ブラック企業で働いてます





[スペイン探偵局に戻る]
くろ 2021/10/08(金) 10:18:16
今働いている職場がかなりブラックです。
パワハラ、残業代の未払い、急な休日出勤などは当たり前で、スタッフ同士の人間関係も最悪です。
オーナーのグチを少しでも言おうものなら何十倍にも盛られて即密告されます。
だいたい毎月2、3人のスタッフが嫌がらせやパワハラなどで辞めていきます。
幸い年末で契約が切れるので、契約更新をしない予定なのですがこの場合は失業保険は貰えるのでしょうか?
オーナーの人格からすると、すんなりパロの書類を出してくれるとは思えませんが、法的にはどうなのでしょうか?
本来なら雇用主に聞くべきなのですが、信用出来ないので聞けません。
同じような経験のある方、詳しい方、お知恵をお貸しください。

スペインにもあるある 2021/10/08(金) 11:38:44
その場合は自己都合退職ですよね?まあいざとなったら訴えましょう。引いたら負けです

くろ 2021/10/08(金) 11:54:06
コメントありがとうございます。
契約満了に伴う退職なので、通常の退職とは異なるようです。
雇用主または被雇用者が契約更新の意志がない場合、そのまま契約満了となるそうです。

しろ 2021/10/08(金) 12:09:51
契約満了の場合でもパロがもらえるとききました。そうやって夏場の時期だけの契約期間の仕事をして、そのほかの時期はパロを受け取っている人がいます。
ところで私は別のケースですがパロを受け取ったとき、会社からパロに関する書類は特にありませんでした。(その他サインするものなどありましたが、パロに直接関連するものではありませんでした。)
会社がお役所に連絡をするとおそらくデータとしてつながっていて、SEPEのウェブサイトで自分のNIEの番号などでオンライン申請するだけで手続きができましたよ。

パロはもらえません 2021/10/08(金) 16:32:26
契約満了に伴う退職で、解雇ではありませんから。

くろべえ 2021/10/08(金) 17:06:08
契約満了で更新されない場合も、実質的には解雇と同じ扱いになるので、
Paroの受給対象になります。
スペインでは良くある話ですが、有期雇用期間が終了になる時
多くの人は更新を望むわけですが(そうじゃないと単純に失業者に
なってしまうので)、その希望に反して、泣く泣く更新されないケースが
多々あります。
生活がかかっているのに、派遣切り遭ってしまうのと同じですよね。
こんな時、失業保険の対象にならなかったとすれば、人によっては飢え死にしてしまいます。
もちろん、つぎの職場が決まって契約途中での自主退職や、indefinidoの場合の自主退職も対象外。(会社都合の解雇も別です)
トピ主さんの場合は、更新して欲しくないケースですが、それはこちらサイドの内側事情なので、相手には関係ありません。
そこは表面上、淡々とごく事務的に、期限で終了してもらうように職場に伝えれば良いだけのことですね。
もしもそこで(望みもしないのに)更新を迫られたり、強要されるようなことがあれば、
今度は別のハラスメント問題に発展すると思いますよ。
また、退職にあたりしなければならないのは、契約終了にサインして、
その控えを持ってSEPEに届け出るだけです。
ブラックで嫌な職場、本当に辛いし、毎日憂鬱だろうとお察しします。
私も経験があるので、他人事とは思えません。
でも、年末までだと割り切って、自分は石になったと思って
何とか乗り切ってください。その後は心ゆくまでのんびり休んで、
一番好きな物を思いっきり食べるとかして、自分を労ってください。

ブラックあるある 2021/10/08(金) 18:40:24
万が一の場合に備え、今から証拠集めをして下さい。最悪になった場合、労務専門弁護士に書類を整えてもらい、Inspeccione de Trabajoへ提出しましょう。また、民事裁判へ持ち込みましょう。弁護士費用はもちろんかかりますが、私はそれらをして本当に良かったと思っています。諦めず泣き寝入りせずに!

