不妊治療の体験談



[スペイン探偵局に戻る]
こんにちは 2020/08/06(木) 21:26:06
こんにちは。

年齢の不安もあり公立の待ち時間を待てず、
プライベートのクリニックで不妊治療をしています。

検査の結果、そのまま顕微(ICSI)にすぐ進むことになり
諸々の検査や問診、精子採取の手術や、採卵、
凍結卵の解凍、受精、移植までで9,000ユーロ。

着床しなかったため、残りの卵子を解凍し
受精〜移植までを次期周期で6,000ユーロを予定しています。

評判が良かったので、多少の高額は仕方ないと考えクリニックを決めた自己判断ですが、

自身の受精卵の質の悪さを知り、
次の移植にも不安が募り、うまくいかなければ
採卵からやり直しと考え出すと
今後いくら費用が掛かっていくのかと先の見えないトンネルにいるような気がしています。

今周期でうまくいかなかった精神的なショックで
一時的にふさぎこんでいる部分も大きいと思うのですが
スペインで不妊治療された皆さんの
費用面でのご経験や、メンタルの保ち方の工夫など
ご意見頂けないでしょうか。

なかなか、周りに話せる話題でもないので
いつもお世話になっている掲示板で
皆さんとお話できたら、幸いです。

SS 2020/08/07(金) 12:48:40
不妊治療はまさに出口の見えないトンネルですよね。着床の確率だって3割ぐらいだったりするのに、可能性が3割しかないと思うと絶望的になりますが、3割もあると思わないと精神的に戦えません。着床したからと言って無事に出産に至るかはまた別のお話ですし。

私自身はSSでの不妊治療の1度目で子どもを授かったので費用がかかっておらず(最初の流産から5年かかって母になりました)それ以上言うことはありませんが、メンタル面をヘルシーに保つのは難しかったです。友人に会いたくなかっただけでなく赤ちゃんを見るのも妊婦さんを見るのも避けていました。不妊治療は一度限りと決めていました。体への負担が大きく情緒も不安定になったので。子どもがいない人生はそれまでと変わらないわけですし、子どもがいないことで失わない自由がありますから愛し合えるパートナーがいるんだから子どもがいなくてもいいと夫婦で話し合いましたが、私より夫が子どもがほしかったのでできれば父親になりたいと言う夫の願いを叶えてあげたいと言う気持ちはずっとあり罪悪感をました。罪悪感ですね。
旦那さんとよく話をされていますか?ご自分の気持ちを旦那さんに打ち明けた方がいいです。旦那さんの気持ちを聞くことも大事ですよね。

不妊治療の時期が重なった友人がいたので悩みなどが直接話せたのが精神崩壊しなかった要因だと思います。年齢を気にする方に治療中の方が多いと思います。日本で治療を数年間していた友人2人は断念しました。1人は軽い鬱になったのか数年間引きこもりになりました。2人とも40歳をリミットにしていたようでした。その数年後、私の同級生2人が42歳で子どもを産んだので、いろいろ思うこと(あの人たちももう少し頑張ればもしかしたら子を授かっていたかも知れないとか)がありましたが、こればかりは誰にもわからないことだと思います。IVI で30回ぐらい体外受精(顕微授精かも知れません)を繰り返して出産した人の話を当時そのクリニックに通っていた友人から聞きましたが、費用面でも肉体的にも精神的にも不妊治療はそんな回数できるものではないように感じましたが、諦めなければ産めるというクリニックの伝説みたいなものでしょうか。

現実的な話を書きます。ご存知だと思いますが、卵子の質がよくないが、出産を経験したい願望が強い場合ドナーの卵子による体外受精(顕微授精)の方法があります。45歳までの母体では高い確率で出産までいっているようです。ドナーの卵子で出産した人を数人知っています。高額な治療を数年続けた後の最終手段だったようです。1人はシングルマザーのため、精子も精子バンクのものでした。親と遺伝子的には親子のつながりはありませんので、そこにこだわるならやめた方がいいとは思います。子どもの「出自を知る権利」もあるので、個人で判断しなければいけないのですが、方法としてこういうのもあるので一度考えてみてもいいと思います。

遺伝子的なつながりを気にされない場合、不妊治療中のカップルで養子縁組の手続きを平行して行う人たちも珍しくないです。ご存知のようにスペイン社会では人種に違う明らかに養子のいる家族も珍しくありませんし、同性愛カップルでも子どもがいる場合もあり社会は日本より多様化してオープンだと思います。

