バケーションレンタルの騒音





[スペイン探偵局に戻る]
エアビー 2020/10/04(日) 11:11:25
ピソを短期貸ししています。もう7,8年になりますがゲストはほぼ外国人で今までは特に何の問題もなく順調でした。しかし今年はコロナで外国人観光客がいないため、来るゲストはみんなスペイン人で
今はディスコなどが閉まっているために、フィエスタをする家を探して来るグループが多いんです。もちろん予約確定の前にフィエスタ禁止、23時以降にはテラスで騒音を出さないなどと伝えるのですが、それでも明け方まで大騒ぎをする人たちが後を絶たず、ついに先日マンションの管理者から次回は警察にデヌンシアルをする、と通達が来てしまいました。
私たち夫婦はすぐ近くに住んでいるので、かなり騒音には気を張っていてフィエスタをやりそうなグループの時は夜中にピソの玄関まで騒音をチェックしに行ったり、少しでもうるさいなと思うとすぐにゲストに電話をしてしつこく注意をしたりと、もうこれ以上防ぎようがないと思うほど努力しているのです。
今回ここで質問したいことは、もしマンションの住民が警察にデヌンシアルした場合、大家である私たちに罰金やなんらかのペナルティが課せられる可能性があるか、ということです。
ルールを守らないゲストが罰金を科せられても私たちにとっては何の問題もないのですが、万が一私たち大家にペナルティが課せられることがあって、主な収入減であるバケーションレンタルを閉めなくてはならなくなるという状況だけは避けたいのです。
どなたかこのようなケースにお詳しい方がいらしたら教えていただけないでしょうか。よろしくお願いします。

たぶん。 2020/10/04(日) 13:56:24
そのお宅での騒音や問題は、大家が取るべきでしょう。

管理者や警察から訴えられるのは、大家のエアビーさん自身で、
罰金のある場合は、その支払いももちろんエアビーさん負担になります。

ですので、それが嫌なら、人に貸す前に「あなた(住む人)が滞在中にあなたの言動が原因で問題が生じた場合、その解決費用は、すべてあなたが負担する」という契約書を作って、サインさせれば良いです。

来る時はみんな「僕は、責任感があって、迷惑をかけない」などもっともな事や真面目なことを言います。が・・・。

必ず、書面に、お互いの本名、DNI番号、住所、郵便番号の記載と
サインがIDカードと一致しているかの確認を忘れずに!
(分かっていると思いますが、口約束はダメですよー)

要は、問題があった場合は
 大家・警察は、エアビーさんを
 エアビーさんは、借りる人を
訴えるという形ですね。

エアビーのサイトの説明欄にも、「この内容に同意して、サインをしていただけない場合は、部屋を貸しません」と書いておくこと。

仮に、それを読まないで、遠方から来た場合でも、支払いが無駄にするのならと気軽にサインしてくれるでしょう。

隣人の怒りが爆発する前に 2020/10/04(日) 14:12:32
さっと潜ってみると関連法律事案がヒットしましたが、法的にはartículo 7 de la Ley de Propiedad Horizontalが関与するようですね。

“Demandar al propietario por las actividades molestas del inquilino”
https://www.mundojuridico.info/demandar-al-propietario-por-las-actividades-molestas-del-inquilino/

隣人の方々の怒りが更に拡大する前に解決策として「予め交わした約束を守らない客は即時退去させる」とレンタル契約書に付け加え、言うことを聞かない客は本当に退去させたらどうですか。

>ルールを守らないゲストが罰金を科せられても私たちにとっては何の問題もないのですが
これはちょっとどうですかねぇ...もし迷惑を掛け続けられている隣人の立場だったら頭にきますよ。

騒音探知機 2020/10/04(日) 15:41:17
トピ主さんの質問の解答ではないですが、今さっきテレビのニュースでairbnbの騒音探知機について言ってました。タイムリーだな、と思ったので。おそらく、宿泊者による近隣住民への騒音被害はよくあることなんでしょうね。

https://amp.europapress.es/catalunya/noticia-airbnb-promueve-detectores-ruido-casas-prevenir-molestias-vecinos-20201002105932.html

