ワクチンを受けますか?



[スペイン探偵局に戻る]
ワクチン 2021/03/24(水) 23:37:10
カタルーニャ州では、先週から、60〜65歳の一般の人がワクチンを受けられるようになりました。
「えっ?!」と驚いているのは、何も知らない私だけでしょうか。
高齢者の方々は、ほとんど、接種終了したのでしょうか???
とにかく、対象年齢の移動が、予想より早いのでびっくりしました。(絶対、計画より遅れると思っていましたから)

ところで、皆さんは、ご自分が接種対象になった場合、希望されますか、それとも、接種しませんか?
既往症がある場合は別として、ほぼ健康体であるとするならば、ワクチン接種をどのように受けとめていらっしゃるでしょうか。
日本人として、また、スペイン人の家族や成人した子供はどうするべきか、皆様のお考えを拝聴できれば、大変、参考になります。
宜しくお願いいたします。

年金生活者 2021/03/25(木) 02:30:04
私は、受けます。本当は、日本で受けたいのですが、日本に住民票がない為、そもそも無理かなと。ワクチンを接種しないと、日本への帰国も難しくなりそうですよね。ワクチン接種拒否者名簿をEU内で共有するとか、ワクチンパスポートが無いと飛行機にも乗れなくなりそうだとか、色々な噂が出て来ているので、スペインで打たざるを得ないかなぁと思っています。
あの大きな外国人(私の方が外国人?~笑)とこのチビのアジア人お婆あが同じ分量のワクチンを打つのって不安です。副反応が酷くても、私のスペイン語では対応不能。とっても怖いのですが、その時はその時と、腹を括って受けます。
しかし、カタルーニャは早いですね〜!ここアンダルシアは、どうなっているのかサッパリ分かりません。その内、案内が来るというのですが、私のように社会保険ではなく、個人の健康保険加入者の日本人なんて、いつその順番が回ってくるのやら…
私も、皆さまの意見が聞きたいです!

必ず受けます! 2021/03/25(木) 09:29:47
ワクチンさん、
同じくバルセロナ在住です。先週から、60〜65歳の一般の人がワクチンを受けられるようになったことをどうやって知られたのでしょうか。何か通知が来るのでしょうか。よろしくお願いいたします。

カブトムシ 2021/03/25(木) 09:52:43
50代後半の男性です。私は強制されない限りワクチンを受けるつもりはありません。第一にアレルギー体質であること、またワクチンの安全性に疑問があるからです。調べた限りでは、このmRNA というワクチンは全く新しいもので、その安全性が長期的には何も分かっていないそうです。それ以外にも数々の疑問があります。その辺が全てクリアになるまでは受けるつもりはありません。

みかん 2021/03/25(木) 10:15:43
>60〜65歳の一般の人がワクチンを受けられるようになったことをどうやって知られたのでしょうか

新聞で何度も報道されてますね。

私も50代の女性ですが、アレルギー体質、心臓の持病持ち、小さい頃から血行の問題があるし、数年前に血がどろどろと診断されたことがあるなどの人間なので、ワクチンは受けないと最近決めました。人とほとんど接ない生活をしてるので感染の可能性もかなり少ないと思うので。

知りあいの日本人男性は受けると言っていました。旅行に行きたいからと。ワクチンの安全性も心配だが、統計として割合がものすごく少ないし、特に男性は少ないという数値が出ているからと。(亡くなった方は女性の方が圧倒的に多いようですね)
宝くじみたいにあたったら運命と思うしかないと言っていて、たぶんあたらないと考えて、受けると言っていました。ただこの方も今は受けないと言っていて、受けるのはもっと先にするそうです。

静観 2021/03/25(木) 11:16:32
私の周囲は、順番回ってきても受けないと言っている人多いです。
ですが、私自身はまだ迷っています。日本に行くときにワクチン打ってないと入れない、的な規制ができた際は受けるかもしれませんが。でも、子供には打たないわけですよね。大人だけパスポート等で規制しても意味があるのかどうか…。
一方でワクチン打っても半年程度しか効果がないという話もあったり。情報が錯そうしてて、選択に躊躇してるのが現状です。
実際40代以下でも、医療従事者、教師、警官の人は、もう順番が回ってきて、ワクチンを打ってる人が周囲でもかなりいます。全然大丈夫だったと言っている人がいる一方、アストロゼネカを打った日の夜中に救急に行く程度の副反応が出た話も聞きました。
一方で、コロナに感染して、軽症で済んだ人もいれば、重症化して入院した人の話も聞いてしまうと、いざ発症した際に自分がどちら側になるか分からないというのは、怖くもあります。
というわけで、順番が回ってくるまで、しばらく静観です。

お祖母ちゃん 2021/03/25(木) 11:33:23
70歳代のおばあちゃんです
私は年相応の細かい持病はいろいろありますがワクチン接種、受けます。
先日、悪寒、微熱、筋肉痛その後、下痢が三日間ほど続き、さすがに怖くなり、主治医に連絡を取りその日の午後にPCR検査を受けました。
結果は陰性でしたが、あの時の怖さを味合うのはもうごめんですね。(笑)
聞くところによると70歳以上の人にはアストラセネガを使わないとか。。。
どっちにしても、接種を拒否してドキドキするより、一か八か接種を受けて開き直りたいと思ってい余す。
でも、それは個人個人が体調、環境、信条に合わせ決める事だと思います
全てが解決されて、穏やかな日々が送れるようになりますように

