バルセロナ パレハデヘチョ



[スペイン探偵局に戻る]
ななこ 2020/08/16(日) 23:46:46
こんばんは。
今現在バルセロナに学生ビザにて在住しており、11月にビザが切れる前にパートナーとパレハデヘチョをすることになり、色々調べています。
ここ数ヶ月以内で、スペイン(バルセロナ)に在住しつつ、パレハデヘチョで必要になる書類を日本から入手し手続きをした方はいらっしゃいますでしょうか?
サイトを調べてても、はっきりとした記載がないので、ここの掲示板でお力を頂ければと思うのですが、必要な書類は、戸籍謄本、出生証明、独身証明、エンパドロナミエント、パスポートのコピーで間違いないでしょうか?また、日本から戸籍謄本を取り寄せたら、バルセロナの在スペイン領事館にてアポスティーユスタンプの申請及び出生証明と独身証明を発行して頂けるという解釈で間違いないでしょうか?
これらの書類を持って、notarioに申請に行くという流れで間違いないでしょうか?また差し支えなければどのように公証人をお探しになったのか教えて頂けると幸いです。
質問ばかりですみません。周りにパレハデヘチョをした人がおらず、分からないことが多いので情報を得られればと思っております。
宜しくお願いします。

1月末ですが 2020/08/17(月) 20:58:05
私は1月末にバルセロナにてスペインでないヨーロッパ圏出身の人とパレハを取り、来月にはNIEカードをもらえる予定の者です。

私のケースではななこさんのおっしゃる書類のほとんどが必要なかったので書いておきますね。
notarioはNotaría Elisabeth García Cuetoにお願いしました。何件か問い合わせしましたが、返信が早かったためこちらにお願いしました。書類を送って翌週には面接できました。
必要書類は
・Empadronamiento
・パスポート
・NIEカード
・独身証明
だったのですが、問い合わせ時に独身証明は今ないから必要ならもらってくると伝えたきり、結局独身証明は出さなかったです。

これらを事前にメールで送って、当日も持っていき、1ヶ月くらいでパレハがおりました。
費用は150-200ユーロ と言われていたのですが、実際に払ったのは120ユーロ くらいだったと記憶しています。
パレハが取れた後は、なかなか予約が取れなかったため、弁護士に頼みました。

お役に立ててれば嬉しいです。

ななこ 2020/08/18(火) 17:35:12
お返事ありがとうございます!!
色々なパターンがあるのですね。。。
私も同じ方に連絡してみようかと思います。
貴重な情報共有ありがとうございます!


追加発言は締め切られました。
WwwLounge Ver2.16

e-mail address: info@arrobaspain.com
Copyright (c) 2000-2021 @Spain all rights reserved.

@Spainのトップに戻る