「TERCIOS」と言う本について



[スペイン探偵局に戻る]
アプリコット 2021/06/13(日) 21:57:24
カタルーニャ州在住の者です。Jose javier Esparzaと言う人が書いた「TERCIOS」と言う本が読みたいと16歳の息子に言われたのですが、カタルーニャ独立支持者の父親にこの本が読みたいという事を知られると怒りを買う可能性が高いそうです。ちょっと調べて見たところAmazonなどでの評価は良いのですが、数年前に出版された本なのに、バルセロナ県内の図書館で蔵書があるのは1箇所だけしかなくて、不思議に思いました。カタルーニャ州ではご法度な内容の本とかなのでしょうか? この本について何かご存知の方がいらしたら教えてください。よろしくお願いします。

Intereconomia 2021/06/14(月) 12:48:02
この本自体は存じ上げませんが、作者はintereconomiaなどにも出るジャーナリストですので、大体内容の検討はつきます。
お父さんが独立派ということですので、ちょうどそれと反対の立場にいる人だと思っていいと思います。

アプリコット 2021/06/14(月) 14:37:23
[[解決]]
Intereconomiaさん、有難うございます。
調べてみたところ、本の内容は1534年から1704年にかけてスペイン王国が採用した軍事編成についてのようです。intereconomiaさんのお話を伺って、どうも本の内容ではなく、著者への不買運動の様なものがカタルーニャ州内であるのかなと思いました。息子によるとバルセロナ郊外の街の書店には無かったそうで、私も調べたところ、Amazonやcasa del libro では買えるのにカタルーニャ州の書籍店Abacusでは在庫なしと出てくるので、疑問に思ったのです。何となく事情が分かりました。解決です。有難うございました。


追加発言は締め切られました。
WwwLounge Ver2.16

e-mail address: info@arrobaspain.com
Copyright (c) 2000-2021 @Spain all rights reserved.

@Spainのトップに戻る