離婚問題 スペイン人妻 日本人夫 子供生まれ育ち日本



[スペイン探偵局に戻る]
お願いします [E-Mail] 2020/03/26(木) 05:33:32
質問内容は離婚と親権についてです。
夫35歳日本人の会社員 妻34歳スペイン人の専業主婦 2歳の息子 3人とも日本在住
妻が子供を連れて家出しました。その後、離婚の話になりました。
夫は離婚したくありません。
今後の流れと子供の親権についてどのような流れになるか教えて下さい。

おだんご 2020/03/26(木) 11:04:33
知っていることだけ書きますね。

日本とスペインとでは手続きは連動していません。
スペインで離婚したが、日本では離婚しないままで何年もほっておいた。
その逆のケースも知っています。

離婚したくないのであれば、日本では勝手に離婚届を出されないように、
離婚届不受理申出書を提出するといいです。
長年別居したままだと、離婚状態とみなされることもあるようです。

スペインでは離婚には弁護士を入れないといけません。お互いに同意していても。
子供の真剣や養育費など細かいことを決めての離婚になり、合意してない場合は長くかかるといいます。
お金もかかります。ですからとピ主さんを入れずに進められてしまうことはないとは思いますが、
日本にいらっしゃるので、奥様がスペイン側で勝手に離婚手続きを弁護士などを使ってやってしまうかもしれません。
(合意の場合ですが、片方が日本にいるまま、こちらで手続きをした夫婦を知っているので、可能だと思います)

日本はハーグ条約に加盟したので、国際結婚で勝手に奥様が海外へ子供を連れ去ることは禁じられています。
奥様がこれを知らず、もしくは知ってても激情に駆られ、
スペインへ子供を連れて帰ってしまう可能性があります。
(刺激しないように、知っているか探りを入れてみるのもいいかもしれませんが、怒らせても怖いですね)


離婚後はスペインでは子供の父親の会う権利が広く認められ、子供の父親はいつまでも父親だという考えが幅広く定着しています。
会う頻度はさまざまです。週の半分ずつ、もしくは隔週で交代。週末だけなど。
日本の会社員で平日は残業が多いならば、毎週末だけ子供を預かるという形もありだと思いますが、2歳では母と離れるのはまだ小さいですね。
子供と会う権利を利用して、週に2-3回夕食を一緒にたべる時間を設けるなどはいかがですか?

養育費もきちんと裁判で決められます。子供がちいさければスペインでは18歳になるまで母親と子供が住む住居分援助します。
(父親とほとんど会わせない女性が多い、養育費も払わない、子供の面倒も見たい男性が多い、日本の離婚とはだいぶ違います)
ただこれはスペインの話です。

すぐに子供を連れて行動することはないと思いますが、
離婚問題ももちろんのこと、奥様は海外で専業主婦で心細い思いもしてらっしゃると思います。
スペインに戻ってしまわないように、落ち着いて話し合いができるように。
奥様の状態も心配してあげてくださいね。そこから話し合いが始まると思います。
うまくいきますように。

おだんご 2020/03/26(木) 11:06:33
>父親とほとんど会わせない女性が多い、養育費も払わない、子供の面倒も見たい男性が多い、日本の離婚とはだいぶ違います)

子供の面倒も見ない男性、の間違いです。
反対の意味になってしまいました。

通りすがりのおっさん 2020/03/27(金) 07:01:19
どのような理由で出て行かれてしまったのでっしょうか?
理由により、分かれることになるかならないかが決まるともいます。
スペインの女性は、日本人の男性から愛を感じられないと、疑心暗鬼になり、精神不安定になり、簡単に別れを切り出してきます。というか、私の妻はそうでした。
実際に、我が家でも・・・仕事から帰ったら、壁にものすごい量のメッセージが書き記されて、もぬけの殻。
その後、20時間後にフランスにいると・・・これからスペインへ戻ると連絡が来ました。
さらに、もう分かれる!日本には帰らないとのことでした。
私は、すぐにスペインへ飛び、たくさんの話をしました。
私が帰国した後、おだんごさんが言われている通り、スペインでは、父親が子供に会うための権利などしっかりと保証されているので、定期的にSkypeで子供には会うことができました。
それから、半年かけて説得し、幾度かスペインを訪れ、私自身の誠意を見せて、再び、日本で暮らすことになりました。
事情はわかりませんが、しっかりと愛を見せることが大切だとおもいますので、同様の事例であれば、ご自身の思いを伝え、行動に起こすことが重要だと思います。
まずは、私もそうでしたが、親権うんぬんの前に、お子様、奥様の幸せが何なのかを考えることが先のように思います。というより、私がそうでした。

ちなみに。
子供の親権についての争うのであれば、まずは、弁護士に相談することから始めてください。ただし、後には引けなくなると思いますので離婚したくないのであれば、注意してください。なんせ、感情的になってしまうとどうにもなりません。
多分、まず、ハーグ条約に基づき日本へ差し戻すという行動をとることになると思います。
そして、日本で裁判です。が、子供が2歳なので、スペインに帰っても子供の教育や生活に支障がないとかんがえると、日本の裁判で男性が親権をとるのは難しいと思います。
反対に、スペインでは、なにもなければ離婚後も親権が共同になるので、例えば、子供が海外へ出る際の保証などもいちいち、父親に対応を依頼されます。
なので、うちの場合は、家族がスペインへ戻っていて、パスポートを作成する際に、私からの承諾書が必要であることがわかり、母親が一緒にいるのに、なぜに私の承諾が必要なのかと不思議に思ったものです。
ということは、ということで、離婚すると、高い確率で、日本では親権は無いけど、スペインではあるという不思議な状況になるのかと思います。
ただ、日本とスペインだと遠いのでね。簡単には会えません。

状況が似ているので、直接お話ししてもよいですし、妻から、そちらの奥様からいろいろとお話を伺うのもかまいません。
必要であれば、おっしゃってください。

お願いします [E-Mail] 2020/03/27(金) 13:31:41
お団子さん、通りすがりのおっさんさんありがとうございました。
ぜひお話を聞かせていただきたいのでお時間があるとき教えて下さい。

お願いします 2020/03/29(日) 03:14:52
通りすがりのおっさんさん、メールで返信いただけると助かります。


追加発言は締め切られました。
WwwLounge Ver2.16

e-mail address: info@arrobaspain.com
Copyright (c) 2000-2021 @Spain all rights reserved.

@Spainのトップに戻る