エレって何ですか?



[スペイン探偵局に戻る]
休職中 2020/12/02(水) 23:46:01
現在休職中、エルテを受給しています。
今日会社から今後はエルテではなくエレになると連絡があり、具体的な内容を聞いたのですがイマイチよくわかりません。
従業員の何割かが解雇になり、残りの人はエレを受給できることは理解できたのですが、結局のところは解雇される前提なんでしょうか?
お恥ずかしながらスペイン語が不得意なため日本語で説明していただけると非常に助かります。
詳しい方がいらっしゃいましたらよろしくお願いします。

くま 2020/12/03(木) 13:40:50
休職中さん、私もあまりスペイン語が得意ではないので、今のお困りの気持ち、他人事とは思えずスペイン人のパートナーに聞いてみました。
エル(ERE)は日本で言う解雇のような意味だそうです。エルの途中に『T』が入ってエルテ(ERTE)。エルテの『T』は一定期間と言う意味で今回のように1ヶ月もしくは数ヶ月と期間を決めて休職とし、その期間何らかの補償があったりしますが、エルは期間を設けず休職?多分解雇と言うことのようです。

すみません、分かりにくい説明で…

ただ、未払い分のお給料がある場合はFOGASAと言う国の機関に申請すればいくらか未払い分が戻ってくるようです。
何かの助けになればと思い記載しました。頑張って下さい。

たまご 2020/12/03(木) 23:18:38
確かエレには何種類かあって、クマさんの言われる解雇のようなのもあればエルテのように休職や時短的なものもあったと思います。
主さんはどちらかはわかりませんが。

エルテと解雇にならない場合のエレとの違いは、エレは自分の失業保険から給付金を受給するという事だったと思うのですけど、

ぽち 2020/12/04(金) 08:52:47
言葉だけの説明をすると、Ereは雇用調整のことです。(Erteはくまさんがおっしゃっているように一時的な雇用調整のこと)
経営不振などの理由がない限り、集団で解雇などできないのですが、倒産を防ぐための雇用調整であれば可能なので、その対象になったことになります。

たまごさんがおっしゃるようにエレには種類があります。
一応分かりやすそうなリンクを貼っておくと、
https://www.laboralix.com/ere/

1.ERE de extinción. (契約終了)
2.ERE de suspensión. (停止)
3.ERE de reducción. (時短)

この記事によるとこのうち2と3がErteにあたるそうです。多くの皆さんがコロナで経験されてる形だと思います。3はTemporal(ERTE)でなくてもEreでもありえそうな気もしますが、これは調べてません。2を調べたところこれはERTEでしかありえないようでした。Ere de suspensión = Erteと同一のような表現をしているサイトが多かったです。

トピ主さんの会社では解雇の人もいるというので、ただの解雇の人と、Ereの解雇(1のケース)とどう区別をしているか知りませんが、もしかしたらもしかしてトピ主さんに3の可能性もあるのかもしれないので、Ere de extinciónなのか?と一度確認してみてはいかがでしょうか。そうであれば解雇のことです。リストラということですね。

ぽち 2020/12/04(金) 09:11:09
>従業員の何割かが解雇になり、残りの人はエレを受給できることは理解できたのですが
気になったのですが、上記のように雇用調整のことなので、エレを受給という表現はありません。エレの人はParoが受給できます。
私も素人でおせっかいで調べてるだけなのですが、Ereかどうかは会社としての会社の手続き仕組みですが、対象者はただの解雇もEreも条件は同じのようです。360日以上働いていないといけない。年20日の賠償金がある。Paroをもらえる。など(←ネットで出てきた情報なので詳しくは自分で聞いてみてください)

別のケースで(最近の話ではなく、2013年ぐらいのケースで)今アでErteで失業保険をもらっていて、途中でEreになった人は、続きをもらう形か、新たに手続きをするか選ぶ権利があるというのが出ていました。得な方を選んだ方が良いと思いますが、これらは複雑な話になるので、信頼のおけるヘストールに聞いた方が良いと思います。

また普通の解雇の時もそうですが、書類にサインをさせられるはずです。ある程度の条件を知り、サイン前に専門家に情報を聞いた方が良いと思います。

たまご 2020/12/04(金) 10:35:31
現状はよく分かりませんが、2010年に勤めていた企業がEREになりました。首を切られる人が何人かいましたが、その会社がやった主な調整は時短でした。約半年に渡って、毎週月曜日に休まされ、その日の分は自分の失業保険を使わないといけないというシステムです。なので、時短は任意でしたが、失業保険がある人はほぼ強制でしたね。なので、月給はそんなに変わらないんですが、失業保険が減ってしまいます。たまたま私はその2年後くらいに自己都合で退職したのですが、会社はまだEREをしていたので、退職もERE扱いの会社都合にしてくれて、退職金もしっかりもらえたのを覚えています。

今、エルテという言葉をよく聞くので、なんでEREじゃないんだろうって思ってたんですが、TemporalのTが入っているんですね。

主さんも、時短等ですむといいですね。

Ere 2020/12/04(金) 13:09:29
たまごさんの説明が、わかりやすいと思います。
Ereは企業が経営不振になった時、期間を決めて従業員の勤務時間を短縮し、支出を軽減しParoから借入れすることらしいです。
私の友人は、5日勤務から週3日になりました。2日分の給料は自分の失業保険から補填される形になり、実際に手取りは変わりませんが、失業保険を受給する時に、その分の日数が引かれるそうです。
トピ主さんの会社から、勤務時間の変更やEreの期間の連絡はありませんか?

ぽち 2020/12/04(金) 17:11:10
Ereさん
いや、エレは時短とは限りません。エルテも一時帰休と時短の人がいるように、エレでも解雇の人と時短の人がいます。

私はトピ主さんが解雇のもいると書いてらっしゃるので、会社がエレと一般の解雇を適用をするのは変だ、しっくりこないなと思っていました。あらためて考えると、私が思うに会社はエレを申請し、その中で解雇の人と時短の人に分けてるのではないかと。
つまりトピ主さんが書いている何割かの解雇の人はエレの1.ERE de extinción. (契約終了)の人で、残りの人、つまりトピ主さんの場合は3.ERE de reducción. (時短)
なのではないか?という気がしてきました。

時短になった人は不足分をParoから受信して残りは今まで通り会社からもらう形です。トピ主さんは時短という話はされませんでしたか?

ぽち 2020/12/04(金) 17:16:53
補足すると、エレの1.ERE de extinción. (契約終了)
は会社側の手続き形態がEREであるだけで、社員の立場からすると解雇とかわらないので、解雇の人に伝えるときには特に、君はEREで解雇だよという言い方をしないのだと思います。

休職中 2020/12/05(土) 16:34:13
皆さまたくさんのコメントありがとうございます!!
ぽちさんやEreさんのご指摘通り2月末までの契約で時短になり、2月以降は復職または解雇になるようです。
私は観光業なのでおそらく復職は無いだろうと思っています。
エレの場合は失業保険から支払いなのですね。
会社の説明では誰が支払うのかはっきりしなかったのですが、振込み明細を見ると会社から振り込まれていて???ってなりました。
会社に聞くのが最善なのでしょうが、こちらとしてもある程度の知識を身につけて話したいと思いこちらに投稿させていただきました。
他にも同じ境遇の方などいらっしゃいましたら情報共有できれば嬉しいです!


追加発言は締め切られました。
WwwLounge Ver2.16

e-mail address: info@arrobaspain.com
Copyright (c) 2000-2021 @Spain all rights reserved.

@Spainのトップに戻る