AutonomoのIRPF



[スペイン探偵局に戻る]
あい 2021/07/17(土) 19:26:38
こんにちは。いつも有益で楽しい話題をありがとうございます。今日はひとつ質問をさせてください。

私は今年からAutonomo(Rendimientos de actividades económicas)として税務署に申告を始めました。過去トピを参考にAsesorに手続きをお願いしたのですが、私のスペイン語力のせいでその方とのやり取りが理解できません。

AutonomoのIRPFはいつどのように支払うのでしょう。日本の自営業のように確定申告時期に払うのではなく、3ヶ月毎に払うのですよね?

状況としては、各種Altaを終え、3ヶ月毎の申請を2回したところです。Alta直後にSSが毎月銀行口座から引き落とされるようになりました。ちなみにAsesorによると海外の仕事のためIVAは払わない(払えない)ということです。

所得税を払っていないために罰金でも請求されるのではと不安になってAsesorにfacturaかなにか届くのかと質問したところ、以下の回答がきたのですがその意味がわかりません。自分で3ヶ月毎にどこかに払いに行かなければいけないのでしょうか?

LOS IMPUETOS HAY QUE LIQUIDARLOS CADA UNO EN SU MOMENTO

お恥ずかしい話ですが、どなたかお知恵を貸していただけるとありがたいです。どうぞよろしくお願いいたします。

Gestor 2021/07/17(土) 22:11:49
>3ヶ月毎の申請を2回したところです
の意味が分かりませんでしたが、それは何ですか?

IVAは海外なので払わないということだし、他に何か3ヵ月ごとに提出するものというと、IRPFの支払いしか思い浮かばないのですが。
SSは毎月ですよね。


>AutonomoのIRPFはいつどのように支払うのでしょう。
3ヵ月ごとにネットで払います。
今年の2Trimestre分(4-6月)は7月に支払うので、ここ数日中に手続きしなければなりません。

Asesorということですが、Gestor業務もやっている人ですか?
失礼ながら、言葉もあまり分からないようなので、トピ主さんが自分でやるのは最初は難しいと思います。相手に任せた方が良いです。
帳簿もつけなくてはなりませんよ。

Gestor 2021/07/17(土) 22:14:13
>相手に任せた方が良いです
相手と書きましたが、ヘストールなりAsesorなり、税理士の仕事をしてくれる人に任せるということです。
IRPFの税金の支払いをしたいとお願いをして。
それをしてもらうには、あなたが帳簿やFacturaを税理士に見せてお願いする必要があります。

横入り 2021/07/17(土) 22:38:26
あい様、横入り申し訳ありません。

私も今後自営業で申請しようと思っています。もし可能で有れば、申請までの経緯を詳しく教えていただけませんか。
あい様は税務署に直接行かれたのでしょうか。

自分でもいろいろと調べているのですがどうしてもピンとこず、知り合いのgestor に相談したところ、とりあえずalta できるようになったら教えてみたいなことを言われました。

Gestor 様
おっしゃられている帳簿やfactura はどうやって作るのでしょうか。

ノートに手書きなりプリントした日本からの領収書を持っていくといったイメージなのですが、印刷の場合日本語でいいのでしょうか。

ご教授いただけますと幸いです。よろしくお願いいたします。

何かと安心 2021/07/18(日) 00:23:17
あいさま、自営業申請時に住所と携帯番号を登録したのであれば、Cl@vePINを使って、パソコンで所得税を申告します。
インターネットによる申請だと、申告している人は確かに本人だということを確認するための方法がいくつかあるようですが、Cl@vePINを使うのが一番簡単だと思います。携帯のアプリにあるので、ダウンロードしてください。NIF番号、その有効期限、SOPORTE(NIFに書いてある記号と番号)、メールアドレスが必要だったと思います。