副作用は心配 2021/03/25(木) 11:59:16
50代の方だとスペインではアストラセネガのワクチンなのでモデルナやファイザーのmRNAワクチンではなく、従来型のワクチンです。確か65歳未満か以下かは覚えていませんが、その年齢までアストラセネガのワクチンにすると先日発表があったと思います。

40代の家族が感染リスクの高い仕事なので既にアストラセネガのワクチンを数週間前に受けました。1度目なのでそろそろ2回目の接種があると思います。40度近い熱が出て体が痛いと言っていました。2日も経たずによくなりましたが、その状態で働いていたので大変でした。

受けま… 2021/03/25(木) 13:27:32
>でも、子供には打たないわけですよね。

モデルナが生後6か月から12歳未満の子どもを対象に治験を始めたので、
そのうち子どもも対象になりそうですよね。

ガリシアでは正当な理由なく接種を拒否すると罰金対象になるという話を聞きましたが、
最終的にはガリシアのように半強制接種になりそうな予感がします。

ワクチン 2021/03/25(木) 13:36:16
必ず受けます! さん
60〜65歳の一般の人がワクチンを受けられるようになったことは、新聞で知りました。
その前に、主人(62歳)のスマホに案内がきました。
そのサイトで日時を予約するのですが、これは、通知がきていない人でも入力すれば予約がとれます。
ちなみに、24日にアクセスすると、26日、29日が予約可能でした。
まだ、バルセロナ市内は1カ所だけなのに、こんなに早く予約がとれるものかと驚きました。

ワクチン 2021/03/25(木) 13:37:44
年金生活者さん
州によってシステムが違うのでしょうね。
カタルーニャ州は、本当に進んでいるのか、はたまた、計画倒れになるのか、まだ様子見ですよ。

カブトムシ 2021/03/25(木) 13:41:25
服作用は心配さん、50代はアストラゼネカですか、、、それはますますいただけませんね。今回のマラガの女性の件での政府発表は非常に不可思議でした。アストラゼネカのワクチンはブラジル、南ア、イギリスで治験が行われたらしいですね。奇しくも変異種が発生した国々です。

カブトムシ 2021/03/25(木) 13:41:26
服作用は心配さん、50代はアストラゼネカですか、、、それはますますいただけませんね。今回のマラガの女性の件での政府発表は非常に不可思議でした。アストラゼネカのワクチンはブラジル、南ア、イギリスで治験が行われたらしいですね。奇しくも変異種が発生した国々です。

カブトムシ 2021/03/25(木) 13:41:27
服作用は心配さん、50代はアストラゼネカですか、、、それはますますいただけませんね。今回のマラガの女性の件での政府発表は非常に不可思議でした。アストラゼネカのワクチンはブラジル、南ア、イギリスで治験が行われたらしいですね。奇しくも変異種が発生した国々です。

カブトムシ 2021/03/25(木) 13:43:09
同じメッセージが何度も送られてしまいました。ごめんなさい!

ワクチン 2021/03/25(木) 13:46:06
カブトムシさん
そうですか、今のところ、否定的なのですね。
私も副反応が心配です。
現在、カタルーニャで60〜65歳に接種されるのは、アストラゼネカのワクチンなのですけど、これは、mRNAではなく、ウィルスベータワクチンです。
mRNAは、ファイザーやモデルナです。
でも、いずれも、治験期間が短いので不安ですが、すべてがクリアーになるまでとなると、相当年数、待たなければならなくなるので、それも心配。。。

受けます 2021/03/25(木) 18:01:30
接種するかどうかは個人の判断ですよね。
私はアレルギーがありますが順番が来たら迷わず受けます。
家族・友人など昨年亡くなった人や罹患した(あるいは現在罹患している)人が周囲に沢山いるからです。副反応はインフルエンザワクチンでも出る人で出ますし、罹患した時の悲惨さや後遺症を身近で見ているので、罹患して重症化することより副反応が出る方がマシと思ってます。
また日本に帰国するのも、日本の家族も自分たちも接種してからと考えています。

みかん [HomePage] 2021/03/25(木) 19:40:17
ツイッターで知りましたが、カタルーニャでは
連絡が来る前に、自分で予約できるそうです。
上にリンク貼りました。

60-65歳は受けられると言っているけれど、
知りあいの68歳ぐらいの日本人は、まだ連絡来てないと言っていました。同じ年ぐらいのご主人も同様です。
ですから、バルセロナ市内でも住んでる地域によっても進み具合が違うかもしれません。年寄りの多い地区、少ない地区もありそうですしね。

みかん 2021/03/25(木) 19:48:59
受けますさんのように、
>家族・友人など昨年亡くなった人や罹患した(あるいは現在罹患している)人が周囲に沢山いるからです。
だと、そんな気持ちになるでしょうね。
私は周りに全然感染した人がいないんです。だから自分は受けようという気持ちが起きないんだと思います。結局、どっちも悪い結果になる可能性があるわけだから、そのどちらの可能性にかけるかという話のようにも思います。

