成績証明書 授業時間数について



[スペイン探偵局に戻る]
きえ 2019/12/12(木) 06:16:42
オモロガシオンする際、大学の成績証明書に授業時間数が載ってない場合はどうしたらいいのでしょうか。
大学の学則?に下記記載あったのですが、

_______________
単位計算方法
第33条
各授業科目の単位数は、1 単位の授業科目を 45 時間の学修を必要とする内容をもって構成するこ
とを標準とし、授業の方法に応じ、当該授業による教育効果、授業時間外に必要な学修等を考慮し
て、次の基準により単位数を計算する。
⑴ 講義については 15 時間の授業をもって 1 単位とする。ただし、別に定める授業科目については
30 時間の授業をもって 1 単位とする。
⑵ 演習については 30 時間の授業をもって 1 単位とする。ただし、別に定める授業科目については
15 時間の授業をもって 1 単位とする。
⑶ 実験、実習および実技については 45 時間の授業をもって 1 単位とする。ただし、別に定める授業
科目については 30 時間の授業をもって 1 単位とする。
_______________

これ利用できたりしますか?また、ホームページに「各授業はセメスター制を採用しており、授業科目は春学期または秋学期の各学期をもって完結します。授業時間は1時限90分で、例えば4単位の講義科目であれば、90分の授業が週2回行われます。また、コア必修科目をはじめとする演習科目では、2単位で週2回の授業が行われ、単位の実質化を図っています。」とあるのですが、これを別途書面作成して学校のハンコ押してもらうとかではダメなんですかね?

オモロガシオンされた方で成績証明書に授業時間数が載ってなかった方、どうされたのかご教示頂きたいです。宜しくお願いします。

にこ 2019/12/12(木) 11:45:12
何年も前にしたことですが。。。
私は履修要覧の中から関係しそうな文章があるページをコピーして、大学の印を押してもらい、それを自分でスペイン語に訳して、スペイン大使館で翻訳証明を付けてもらいました。
以下、私がオモロガシオンの際に提出した物です。
1. 卒業証明書(公印確認+領事認証)
2. 成績証明書(公印確認+領事認証)
3. 学校証明書(アポスティーユ)
4. 教育課程表(公印確認+領事認証)
5, 学則の一部(公印確認+領事認証)
6. 授業時間(公印確認+領事認証)
全ての書類のスペイン語訳と大使館の翻訳証明。

何が必要か私もわからなかったので、卒業に必要な単位の説明やら、時間割の表やら、とにかく関係しそうなところを抜粋して提出しました。

きえ 2019/12/12(木) 12:13:43
にこ さん

早速のお返事ありがとうございます。
やはりそうなりますよね。学則の一部とのことですが、そのページに、授業時間とか単位に関係ない記載があったとしてもそれをコピーして大学のハンコ押してもらいましたか?それとも関係あるところだけ抜粋しましたか?また関係ない記載があるところも翻訳しましたか?関係あるところだけですか?

質問多くて申し訳ないです。ネットに情報が少なく困っています。。。お返事宜しくお願いします。

にこ 2019/12/12(木) 12:31:48
1ページの中には関係ない部分もありましたが、そのままコピーして、訳すのは必要な部分だけ訳しました。
項目に番号(1-1のような)が付いていたので翻訳箇所は分かってもらえたと思います。
また、表になっているものは、同じ形の表を作って訳しました。

きえ 2019/12/12(木) 13:12:55
にこ さん

はたまたお忙しいところ早速なご返事ありがとうございますm(._.)m そうなんですね。ありがとうございます。また、シラバス(授業内容、授業プラン)のコピーは大学のハンコ要りますか?不要ですか?シラバスは外務省とかのハンコは不要ですか?大使館の領事認証だけですか?

きえ 2019/12/13(金) 01:26:04
学則の一部をコピーして大学のハンコを押してもらったとのことですが、直接そのコピーにハンコ押してもらいましたか?それとも「これは○○大学の学則に記載された内容であることを証明する」みたいな別途書面作成しましたか?

にこ 2019/12/13(金) 11:48:18
要覧抜粋のコピー全てにハンコ押してくれましたよ。
本物の複製です、というハンコと大学のハンコの2つ。
あと、“講義内容等に関する証明書”のようなタイトルで別紙カバーレターを作成してくれました。(日本語だったので、これもスペイン語訳して翻訳証明つけました)

上でも書きましたが、外務省の公印確認と大使館の領事認証の両方必要です。
日本国内の文書を外国で通用する文書にするためです。
公文書には直接アポスティーユですが、私文書には公印確認+領事認証です。
この数年に変わっていなければ、ですが。。。

オモロガシオンしました 2019/12/13(金) 11:49:28
大学側は各授業科目の成績と取得した年度を示した成績表を英語版で作成するのは一般ですが、更にその単位に必要とした時間欄を追加したスペイン語翻訳版を作成してそれの翻訳証明書とアポスティーユ認証してもらえばスペイン教育省のあなたの書類審査者にとって有利になると思います。なぜならスペインで1単位に取得する時間数は日本より少ないので日本の1単位はスペインの1,5もしくは2単位に相当する可能性が高く、できるだけあたなの取得した単位を高く認めてもらわないとあとでかなりの単位をスペインの大学で履修しなさいといわれかねないので。ではでは

きえ 2019/12/15(日) 12:35:10
にこ さん

ご返信ありがとうございます。はんこ2つ押してもらえまんですね。ちょっと、いろいろ準備できたら大学に聞いてみようと思います。

オモロガシオンしました さん
その手がありましたか。英文からスペイン語に翻訳するときに時間数を追記すればいいんですね。やってみようと思います。

ありがとうございます!


追加発言は締め切られました。
WwwLounge Ver2.16

e-mail address: info@arrobaspain.com
Copyright (c) 2000-2021 @Spain all rights reserved.

@Spainのトップに戻る