今年からと言うことは、第1期と第2期の申告がまだでしょうか。
申請は締めの翌月の20日まで、第4期、12月締めは翌月の30日までです。
申告手順をざっと;
税務署のページ
https://www.agenciatributaria.es/
Declaraciones Modelos y formularios
所得税申請なら、用紙は130だと思います。
印刷して、銀行で支払って、税務署に提出も今でもできますが、本人だと言う確認シールを税務署でもらわなければならないし、印刷は書く用紙、1回だけに限られているので、インターネット申告の方が便利かもしれません。
申請用紙に間違って入力すると、必ずエラーが出て自分で気づくので、これも便利だなあと思いました。
支払いは、最後にIngreso a domiciliaciónを選択し、ESで始まる銀行口座番号を入力し、Enviarを選択すると、Confirmar と Firmarが出て、それをクリック、すると、パソコン上申告書が作成されます。それを保存しておけば、必要なら印刷しておけばオーケーです。
収入税引き落としは、10日ごろの申告だと、22日ごろでしょうか。

Asesorさんの回答は何かの誤解をしているのだと思います。
「毎取引の時にIVAは、その時に清算しなければならない」と言う意味?
しかし、あいさんの場合、IVAはお客さんに請求しないんですよね?

ちなみに、社会保険料、自宅勤務の場合のローン、賃借料は控除されません。携帯使用料、光熱費は30パーセントを控除に含められます。

私の場合、基礎知識は知り合いに教えていただきましたが、申告書書き方、支払方法は少しづつ何とかやってこられました。
知り合いによると、何かあったときのために、Asesorと契約したほうがいいとアドバイスされましたが、なんせ自営の仕事の規模が小さい
ので、Asesorに頼むほどの領収書がないので、自分でやっています。
私の場合、たまたま知り合いが自営業の税金を研究していたり、他の知り合いが税務署勤務だったりして、なにかと助けていただきました。自営申請後は辞書で調べたり、いろいろ大変でした。
源泉徴収書を6か月も遅く提出し、150ユーロの罰金を取られたこともあります。

横入りさま、帳簿は税務署で購入しました。自営業はそれに記入する義務があるそうで、収入帳と支出帳を購入しました。
Facturaの書き方は、個人店で購入した際のものを参考にして、自分でパソコンで作成したものを使用しています。
領収した場合は、その下に「Pagado」日付、自署を入れます。
日本語ではAsesorの方がわからないと思いますが、、、。せめて英語?

横入り 2021/07/18(日) 01:46:32
何かと安心様

アドバイスありがとうございました。facturaは記憶違いで別のものと勘違いしていました。たしかに日本語では分かりませんよね(笑)

一応gestor は通すつもりですが、自営業申請したいですと税務署に行けば手続きは進んでいくものなのでしょうか?
最初は収入もかなり低いですし、Gestor に月々の支払いをしていたのではマイナスになるのではと不安になります。
Gestor も国外の仕事を請け負っている外国人を扱うのが初めてのようで、それも不安材料の一つです。できれば自分でできることはやっていきたいのですが、まず何をすればいいのかもよくわからずにいます。

横で本当にすみません。毎日収入もなく不安で今日も眠れずまだ起きてます(笑)
よろしければアドバイスをお願いいたします。

Gestor 2021/07/18(日) 09:44:12
何かと安心さんの
>携帯使用料、光熱費は30パーセントを控除に含められます。
ですが、違うと思います。

光熱費は自宅で仕事をしている人で、仕事部屋がある場合のみ。、部屋面積分だけです。
(内容以前に、トピ主さんが自宅で働く自営業者かどうかも分からないのに、そのアドバイスは少し軽率に感じました・・)

仕事部屋の面積がピソの20%ならば、30%分の光熱費のさらに20%分という計算です。分かり易い図があるので、下をご覧ください
https://cincodias.elpais.com/cincodias/2017/07/11/midinero/1499784031_887851.html
ほとんどの人が10%以下という計算になるそうですよ。

また携帯電話ですが、数年前に、携帯も家の電話も、Exclusivamente仕事に関連してなくてはいけない(別にLineaを持つ)、どちらも混ぜて使っている場合は、Gastosにつけれないと発表されました。
今現在はどうなのか私もよくわかりませんが、使っているヘストールも言うことがバラバラだと聞いています。
そういう微妙なテーマなので、個人がここでアドバイスしない方が良いかと。