今だに、どうして感染するのか、どうしてそんなに多いのか、どういう経路で広まっているのか、そっちが知りたいぐらいです。
最初の頃はすぐにみんなに感染してしまう病気・・と思ってましたが、1年たつと、注意してたら大丈夫な気がしてきてしまいますが、それは甘い考えでしょうか。
1年もたつから、もっと感染路や注意方法が判明して良いはずなのに、今だに不思議でしょうがありませんが、こんなに今でも増えているから、やっぱり感染力は強いんでしょね。変異種も出てきていますしね。

片山 2021/03/25(木) 21:06:03
ちょうど今60から65歳までのワクチンが足りてないとニュースで見ました。ほんとに必要な人を優先するようですね。誰でも受けられるのは当分先かと。EU離脱した英国にまんまと出し抜かれましたね(笑)

あんちわくちん 2021/03/25(木) 21:24:39
アレルギー体質なら仕方ないと思いますが、基本的にワクチンは公衆衛生のためなので、極論すると1人2人死んでも仕方ないけど、多数が助かればよし、のためです。欧米でも日本でもホメオパシー系の人などでアンチワクチン派目立ちますが、そのせいでイギリスで数十年ぶりにポリオが復活したと言う問題がありました。ネットの似非科学に騙されませんよう。アンチワクチン派に限って発信しまくってるので

ワクチン 2021/03/25(木) 23:07:25
みかんさん
>知りあいの68歳ぐらいの日本人は、まだ連絡来てないと言っていました。同じ年ぐらいのご主人も同様です。
先週から始まったワクチン接種再開は、ストップしていたアストラゼネカのワクチンを「60−65歳」を対象に使用するもので、それより高齢の方は、別途、最初のスケジュールに組み込まれているのではないでしょうか。

私の義母80代も、まだ、通知がなく、接種していません。
でも、62歳の主人には、通知がありました。

ねこ 2021/03/25(木) 23:14:57
20代 アレルギー持ち 既往歴なしです。
幸い、花粉やハウスダストのアレルギーなので受ける予定です。
職業上、日本との往復や他国に行く場合もあります。
また家族も仕事で頻繁に海外へ行ってます。
私がワクチンを受けないためにまわりにコロナを広めてしまったら後悔するので...
20代は時期的にはまだ先ですが連絡きたらすぐ受ける予定です

みかん 2021/03/25(木) 23:38:24
ワクチンさん

なるほど!
すごく納得しました。そういうことだったんですね。
友人の80代のお母さんは、ワクチンスタートしてすぐにうってました。
大丈夫なの?って聞いた時には1回目もう終わってました。
施設に入ってるので優先されたのかもしれませんね。

インフルエンザ 2021/03/26(金) 10:16:00
インフルエンザの予防接種を受けた後にインフルエンザにかかり酷い目にあったことがあるので、今回のワクチンにも非常に懐疑的です。
ワクチン接種すれば感染しないと思い込んでる人も結構多いようで、今後の社会がどうなるかも不安です。

ワクチン 2021/03/26(金) 10:40:31
>ワクチン接種すれば感染しないと思い込んでる人も結構多い
これ、大きな勘違いですよね。
あくまでも、発症を抑える、重症化を防ぐというのが効果ですから。

フランスで変異型が急増しているというニュースを読んで、セマナ・サンタに旅行者が押しかけてきそうなので、思い切って、ワクチン予約を受けようと予約を試みたのですが。。。。遅かりし。
バルセロナはもう予約できません。
24日にアクセスした時は可能だったのですが、皆様のお考えを伺って、状況を確かめてからにしようと思っておりました。

懐疑的な方、積極的に受けたい方、それぞれ、状況によって異なり、私も迷っておりましたが、変異型の急増というニュースに押されました。
でも、ちょっと、遅かったようです。

カブトムシ 2021/03/26(金) 10:59:03
今回のコロナウイルスは感染しても重症化する人もいれば、全く症状が出ない人もいます。多数の死者が出ていますので、決して軽く見ているわけではありませんが、そういう意味ではインフルエンザに非常に近いと思います。私はワクチンよりも、予防のための健康維持で免疫力を高めることが大切だと思っております。また、コロナに感染して症状が出た時の治療薬や重症化しないための抑制剤などが早く開発されることの方に期待したいと思います。

受けます 2021/03/26(金) 11:44:35
接種に関しての決断は個人の判断、ということを前提としてのコメントです。

私も職業業毎年インフルエンザワクチンを接種してましたが、しょっちゅう罹患していましたよ。しかし未接種で罹患した時よりも、接種した後の方が症状がマシで治りが早かったです。

元医療従事者で身近にコロナで亡くなった人がおりますので、参考にしていただければ。インフルエンザに近い…と思えなくて。
私の周囲で亡くなった非常に身近な方は、1人は50代前半、至って健康。
もう1人は70代前半ですが健康管理をしっかりされてて健脚、私より体力があるような方でした。病院に向かおうとしましたがあっと言う間でした。呼吸器疾患のある方以外であんなに急激に血中酸素飽和度が下がるケースは見たことがありません。(私は日本で呼吸器専門の病院で働いていました)

