小学六年生 viaje de estudios



[スペイン探偵局に戻る]
2児のママ 2017/10/10(火) 14:53:18
いつもこの掲示板にはお世話になっております。
先輩方に質問ですが、
こちらの小学六年生のviaje de estudiosのために、父兄や生徒がいろいろ旅行資金集めしますよね。
今回、わが子がその立場になりました。
そのための何かいいアイデアや、こんなことやったよ、とか、なんでもいいです。
何か経験談などありましたお聞きしたく投稿しました。
よろしくお願いします。

Fiesta 2017/10/10(火) 17:14:58
行事があれば、学校が家族に開放されますよね。
そこで工夫していろいろなものを販売していました。
たとえば、自分たちで作った学校新聞やクッキー、小物など。
学校新聞は、普段の子供たちの様子が写真入りでよくわかるので、親たちには好評でした。
たいして役に立たない小物類でも、子供たちが一生懸命作ったものですから、親たちは喜んで買っていました。
スナック、ボカディージョ、飲み物なども校庭で販売していました。(小さな兄弟姉妹が来た場合、喜びます。)
演劇などをしているグループがあれば、催しをして、入場券を販売していました。

書道 2017/10/10(火) 18:26:32
うちの娘が『名前を漢字にして書く』と言うのをやったことがあります。
すごい人気で行列が出来ました。

スペイン語日本語まぜまぜ 2017/10/10(火) 18:48:45
Fiestaさんがほとんど書かれていますが、その他にやったことは
(個人単位ではないものもありますが)

・ロテリアを販売し、各自1つずつ商品を持参し、カゴに入れクリスマスのソルテオにした
・地元のフィエスタでバザーを出店。商品は学校で不用品を集めた
(バザーのみを催したこともあったようですが、スペインでは定着していないせいか、イマイチだった。)
・ボンボンを購入金額の倍で知り合いに売りつける(これ個人的に大嫌い)
・ケーキなどを作り、毎週決まった曜日の休み時間に販売whatsappで前日にお母さん方に知らせる
(ずるをするお母さんが居て嫌な思いをしました。未だに腹が立つ!)

やろうと思ってて、チャンスがなかったのですが、ハロウィンパーティーや終業式(学芸会、卒業式)の始まる前や後で
プルセラを売ればいいなと思っていました。
ああいうのってつけてるだけで「ノブレスオブリージュに参加したわよ」っていう自己顕示欲を満たせるかなと。

chinosの卸に行くと、まとまった量を買わなくてはいけませんが、とても1€には見えないプルセラなどが30センティモ、
40センティモで買えたりします。
これを何人か一組のグループでプールで使うチュロスを切ったものに展示し、生徒達が動きながら販売していくという風に
やればいいよねと話していました。
ポイントはワンコインの1€にしちゃうことです。

がんばれ、2児のママ!

2児のママ 2017/10/10(火) 19:57:08
皆さん、素敵なアイデアありがとうございます。
学校新聞もいい案ですね。

漢字で名前を書くは、私もちょっと考えてました。そんなに人気だったらぜひやってみようと思います。

ソルテオはどういう形まだわかりませんがやるようです。持ち寄りもいいですよね。
プルセラ1ユーロは買いやすいですよね。

今度会合があるのでそのためにとても参考になります。
引き続きアイデアございましたらお願いします!

追加発言
■ お名前(ペンネーム可)
  
■ メールアドレス(省略可、半角で入力)
  
■ ホームページアドレス(省略可、半角で入力)
  
■ 発言(エラー時再送信はご遠慮下さい)
  自動改行はしませんので、適時改行してお書き込み下さい。
  ←解決時は質問者本人がここをチェックしてください。
  
  

WwwLounge Ver2.16

e-mail address: info@arrobaspain.com
Copyright (c) 2000-2017 @Spain all rights reserved.

@Spainのトップに戻る