数年前からダメになっていた、Autonomoのcomidas de trabajoも、裁判所によって訂正され、¥OKになったと、今、報道されています。変わることもありますよね。常に情報を追わなければなりません。

Gestor 2021/07/18(日) 09:49:40
横入りさん
私への質問ではないですが、私も横入りで出てきました。

自分で全部やる人は(私がそうでした)、こういう掲示板ではなく、できるだけ公式のページで情報を自分で収集し、数年前にできたLey de Autonomoを全部読み、税務署に何度も足を運び質問に行く。(今はネットで質問ができるそうですよ)
そのぐらいのガッツと頑張りがある人じゃないと、難しいと思います。

店や会社を立ち上げる人も最初は莫大な資金が必要で、収入ナシで2年賃貸が払え耐える資金がないと失敗するとよく言いますよね。

どんなお仕事かは知りませんが、
たちあげにお金がかかるのは当たり前。
ヘストール代程度の資金がないなら、貯めてからたちあげましょう、
最初はマイナスも当たり前、
と伝えたいです。悲観されませんように。

ヘストールは不安を感じるなら、他のヘストールを探してみては?ヘストールもたくさんいるし、間違えることがありますから。

自分での自営業申請も、3ヵ月ごとの税金の支払いも、自分で簡単にできます。
でもそれも自分で調べられず、眠れないほど不安な人には、ヘストールをお勧めしたいです。Gastosにつけれるので、払う税金が少なくなりますし、何より、精神にいいですよ。
私はいつも自分でやってきた人間ですが、今年のRentaはいつもと違い過ぎて難しく、うんうん唸った後に、とうとうヘストールに頼んだら、ストレスから解放されてスッキリでした!
面倒ごとはプロに頼み、自分は自分の仕事を向上させることに時間を費やす方が良いと感じましたよ!

横入り 2021/07/18(日) 10:20:44
Gestor様

「プロに頼んで仕事に専念」は納得です!本当にそうですね!「gestor への資金はつけられる」ことも失念しておりました。

全ての情報を掲示板に記入はできないので記入していませんでしたが、公式も見ています。調べてもいます。日本の企業との取引を想定していますので、日本の税理士さんにも幾度も相談させていただきました。
税金のこと、ほんとにたくさん調べてました。
それでも分からないというか、多分始めてもいないので不安だけが先走っているのだと思います。
とりあえずメールで色々と問い合わせたいと思います。

有益な情報をありがとうございました!とても安心いたしました!

また分からないことがあれば別トピを立てて質問させていただきます。(結局この掲示板も頼る笑)

トピ主様、横入り申し訳ありませんでした。

順調に手続きが進まれることといいですね。

あい 2021/07/18(日) 10:55:30
Gestor様、

経験者様には意味のわからないトピと思いますが、親切なコメントをいただき本当に有難うございます。

おっしゃるとおりIRPFを支払うために税務署へ3ヶ月毎に利益の申請をしなければならないという理解で、Asesorの方と相談した結果、毎月Facturaをメールで送ることになっていて、同時に彼に手数料を払います。

私としてIRPFを払うために彼にお願いしたと思っているのですが、facturaを送っても彼からはなんの連絡もなく、肝心のIRPFの支払い自体がどうなっているのかわからなかったというわけでした。

皆様からのレスのおかげで彼が言いたかったことがわかりました。その都度、自分でやらなければいけないという意味なのですね。ちょっと慌てていますが、がんばってやってみます。

横入り様、

横入り歓迎します!レスをいただいたのに、お役に立てず申し訳ありません。なにしろ私も何をどうすればいいのかわからず、すべてAsesorにお願いしていまして・・・・。

せっかくなので私の場合はどうだったかシェアしますと、最初にAsesorに税務申告を始めたいと連絡してお話し、自営業登録、SSのAlta、銀行口座の登録、Haciendaへの登録をしてもらいました。その際に確か70ユーロ払い、月々50ユーロを払っています。

Facturaはネットで探したものをサンプルに作成してAsesorに毎月送っています。スペイン語です。帳簿はまだつけたことがなく、何かと安心様のレスを見て購入しなければいけなかったんだなとわかったところです。

そういうわけであまり参考にならないのですが、お互い、皆様のレスで勉強させてもらいなんとかやっていきましょう!