一度罹患した人はもう二度とかかりたくないと言ってワクチン接種を希望する方が多いですね

ワクチン 2021/03/26(金) 13:05:39
受けますさん
お話を伺って、やはり、早い時期に接種を決断すべきだったと後悔しています。

実はお隣の奥さんが教師をしていて、新学期開始時に教員の一斉PCR検査をしたところ、陽性とでて自宅療養していました。
2月頃には、娘さんに付き添われて、買い物などしている様子を見かけました。
ところが、現在は、数メートル歩くのがやっとという状態で、まだ、仕事に復帰できていません。

今回、バルセロナでの接種は、締め切ってしまったので、次回の入荷があるまでできないのかもしれません。
もし、どなたか、接種についての新しい情報をお持ちでしたら、この画面で、ぜひ、共有していただきたく、お願いいたします。

調査課長 2021/03/26(金) 15:16:48
https://www.facebook.com/photo/?fbid=5181565658585027&set=pcb.5181565715251688
ネット上で調べると、真偽はともかく、いろいろな情報が出ています。

ワクチン 2021/03/26(金) 15:45:49
メディアテラシーが培われていないと、いろいろな情報に惑わされてしまいますね。
かといって、公的機関からの情報が絶対に正しいとも言えませんし・・・難しいところです。

調査課長 2021/03/27(土) 10:39:30
難しいです。賛否両論があります。最後は自分で判断するしか手が無いです。https://note.com/mizukis/n/n5d37329285d6?fbclid=IwAR2T-d332ij3cUuOWoMWL6Vjk1QFPITdcSRAdVzrBkafyWlRXw_EB2TkxeQ

妊婦 2021/03/27(土) 12:17:56
この様な大勢の人が見る可能性のある掲示板では、どんなリンクが貼られても政府や関係専門機関各所発表の一次資料以外は信用しない事をお勧めします。公的機関や専門家を安易に、信用できない。というのも間違っていると思います。公的な一次資料にはそれなりの責任を負う必要がありますし、そこを信用できないのであれば、どんな情報も信用できないと言いながら信じたいものだけを信じる陰謀論者になってしまいます。日本語翻訳も正しいかどうか判断が必要ですし、判断できないのであれば、それも信用度は下がると思います。

私個人としては、難しいですね。妊婦なのもありややこしいので日本に住んでいたら打たないと言っていたかもしれません。しかしスペイン含めヨーロッパの惨状を体験してしまった現状、家族のために打つ。と言う判断になりそうです。どちらにせよ子供が産まれてから動くことになりそうです。それまでにもう少し情報が欲しいなと思っています。

ワクチン 2021/03/27(土) 12:34:29
妊婦さん
もし、私の投稿についておっしゃっているなら、釈明させていただきます。

私は「公的機関や専門家を安易に信用できない」とは言っておりません。
現状において、すべてが未知数の中、「公的機関からの情報が絶対に正しいとも言えない」と言いたいのです。
実際、当初、スペインでは「マスク不要」と言っていました。
現在は、真逆ですよね。
このように、故意ではなく、結果的に誤った情報が発せられることがあるからです。

公的機関からの情報は、専門家による結果でしょうがから、現在のところ、それを最優先に考えるしかありません。
ただ、同じ事象でも、スペインの公的機関と他国の機関とでは、判断が異なります。
そうなると、どれを信じていいのやら・・・・

カブトムシ 2021/03/27(土) 13:33:31
妊婦さんは恐らく調査課長さんの貼られたリンクについて言及しているのではないかと思います。私としてはいかなる情報でも無いよりはあったほうがいいと思っています。それら膨大な情報を自分なりに精査し考え、自分の答えを出すことが重要だと思うからです。

人類の歴史を見れば、国家(的なもの)が必ずしも人々の利益を考えて動いているわけではないことが分かると思います。そして、それは今も同じです(だから今でも戦争などがあるのです)。政府などの発表を何も考えずに鵜呑みにすることは危険なことだと私は思います。

妊婦 2021/03/27(土) 17:30:18
もしもどなたかが私の投稿についてそれは違う。と反論されたとお考えでしたら、そうではないので誤解と不快な思いを与えてしまい申し訳ありません。

私の投稿内容はあくまで一次資料を優先に、どんな情報も是々非々で参考にすべきと考えている。と言いたかったです。
ワクチンさん。コメントありがとうございます。マスク不要と言われていたのは私も覚えています。マスクを日常的に使用する習慣のある日本人には肩身が狭かったのであの時期は困りましたね。しかしそれも政府発表による公式の専門家のデータを添付した一次資料を元に、マスクは不要である。と言われていたわけではないと私は記憶しています。その後、マスクが必要な事に対しては、様々な検証データと共に必要だと発表する機関が増えたという印象です。そして私は旦那に、「ほら必要だって言ったじゃん。日本人のマスクを馬鹿にした事を謝れー」とふざけて言った記憶があります。

安易に政府発表を信じろ。とも一言も言っておりませんが、専門家による公式な一次資料を信じられない。というのも、では何を基準に情報を信用するのか?という事にもなりますのであくまでリアリスト的な視点で精査すべき。と述べたつもりです。
ニュースも新聞もそういう意味でどれを信用すべきか判断に困りますよね。政府がそう言っていた。という記事があれば、その記事元の一次資料を確認する以外に事実は何もわからないので話半分になってしまうのは、仕方がないと思います。

