目に、誠実に生きる事が日本人の使命と思います。

私はBUROMISTAちょっとフザケタ冗談の好きなおっちゃんですが、日本人として恥じないよう生きてまいります。これから未来を生きて行く若い人達、そして我々の子供、日本人の血を引く子孫達に誇りに思ってもらえるように勤めて今をしっかりを生きていきます。
ありがとう皆さん。
普通のおじさん、良いトピ立ててくださってありがとう。

          Feliz Navidad y un próspero 2015 !!!

トピずれですが 2014/12/23(火) 13:04:00
マッサンさんの書き込みのギャグで自分が小学校低学年の頃を思い出しノスタルジーに浸りました・・・(当方30代)

自分は女性なのでトピ主さんのような経験はありませんが、自己満足でもなんでも、物乞いが老齢であったり
なにか訴えるものがある場合には1〜5ユーロのお金をあげることはしょっちゅうです。
何の足しにもならないにしても、それでapoyarしたい心が伝わればいいと思っています。
世の中には運命が何らかの理由でくるってしまった不運な人たちがいるのです。
でも自分があげることのできる余裕が少しでもあることに感謝しながらも、根本的に問題を解決することができない罪悪感も覚えます。

先日rumanaのおばさんに声をかけられ、病気の子供や失業、desahucioなどの苦労話を聞いて40ユーロ渡しました。
騙されても、カモにされているとしても構わないと納得してのことです。
連絡先を聞き、家の手伝いなど何か仕事が発生したら連絡しようと思いましたが
夫に相談すると、「冷たいと思われるかもしれないけど、紹介もない道で知り合った女性を家にあげることはできない」
と言われ、確かにその通りだと自分の浅はかさを感じました。
夫の言葉で印象的だったのが「gente desesperada hace cosas desesperadas」でした。

未だにあのルーマニア人のおばさんのことは何もしてあげられなかった罪悪感と共に毎日のように思い出します。

>毎日を真面目に、誠実に生きる事が日本人の使命と思います。
確かにそうですね、自分は人に借りをつくらず、「〜してやった」だの「してもらってない」だのと人に恨みを持たずまっとうに生きてゆきたいです。

失礼ですが 2014/12/23(火) 20:57:28
凄い長いトピになっていますね。
私の書き込みでトピ主さんにはとても嫌な気分にさせてしまったようで少し気になっていました。
が、方向は違えどこんなに意味のある様々な意見が出ていて非常に興味深く読ませて頂きました。
トピ主さん、意義のあるトピとなり良かったですね。
年末となり、ますます物乞い?に遭遇する機会が増える事と思います。
トピ主さんの優しさが災いして危ない目に遭わない事を祈っています。

トピ主さん、みなさん優しい書き込みで、有意義なトピとなっていますよ 2014/12/23(火) 22:05:12
友達の彼、が上で書いていたペンネームです。
私も、トピ主さんが、皆さんのおっしゃてることにはあまり耳を傾けない、かつ、
実例があるのに実例とおっしゃっていて、
他の人の意見を余計な書き込みと思っているようだ、と思い、きつい書き込みをしてしまいました。

その後、トピが長く続いているが、きっと荒れてるだろうと思い、今の今まで読みたくないと思い、開いていませんでした。
そうしたら、マッサンのおかげか、とてもあたたかなトピになっていてびっくりしました。
みなさんの意見、私も興味深く拝見しました。

もしかしてトピ主さんも同じ理由で、開いていないのではないか。荒れてると思っているのではないかと思い、同一トピでペンネームを変えてはいけないですが、あえて上記のように書き込んでみました。トピを開かなくてもトップページに反映されるので、トピ主さんが読んでくれれば、、と思います。

みなさん、楽しいクリスマスを!


追加発言は締め切られました。
WwwLounge Ver2.16

e-mail address: info@arrobaspain.com
Copyright (c) 2000-2020 @Spain all rights reserved.

@Spainのトップに戻る