劣悪な労働環境は続くよ 2021/10/08(金) 19:52:44
何度か劣悪な労働環境で退職を余儀なくされた経験が私もあるので、僭越ながらアドバイスさせていただくと、どこかに訴えるかどうかは別として、時間のある時にまめに記録を取っておくといいです。まあ、きちんと証拠があれば、色々な場面で有利になるということもありますが、

何日に何時から何時まで働かされたか、どういう形で残業を強要されたか、どんなことを言われたか、証拠はあるか、証拠でなくても事実を裏付ける材料になりそうな要素はあるか(パソコンのログイン情報など)。

辞めた後、時間が経ってそれでも「やっぱりあそこで踏ん張っているべきだったのかな」と振り返ってしまうこともあるのですが、記録を取っていると自分の判断は間違っていなかった、と振り返って冷静に思えるし、「こうしていればよかった」と分析することで、次にトラブルがあった時にも過去のデータが助けになると思います。

あお 2021/10/09(土) 17:25:04
契約満了なら、私だったらあえて揉めずにさっさと出て行くと思います。もちろん残業時間の未払い分とかを証明できるものがあるのならば、その分は請求すると思いますが、くろさんの書き方を読むと、それも難しそうなので。

PAROの受給に関しては、今の仕事の契約期間やその前に働いていた仕事の月数なども関係してくると思いますので、契約満了だから受給対象になるかというと、一概には言えないと思います。INSSの方に事前に尋ねてみた方が良いかもしれません。

ちなみに以前はINSSにPAROを申請する際にCERTIFICADO DE EMPRESAという書類が必要でしたが、現在は契約が終了すると自動的にINSSの方へ連絡が行くそうで、CERTIFICADO DE EMPRESAは不要になったそうです。くろさんが受給対象ならばDNIかNIEを持って直接INSSに行けば良いそうです。

便乗ですみません 2021/10/12(火) 18:08:54
2年働いた職場を辞めました。コロナ後に勤務時間がハードになり、不眠、ノイローゼ気味になり、上司に相談しても、「今は耐える時」、といわれ、数ヶ月耐えたのですが無理でした。コントラトはindefinidoでしたので辞める際に、「まだERTE の従業員も居るからbaja voluntaria の書類を出さないと職場が大変な事になる」といわれ、提出しました。というわけでパロは貰えませんでした。
その後、職場の環境は悪化し、もう知っている同僚はほとんどいません。まだ残っている1人と最近話したのですが、「仕事ぶりが悪いから15日間出勤なし給料なしという紙を渡され、辞める事にした、パロも出ない。」と言っていました。彼はパロが貰えないのでしょうか?いい同僚だったし、私のように早まった判断をしてほしくないのです。

Es lo que hay 2021/10/12(火) 18:38:49
こっちの中小企業も相当ヤバいですよね。下手したら日本以上かも。だから若者はスペインから出て行くわけですね。

残念ながら 2021/10/12(火) 20:45:24
Es lo que hayさんのおっしゃる通りかもですね。だからこちらの人は皆公務員になりたがるわけですね。

Es lo que hay 2021/10/12(火) 22:24:16
こちらの人は日本人みたいに黙ってないでちゃんとした権利を行使しますが、仕事の契約条件や給与体系はもうひどいものですよね。裁判沙汰にしてまで頑張りますが、それでも余計なストレスが必要以上にかかります。実力者の家族、友人ばかり雇ったり、それ以外はもう入れ替わりが激しいので全然引き継ぎがうまくいかないので業績も上向かずいつまで経っても同じことの繰り返し。日本はやめたらそれなりにしっかり払ってくれますが、こっちはいつまで経っても払われず。日本と同じで居残るのはろくでなしばかり。日本じゃないんだからトピ主さんは法的措置も検討にするべき。ただそれなりにストレスはかかりますのでご注意を。終わったら a tomar por culo と言ってさよならですね。

くろ 2021/10/19(火) 19:05:29
しばらく見に来れず放置してしまい申し訳ありません。
またたくさんのコメント本当にありがとうございます。
本来ならお一人お一人にお返事をすべきなのですが、時間的にも精神的にも少し厳しいのでまとめての返事とさせていただきます。
うちの会社は給料の約3分の1は現金、つまりネグロで支払われます。
その他の手当、残業代なども全てネグロです。
辞めた元同僚は全員、最後の給料のネグロの分の支払いはされていません。ネグロで貰っている以上、訴えることが出来ないのでみんな泣き寝入りです。
じつは訴訟は以前勤めていた会社で経験済みです。
その時の労力を思い出すだけで疲れるので、出来るだけ平穏に去りたいのです。
自分でも色々調べたところ、被雇用者は契約満了の15日前までに更新しない旨を会社に伝えなくてはいけないみたいですね。
逆に双方とも何もしなければ自動的に契約更新されてしまうとも聞きました。
そこでまた質問なのですが、会社側も契約更新の意思が無ければ15日前に通達する義務があるのでしょうか?


追加発言は締め切られました。
WwwLounge Ver2.16

e-mail address: info@arrobaspain.com
Copyright (c) 2000-2021 @Spain all rights reserved.

@Spainのトップに戻る