せめて心掛けるのは、自分の信じたい情報だけを信じるのではなく、全ては是々非々で、様々な方向からの見解を出来るだけ知り、確証のない情報は無闇に信用したり拡散したりしない。無駄な陰謀や思想に惑わされず、リアリストであることが家族を守る手段の一つだと考えています。

ワクチン。安全性がもう少しクリアに確保されて以前の様にマスクなしで思い切り外で遊びたいですね。

受けま… 2021/03/27(土) 19:48:53
自分の信じた情報以外の情報を信じる人を陰謀論者だと罵るのは、
戦時中大本営発表に反する事を口にした人たちを非国民扱いする事と変わりません。
自分こそがリアリストだと思えば他者を罵ってもいいということにはなりません。

SIP 2021/03/28(日) 03:06:15
バレンシア在住です。 バレンシア州では社会保険の方は全てSIPという保険証の様なカードを持っています。これがないとワクチン接種は出来ないようで、個人保険の方はワクチン接種の為のテンポラリーのSIPカードをを申請しないといけないようで、オンラインで申請しましたが、保健所から連絡がこないので、問い合わせのEメールを送ると。ナンバーを教えてくれてそれと必要書類をもって最寄りのCentro de Saludに行き、手続きを終えて晴れてワクチン用のSIPのカードをもらいました。これで私の名前が保健所に登録されているので、ワクチン接種の順番が来た時には連絡がもらえるようです。年金生活者さん、州によってルールが異なるとは思いますが、確認された方がいいですよ。私も個人保険の退職者(スペインでは仕事していません)ですが、自分で調べない限りバレンシアの保険局からは外国人のワクチン接種については、何の連絡も情報もSIPカードについても一切何の発表もありませんでした。私も65歳を超えているので、ワクチンは絶対に打つつもりでしたので、カードを事前に受け取れてよかったです。ちなみに私はバレンシア州の小都市に住んでいるため、現在こちらではまだ80代の方が接種を受けています。遅いですね、田舎なので。

Diego Armando Maradona 2021/03/28(日) 07:36:38
トピずれですが、下記のサイトよりお住まいの地域、ご自身の年齢を入力しますと、最初のワクチン接種時期の目安がわかります。
ご利用下さい。

https://www.omnicalculator.com/health/turno-vacunacion-covid-espana

みかん 2021/03/28(日) 08:15:37
Diego Armando Maradona さんの貼ってくださったリンク、すごい便利ですね!
50代の私は早速やってみたら、1年後で出ました(笑)!そんなに先なのか。
州が出ていないので参考にならないかも知れませんが、
1年もあとなら、今やらないと言ってるわたしも考えが変わってるかもしれませんね。。

波がある・・・ 2021/03/28(日) 09:14:20
カタルーニア在住、50代です。

実は、我が家の家庭医はまだワクチンの連絡がこない、と言っていました。彼女は最前線で患者さんに当たっているので、心配になりました。地方だからでしょうか?バルセロナはすごく進んでいるんでしょうね。
そしてカタルーニア警察は早々にワクチン接種は終わったけれど、そのほかの警察官(知人)に対しては独立派政府の立場からか拒否されている可能性もあるようだ、との噂でした。こういうことがあるんですね…。

調査課長 2021/03/28(日) 12:10:33
ワクチンは通常は10年くらい慎重に試験を重ねて、無害ということが分かってから商品化されるそうです。コロナは半年の突貫工事です。もちろん緊急事態ですから特例措置です。ただし結果は全て本人が負います。私自身はアロマオイルを日々愛用しているので、たぶんこれでコロナには感染しないのでは、と考えています。植物は動物と違い逃げることができませんから、ウィルスなど悪いものを殺す能力を持っているようです。薬草や漢方も同じです。

興味深々 2021/03/28(日) 15:46:18
今までのワクチンですら、重大な副作用が出た時にはワクチンのせいだとは中々認められることはなく、補償を受けることが困難であるのを見ているにもかかわらず、それが明日の自分になるかもしれない可能性は横に置いて公衆衛生のためと割り切れるのが凄いな、と思っています。しかも、この、出来立てのワクチンで。勇気ありますね。私は、自然にかかってしまったのなら運が悪かったと受け入れられますが、ワクチンで何かあれば受け入れられないので、打ちませんが、こういう意見も平等に受け入れられる事を願います。

ワクチン 2021/03/28(日) 16:48:13
私は、決して「公衆衛生のため」と割り切っているわけではないですよ。
接種によって、自身の感染リスクを低減できるということは、すなわち、家族をも含めてリスクを低減できるわけです。
そして、自身が発症・重症化しにくいということです。
これと、副反応の可能性とを天秤にかけるのは難しいので悩んでいるわけです。

私自身は、比較的、他人との接触が少なくてすみますので、感染予防をしっかりしていれば、とも思いますが、主人の仕事はそうではありません。
家族構成や状況によって、その重要度に各人、差があるとは思います。

ある程度の副反応が把握できるのは、おそらく、数年先になるでしょう。
その頃には、コロナも普通の風邪程度になっているかもしれないと、ある医師が話していました。
今は、数年先のことは考えられないので、現状で納得のいく選択をするしかありません。