スペイン人は不幸話などそんなに話題にしてこないと思いますが、自分からこういうことがあったというと、その人やその家族、友人に起こった似たお話をしてくれる人が多く、つらいのは自分だけじゃないという話は励みになりしっかりしなくちゃなと思いました。

長くなりましたが、時間との戦いで焦る気持ちもあると思いますが、コロナ禍でバカンスにも気軽には行けないかも知れませんが、バカンスモードで治療のことなども忘れて精神状態をリセットした方がいいと思います。最近知り合ったスペイン人は初産43歳、46歳で2人目を産んだばかりです。私はこの事実を知って2人目を産めるかもと一瞬思いましたが、私は子1人を大切に育てていきます。

どうかトピ主さんの願いが叶いますように!

長文失礼いたしました。

経験者 2020/08/07(金) 14:25:32
アドバイスとしてよく言われるのは、治療の回数や年齢など、自分の中でリミットを決めておくことかと思います。

私もSSで順番待ちの間に私立の病院で採卵一回、移植三回目で妊娠し出産に至りました。もし行き詰まっておられるなら、鍼灸を試してみるのはどうでしょうか。私は治療中から出産直前まで婦人科専門の鍼灸に通い、最終的には安産で元気な子供を出産しました。

こんにちは 2020/08/07(金) 21:02:44
SSさん

ありがとうございます。
ご丁寧に色々ご体験や想いをありがとうございました。

寄り添っていただけ、心が少し楽になります。
気分の浮き沈みが激しいので
落ちているときに、こちらの掲示板に頂いたコメントを見返して
精神安定剤としたいと思います。
どうしようもない虚しさに襲われて辛い日が続き助かりました。

こんにちは 2020/08/07(金) 21:05:26
経験者さん

ありがとうございます。
年齢などで期限を決めること今は考えたくないですが
先もきちんと考えながら、その分、
毎周期、無理をしないで妊娠のために頑張りたいと思います。
鍼灸のオススメもありがとうございました。

SS 2020/08/08(土) 00:47:56
そう言っていただけてうれしいです。こちらはつらい経験をしようやく他の方の痛みがわかるようになりました。ですからつらい経験も何かプラスになると思います。

経験者さんのコメントを拝見して思い出したのが、すっかり忘れていましたが私も2週間に一度の頻度で鍼灸に通いました。子宮にお客様(すなわち赤ちゃん)を迎える準備をするための鍼を打っていただいていました。

それと子どもを産むまでが大変なことだと思っていましたが、生まれたらそれ以上に大変でした。睡眠不足とお風呂に入る時間もなく3、4日入浴できなかったり。ですので、今頑張りすぎて燃え尽きないようにどうにか気を紛らわして頑張ってください。応援しています!

こんにちは 2020/08/09(日) 09:43:06
SSさん

ありがとうございます。
治療を始めてみると、思ってたより周りに不妊している人がいることを知り、
また、どれだけ辛いことか、身をもって知ることができました。

次期周期に備えて体力づくりとリラックスしたいと思います。

毎日、生活している中でふと急に不安になるのですが、
主人も支えてくれるので、
主人と過ごせる一日一日も、ありがたいと感謝の心を忘れないようにしたいです。

気持ち分かります 2020/08/14(金) 10:18:09
私も30代後半で焦りもあり、金銭的にも不安です。
こういった掲示板スレッド、
一人ではないと気づき、他に頑張っている方を近くに感じ助かります。

一人目不妊 2020/08/16(日) 13:03:49
足掛け5年ほど不妊治療をしました。
金銭的にもかなり使いましたが、夫婦で働いていたのでなんとか支払い続けました。
結局、顕微授精3回目で妊娠、出産しました。

2年後に自然妊娠で二人目を出産しました。

今思えば、不妊治療中は、自分の体の器量以上にあっちへ行ったりこっちへ行ったり活動して働いて遊んで、、動いていたな、と思います。
ゆったりと健康的な生活で、治療ができるといおですね。

一人目不妊 2020/08/16(日) 13:05:13
トピ主さんのお気持ち良くわかります。

不妊治療、上手く行きますように応援しています。

こんにちは 2020/08/23(日) 22:11:13
不妊治療の仲間の方と交流できてありがたいです。
先が見えないですが、今も大切に過ごしながら
不妊治療と付き合えればと思います。
あっという間に年齢も重ねますし、後悔しないように。


追加発言は締め切られました。
WwwLounge Ver2.16

e-mail address: info@arrobaspain.com
Copyright (c) 2000-2021 @Spain all rights reserved.

@Spainのトップに戻る