カチョンド 2020/10/04(日) 16:58:03
もうねAirbnbは他の住人にとっては大迷惑でしかないですよ。こんなのは許可しないでみんな外で頑張って仕事しましょ。

ムルタ 2020/10/04(日) 17:12:12
お恥ずかしながら…自分が住んでいたpisoで、友達らとどんちゃん騒ぎのパーティーをして、隣人に警察を呼ばれて、罰金を支払ったことがあります。所有者にはお咎め無しでした

気になる 2020/10/04(日) 17:52:11
私はトピ主さんの隣人の状況です。いい加減にしてほしい...
警察は呼ばず午前2時まで待ってから直接苦情言いに数回行きましたが。
もう一軒の隣人はパレハもしくは家族にしか貸さないようにして騒音対策してるようです。

隣人 2020/10/04(日) 18:58:52
迷惑を掛けられている隣人の立場です。

この夏は、朝方まで音楽をかけて続くフィエスタのせいで、熱いのに窓を開けて眠ることができなく、エアコンをつけっぱなしで寝ました。それでも、漏れ聞こえる叫び声や笑い声で寝られず、辛い夏でした。スペイン人が多かったんですね。なんとなく納得です。何日も眠れない日が続き、結局、同じピソの住人が警察を呼んで騒音はぴたりとやまりました。
私たちの場合は怒りはどんちゃん騒ぎをしている本人たちだけでなく、大家に向かいました。そこから収入を得ているので責任を持つのは当然だと思います。

エアビーさんたちが努力されているのはわかりましたが、

>ルールを守らないゲストが罰金を科せられても私たちにとっては何の問題もないのですが

こんな気持ちで貸しているのであれば、やめて欲しいと思うのは私だけではないと思います。

毎回新しい人が来てフィエスタをするたびに眠れなくて警察を呼ばなければいけない隣人の気持ちを考えてみてください。

2人以上のグループには貸さないとか、騒音を出したら即刻退室させるとかの契約書にサインしてもらうとかいろいろな方法があると思うので、積極的に隣人の苦しみを取り除いて欲しいと思います。

エアビー 2020/10/04(日) 19:47:36
たぶんさん
契約書のアイデア、とても参考になりました。次回の予約からやってみようと思います。詳しくご説明下さってどうもありがとうございました。
隣人の怒りが爆発する前にさん
ご丁寧に調べて下さってありがとうございます、その項目も契約書に加えれば抑止になりますね。参考にさせていただきます。ゲストに罰金が課せられても構わない、というのは私たちが散々注意してもルールを守らないゲストに関しては私たち自身が警察に連絡したいくらいでして、散々通知しているにも関わらず無視して騒ぐなら罰金支払わせるなりのそれなりの措置を取りたい、という気持ちなのです。
騒音探知機さん
Airbnbに相談したところ、Airbnbでも検索でフィエスタのフラグを外した上でフィエスタは禁止、違反したゲストには法的措置も取るとのことでした。リンク、見てみます。どうもありがとうございました。
カチョンドさん
住民の方に迷惑をかけない方法を探しています。
ムルタさん
コメントありがとうございます。私たちのケースは短期貸しなので大家の責任の度合いが違うかもしれません。
気になるさん
コメントありがとうございます。確かにパレハと家族はトラブルが少ないですね。ただ嘘をついて後から予約人数以上の人を入れるケースも多々あり、手を焼いています。
隣人さん
ピソの住民の方たちへご迷惑をかけているのは当然理解しており、大家に責任があるのもわかっています。私たちなりに努力はしたのですがルールを守ってもらえないケースが後を絶たないので、なんとかいい解決法がないかと今回ここでご相談させていただいたのです。コメントありがとうございました。


追加発言は締め切られました。
WwwLounge Ver2.16

e-mail address: info@arrobaspain.com
Copyright (c) 2000-2021 @Spain all rights reserved.

@Spainのトップに戻る