調査課長 2021/03/28(日) 21:31:29
コロナワクチンには賛否両論があります。賛成意見は既に政府が出していますので、私はネット上で出ている反対意見に特化して、皆様にご参考としてお伝えします。私もよく分かりません。でもいろいろな意見を勘案した上で、自分で決断するしか手が無いです。
https://www.youtube.com/watch?v=peMqhJwFlI0

https://jp.sputniknews.com/covid-19/202103278264484/




    記
ワクチンは以下のような成分でできています。 
それは公式文書(添付文書といいます)にも記載されている初歩的なことであり、
それをみて一般市民の大半は打つ気がなくなってしまうことでしょう。

・水銀
・アルミニウム
・グルタミン酸ナトリウム(MSG)
・ホルムアルデヒド(防腐液)
・ポリソルベート80、ツイーン20など
・猿、犬の腎臓、鶏、牛、人間の胎児細胞や遺伝子、それから作った豚や牛のゼラチンなど
・ワクチンの材料である動物細胞の培養で生じた細菌や野生のウィルス
・添加物や抗生物質など

一番接種数が多いと評判のアメリカでは、数十回の接種で
100種類以上の有毒物質を取り込むことが分かっています。

ワクチンはいわゆる劇薬ですが重大副作用として以下のようなものが、
添付文書には記載されています。

1.ショックなど:「ショック(血圧・脈拍低下、死ぬ場合も)、アナフィラキシー様症状(急性薬物アレルギー、死亡リスク)、じんましん、呼吸困難、血管浮腫など……」
2.脳脊髄炎:急性散在性脳脊髄炎(ADEM)があらわれる(当然、死の危険もある)。
3.ギランバレー症候群:「頻度不明」
4.けいれん:これも「頻度不明」(以下5〜11も同様)。けいれん、熱性けいれん(発熱をともなう)があらわれることがある。 
5.肝機能障害:肝機能障害、黄疸、GOTなど肝機能値の上昇などが起こる。
6.ぜんそく:ぜんそく発作を誘発することがある。
7.血小板減少:血小板減少(血小板は出血を止める作用がある。減少すると内出血が起こる)、続いて血小板減少性紫斑病、紫斑(紫色の皮下出血)、鼻出血、口腔粘膜出血……など。

・アレルギーとアトピー性皮膚炎  ・関節炎 ぜんそく
・自閉症
・ガン ・糖尿病(乳幼児、児童)
・腎臓の病気  ・流産 ・さまざまな神経疾患と自己免疫疾患
・乳幼児突然死症候群(SIDS)

カブトムシ 2021/03/28(日) 22:20:45
調査課長さんもご指摘されているように、ワクチンに対する賛成意見、いわゆる肯定的な情報は各国政府、また大手マスコミから盛んに発信されていますが、反対意見、いわゆるネガティブな情報は、それらからは一向に発信されません。先日も書きましたが、マラガでワクチン接種後亡くなった女性は、すぐにワクチンが原因ではなかったと結論付けされてしまいました。本当にそうだったのでしょうか?

ワクチン接種後に重篤な副作用(副反応などという子供騙しみたいな新語は必要なし)で亡くなった人たちや、重大な後遺症が残った人たちのデータは、同様に政府や大手マスコミからは一向に発表されません。私が調べたところでは、アメリカではすでに1800人以上の命がワクチンの副作用で奪われています。

なぜ否定的なデータが発表されないかというと、それはワクチン接種を停止されたくないからだと思います。だから真実を知りたければ、各々が自分で情報を仕入れなければならないのです。

ネットに溢れている情報には、もちろんフェイクも沢山あるでしょう。しかし、真実もきっとあるはずですので、どうぞみなさん探してみてください。

最後に一つだけ、私からも動画のリンクを紹介させていただきます。長い動画ですが4:00からの緑色の字で書かれている文章を読んでください。

https://www.youtube.com/watch?v=VvJj-pbcupg&t=458s

見てわかるようにこの動画は昨年の5月6日にアップされたものです。

年金生活者 2021/03/29(月) 11:15:20
SIP様、情報ありがとうございます。早速調べたら、私の住む街も、社会保険に加入していない外国人がワクチンを受けるには、事前に保健所に届け出る必要があると分かりました。助かりました!感謝申し上げます。

年金生活者 2021/03/29(月) 11:15:22
SIP様、情報ありがとうございます。早速調べたら、私の住む街も、社会保険に加入していない外国人がワクチンを受けるには、事前に保健所に届け出る必要があると分かりました。助かりました!感謝申し上げます。

年金生活者 2021/03/29(月) 11:16:51
二重に送信してしまいました。申し訳ございません。

ワクチン 2021/03/29(月) 12:24:34
年金生活者さま
SIPの要否は、どうやって調べるのですか?
私は、予約申し込みのサイトに入って、接種場所を指定するところまでいけたのですが、すでにバルセロナ市内の場所は完了だったので申し込みませんでした。
ひょっとして、そのまま進んでいても、SIPがないとかで対象外になっていなかったかもと心配になってきました。

調査課長 2021/03/29(月) 15:55:19
情報です。ご参考になれば幸いです。

予防情報です。
このカルテックという脱臭機を私はアマゾンで買いました。航空機内の密な空間では
ぜひ使うつもりです。脱臭だけでなく、ウィルスの感染抑え込みを99.9%達成した、とのこと。https://kaden.watch.impress.co.jp/docs/news/1283277.html