何かと安心様、

詳細なご説明をありがとうございます。皆様のコメントでやっと彼のメールの意味がわかりました。

今年の1度目、2度目は期日を守れず過ぎてしまうと思いますが、罰金を払ってもこの先を考えたら勉強代として納得いくものになりそうです。私の場合は月給制の会社で働いているのでおそらくとても単純で、将来的には自分でやれるのかもしれませんが、Autonomo1年生として当分はAsesorの手を借りながらやっていこうと思います。

しかし、近い将来、住宅購入を検討しているのですが、そのローンも控除されないというのは結構いたいですね。光熱費については、返信を作成中にGestor様より別のコメントがついていました。控除については公式サイトをちゃんと見て、Asesorにも確認しながらなるべく控除をめざしてやっていきたいと思います。(それでなくても先日、銀行の個人年金に入ろうとしたら、控除上限が8000ユーロから2000ユーロにまで引き下げられたと聞き、意気消沈していたばかりでした。税金、結構な額ですよね。)

教えていただいた手順やリンク、用紙の番号など、なにからなにまで本当に参考になります。なんとお礼を申し上げたらよいやら・・・・・。さっそく教えてくださった手続きを一つ一つ見ていきます!


コメントくださった皆様には心から感謝しています。私の仕事にはスペイン語は一切絡みませんが、縁あってスペインに住み、ここで仕事していくからにはやはりスペイン語力を高めていかなければと痛感しました。またおうかがいするかもしれませんが、その時、もしもお時間ありましたらどうぞまたおつきあいください。本当にありがとうございました。

横入り 2021/07/18(日) 12:47:54
あい様
勝手に横入りしたのに温かい言葉に感謝いたします。

今までのトピも全て見たつもりですが、今回のトピはとても役に立ち有料級でした。

右往左往した挙句、混乱して悩んでいた私ですが、やはり初めは失敗もつきものなんですね。
罰金やgestor の月々への支払いも私が聞いた情報より桁違いに安く、これもまた安心材料になりました。
人それぞれ、条件によって違いはあるのかもしれませんが、どんな情報も鵜呑みにせず自分で確認することが大事ですね。

基本中の基本ですがあらためて思い知らされました。

トピ立てありがとうございました。

Gestor 2021/07/18(日) 14:17:33
トピ主様

びっくりしました。
月々50ユーロも支払っていて、Facuturaも送っていて、
何もやってくれてないとは、考えられないのですが。

お願いしたと「思っていた」ということですが、ちゃんと依頼しましたか?(普通月々払いならば、こちらが依頼せずとも、向こうが全部やってくれものと思いますが)

IRPFの支払い手続きは終わったのか?、
終わっていないならば、毎月払っている50ユーロにはなんの手続きが含まれるのか、聞いてみてください。


>LOS IMPUETOS HAY QUE LIQUIDARLOS CADA UNO EN SU MOMENTO
「税金は、それぞれするべき時期に手続きをしなくてはならない」」と書いてあります。

あなたがしなければならないとも書いてませんが、
自分がしますとも書いていませんが
あなたの質問がよく分からないで書いた文章という印象を受けました。お互いに言いたいことが伝わってないのでは?