以下はワクチン否定情報です。真偽は不明です。

新潟大学岡田名誉教授の発言
https://blog.goo.ne.jp/mokushiroku666/e/87c5902acdea4c1beb95299c16c46a42


https://www.facebook.com/photo?fbid=2284635691680085&set=gm.775480943172397

https://www.facebook.com/photo?fbid=1902550216567303&set=pcb.1902550243233967

ワクチンの一般的な副反応 2021/03/30(火) 16:30:21
これまで公表されている情報を見た限り、コロナのワクチンの副反応は、これまでの従来の弱毒化や不活性ワクチンの注意書きとしてリストされているリスクとほぼ同じで、だいたいインフルエンザのワクチンの副反応と比べても大きな差ははなさそうです。

最も可能性が高いアナフィラキシーショックが起こる率も、インフルエンザワクチンよりも高いけど、ペニシリンなどの抗生物質よりもかなり低い。

感染症専門医の忽那賢志先生の解説が詳しいです。
https://news.yahoo.co.jp/byline/kutsunasatoshi/20210214-00222168/

私が一番納得したのは、「コロナの重篤化や後遺症に対処する術はないけど、アナフィラキシーショックなどの反応は長年経験があるので、いくらでも対処が可能」という医療関係者の言葉です。

自分の体質や職種や家族構成や生活スタイルで、他人に感染させることも含めたコロナにかかるリスクと、ワクチンのリスクを天秤にかける必要もありますが、今のところ、スペインでもまだまだ全世代にいきわたっているわけじゃないし、いくら本人が希望しても条件がそろってないと受けられないけど、拒否することは可能なので、まずは本人の判断重視でいいのかもしれませんね。

コロナの治療薬も開発は続いているようですし、経口式や噴霧式のワクチンも開発していて、経口式の錠剤ワクチンは治験まで進んでいるようです。

少し待つと、いろんな選択肢が増えている可能性もありそうです。

みかん 2021/03/30(火) 17:51:02
>「コロナの重篤化や後遺症に対処する術はないけど、アナフィラキシーショックなどの反応は長年経験があるので、いくらでも対処が可能」という医療関係者の言葉

この言葉は興味深いですが、ワクチンを受けた後に死亡した例でよく言われているのが、血栓ですよね。アナフィラキシーショックの方の心配をしている人はそうないように思います。

これは短時間で、40-50代の女性に多いようですが、あっという間に亡くなってしまうという点がコロナと似てると思います。
ただ関連性が分からないので、結局、どちらのリスクを取るか、本人やその周りの状況でそれぞれが考えればよいのではないでしょうか。
結局は個人の自由ですから(ガリシアのように義務でない限り)。

私はほとんど人と接さない生活をできているからこそ、感染のリスクが少ないと思っていますが、受けない選択をした人は、感染の危険性をより念頭に入れて、十分に節度ある生活をした方が良いでしょうね。

年金生活者 2021/03/30(火) 19:48:49
ワクチン様、私にも良く分かっていないのです。何しろ、スペイン語力が欠如しているものですから(涙)
SIP様のコメントを見て『○○(自分の住んでいる街名)vacuna extranjero 』でぐぐったら、保健所で事前に登録して、保険カードを受け取る必要があるように書かれてありました。ただ、アクセス先など詳細が示されておらず、困っているところです。今は全てがネット申請のため、どうするか?取り敢えず、セマナサンタ が終わったら、役場に出向いて聞いてみる予定です。役場も開いているのかどうか分かりませんが…
私の住む街は外国人居住者が30%とも言われており、退職した外国人が多く住んでいるので、その様になっているのかもしれません。街や州によって取扱いも異なるのかと思います。
ワクチン様、あまりお役に立てず申し訳ございません。

SIP 2021/04/02(金) 21:47:20
年金生活者さん、バレンシア州の場合は保険局のサイトから申請できるんですよね。で、Eメールを送ればすぐに返事が返ってきます。私の場合すでに6月2日に1回目のワクチン接種の時間が送られてきました。お住まいの州の保険局のサイトで調べるのが早いと思いますよ。私の場合、おそらくこれはバレンシア州のサイトだと思うんですが、consalta.sip@gva.esのサイトで申し込みました。私もBenidormに住んでいるので、外国人居住者は物凄く多いんですよ。スペイン政府からは外国人居住者に対してのインフォメーションは一切ないので、自分で調べ倒しました。Clinica Benissaさんというところが私達外国人で個人保険に加入している人のために本当にたくさんの情報をオンラインで教えてくださって本当に感謝感謝です。 このサイトのおかげで私もこんなに早くワクチンが打てるというわけです。年金生活者さんも頑張ってください。セマナサンタが終われば情報が手に入ると思いますよ。

ワクチン 2021/04/03(土) 00:39:18
バルセロナ在住ですが、一昨日、また、主人あてにワクチンの案内がありました。
前回、スルーにしていたのですが、新たにワクチンが到着したせいか、期間をおかずして、また案内がありました。
本人は、「忙しい・・」とか言って、申し込む気がなさそうなのですが・・・
職業柄、多くの人に接するので、早く接種してほしいのですが、私が強制するのもどうなのかと思い、そのままなのです。

アストラゼネカのワクチンは、スペインでは、確か、60歳〜65歳が対象でしたね?
血栓が発症した人が、60歳以下だということで、そのような設定になったのかもしれませんが、そのあたりに不安も感じないわけではないのですが・・・