IPRFの税金の支払いを代行してくださいと、はっきり依頼してみてください。もし終わったらと言われたら、その提出物を受け取りたい。(ふつうはPDFで送ってきます)
返事が遅い、など、返事がよく分からない、などなら、
ヘストールを変えることをお勧めします。

Gestor 2021/07/18(日) 14:36:11
横入りさん
>gestor の月々への支払いも私が聞いた情報より桁違いに安く

桁違い!?これもびっくりしました。
最初立ち上げで全てやってもらうなら、トピ主さんのケースもありでしょうけど、妥当な金額だと思います。

大きな会社か、複雑な手続きがあるか、稼いでる人には金額が吊り上がることも多いと思います。

私の周辺では、毎月払ってる人はほとんどいないですね。
内容にもよりますが、1提出につき30ユーロ前後を支払ってる人が多いです。15ユーロの話も聞きました。

IVAの手続きはせずに、IRPFの提出1つだけなら、3ヵ月で30ユーロでも、月あたり10ゆ―ロですね。

レンタは60-120ユーロ。それ以外に年間の提出・・などいろいろあるので、全部やってもらうなら、月々払いの方がお得になること事もあります。

1年目はやり方が分からないのでお任せして、
2年目には、1年目のヘストールがやった書類を全部見ながら、自分で勉強していくのも良いですよ。

Gestor 2021/07/18(日) 14:43:32
トピ主さん

毎月50ユーロ支払ってらっしゃるうちに、質問もたくさんしてみてください。勉強になりますよ。

今回、帳簿はつけてなかったということですが、Facturaは何年分保管しなくてはいけないなど、義務があります。
asesorに、それを今聞いたが、Autonomoの義務は他にどんなものがあるのか。
3ヵ月ごとに、もしくは1年ごとに、どんな税金の書類を作ったり、提出しなければならないのか。箇条書きで欲しいと伝えてください。

ご主人がやれるなら、スペイン語で情報を探してもらうのも良いと思いますよ。

あい 2021/07/18(日) 23:34:40
横入り様、

私自身はお役に立つ情報を提供できませんでしたが、お悩みの解決に横入り様が近づけたならよかったです!

Gestor様、

再度のコメントをありがとうございます。
早速、IPRFの税金支払い代行をやっていただくために50ユーロ払っていること、手続きが終わっているなら提出物を送ってほしいことなどをはっきり伝えてみます。

また、アドバイスいただいたアウトノモの義務も箇条書き(これは私のようなスペイン語苦手な者には大切ですね)で教えてほしいとお願いしてみます。

知人に紹介されたAsesorなのでなんとかうまくやっていきたいのですが、私自身の勉強不足に加えて、スペイン人の夫にやり取りを見てもらっても良く理解できないことが多々あります。相性もあるかもしれないし、彼の回答によっては一度他の方に相談することも考えてみようかなと思いました。

ご自身ですべてやってこられたGestor様にコメントいただき、とても勇気づけられました。本当にありがとうございます!

日本人でスペイン事情に精通されていて、こういった代行のお仕事をなさっている方がいらしたらいいのに。そんな都合のいいことはないですよね・・・・・。いらしたら、メアド載せますのでぜひ教えてください。

スレッドはある程度状況がわかるまで解決済みにはせずにオープンにしておこうと思います。みなさま今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

Gestor 2021/07/19(月) 09:23:48
>日本人でスペイン事情に精通されていて、こういった代行のお仕事をなさっている方がいらしたらいいのに

そうなんです!
日本人の公認翻訳家Traductor jurado は数人いらっしゃいますが、日本人のgestor、asesor 聞かないですよね。
わたしは自分に仕事がなくて、20歳若かったら、gestorの資格を取るのにと思います。絶対需要あると思うんですが。
誰かこのトピを見て、資格取ってみようかなと思う人が出てくるといいなと書き込んでます。
会社の経理ができる人も仕事が見つかりやすいと思いますよ。
(回答になってなくてすみません)

あい 2021/07/19(月) 20:44:49
Gestor様、

やはりGestor様でもそういった方はご存じないですか。残念。本業がお忙しいものと推察しますが、もしもアドバイザー業などされたら、引く手あまたでしょうに。

私の方はAsesorの方からの連絡を待ちながら、皆様に教えていただいた情報を見て(久しぶりに辞書をひきまくりながら)、調べて消化しようとしています。解決済みの報告が早くできるといいのですが。それではまた!


追加発言は締め切られました。
WwwLounge Ver2.16

e-mail address: info@arrobaspain.com
Copyright (c) 2000-2021 @Spain all rights reserved.

@Spainのトップに戻る