ワクチン 2021/04/03(土) 00:55:20
SIPさま、年金生活者さま
社会保険に加入していない外国人はSIPが必要ということですね。
「社会保険に加入していない」とはどのようなステイタスの方でしょうか?
今まで、公立の病院や診療所で受診できているということは、社会保険に加入者になるのでしょうか?
「○○(自分の住んでいる街名)vacuna extranjero」でぐぐっても、よくわかりません。(よく読んではおりませんが、旅行者を対象にしているような項目はあるようです)
どのようなステイタスをさすのか、具体的にご存知でしたら、お教えいただけませんでしょうか。

SIP 2021/04/03(土) 16:05:35
私達のビザは殆どがスペインでリタイヤする外国人人たちのビザで、主人はアメリカ人、私は日本人ですが、アメリカ国籍を取得しています。今の時点ではビザの関係上スペインでは働けないし、社会保険に加入できないので、公立の病院にも行けません。ビザ発給の条件の一つとしてフルカバーのスペインでのプライベートの保険に5年間加入しなければばなりませんし、テンポラリービザの期間の5年間は、ある程度の資産がスペインの銀行になければいけない等、結構厳しい条件を満たさなければいけません。 このビザは5年間の間に2回の書き換えがあり、そのたびにこの条件を満たさなければなりません。そしてスペインに住んで5年後はいままでテンポラリーだったレジデントの条件が普通のレジデントになり、この時点で社会保険に加入出来、スペインで働くこともできます。私は後1年でレジデントになれて、社会保険にも加入できるわけです。だから今の時点ではコロナワクチンを打つためには、特別にテンポラリーでワクチン専用のSIPカードを申請しないといけないということです。
したがって今まで公立の病院や診療所で受信されている方は、お名前が登録されているということでしょう。そうであればPADRONがある最寄りの市役所か保険局でどこのCentro de Saludでその方がワクチン接種ができるのかを確認して、実際そのCentro de Saludに確認を再び入れられると確かだと思いますが。ちなみにスペインのレジデントでないおそらく旅行者の方は(所謂スペインにPADRONの無い方です)スペインのワクチン接種は出来ないと思いますが。でもこれは調べてわけではないので、間違っていればごめんなさい。

SIP 2021/04/03(土) 16:16:03
ワクチンさん、お気持ちわかります。 私も接種されるワクチンがアストラゼネカだと聞いて、『えっー!」とか思いましたが、アメリカやほかの国に旅行するときに、ワクチンの接種証明書がないと、入国出来ないところもある為、仕方なく受けることにしました。アメリカの友人たちは殆どファイザーのワクチン接種を完了しているので、羨ましいですよ。ファイザーは100%有効で、新種のコロナウイルスにも効果があるそうです。

ワクチン 2021/04/04(日) 01:30:26
SIP さま
丁寧な説明を有難うございました。
様々なステイタスがあることをあまり認識しておりませんでした。
そういうことならば、たぶん、私は、番号を申請したりしなくても、一応、接種対象者になりそうです。

ちなみに、日本国内にいる55〜65歳の友人、知人にワクチンの希望を聞いてみたところ、(もちろん、母数は少ないですが)全員、「早く接種してほしい」でした。
日本は、一般の人への接種がなかなか始まらないので、皆、しびれを切らしているといった感じでした。(私の周囲だけかもしれませんが)

2021/04/04(日) 13:16:15
https://unlimitedhangout.com/2021/01/investigative-reports/silicon-valley-and-wef-backed-foundation-announce-global-initiative-for-covid-19-vaccine-records/

こういう世界は杞憂でしょうか。

受けま… 2021/04/04(日) 19:33:36
どうでしょうか。
イタリアはワクチン接種を拒否した薬剤師などを含む医療従事者に対して、
解雇や出勤停止(事実上の解雇)などの懲戒処分を課す法案を通すようですし、
アメリカでは複数の大学がワクチン接種を大学関係者や生徒が大学に通う必要条件にすると決めました。
こうした半強制的なワクチン接種の流れがありますし、
経済活動を続けるためにはワクチン接種は避けて通れないものになると個人的には考えています。

ワクチンに関する情報どちらも興味深く拝見させていただきました。

ワクチン 2021/04/04(日) 22:22:11
現在のところ、死亡に至った例が、ワクチンの副反応だという証明もなく、また、ワクチンの影響ではないという証明もされていません。
政府は、単にワクチン接種を推奨(強制)するだけでなく、ここのところを、早急に解明してほしいものです。
でも、スペイン人で、アストラゼネカのワクチンを拒否した人はごくわずかだそうですね。(カタルーニャ州)
私は、できれば、ファイザーかモデルナの方がいいなと思っているのですが。

追加発言
■ お名前(ペンネーム可)
  
■ メールアドレス(省略可、半角で入力)
  
■ ホームページアドレス(省略可、半角で入力)
  
■ 発言(エラー時再送信はご遠慮下さい)
  自動改行はしませんので、適時改行してお書き込み下さい。
  ←解決時は質問者本人がここをチェックしてください。
  
  

WwwLounge Ver2.16

e-mail address: info@arrobaspain.com
Copyright (c) 2000-2021 @Spain all rights reserved.

@Spainのトップに戻る