「...mi amiga」のニュアンス (男女間)



[スペイン探偵局に戻る]
アルバン 2017/09/02(土) 11:51:06
こんにちは!スペイン在住の♀学生です。
いつも週末には2人でおでかけする仲良しのamigoがいます。
彼はイタリア人ですが長くスペインに住んでいてほぼスペイン人です。
チャットでいつも「gracias mi amiga」や「necesito tu ayuda mi amiga」や、、、
他のスペイン人、EU人の友達に比べ、やたらと「mi amiga」をつけてくる気がします。
(南米の友達は男女問わずgracias mi hermosaやbuenas noches mi amiga, te quieroのように当たり前のように使っているのは慣れていて違和感を覚えませんが....)

とても気があうし、一緒にいて楽しく好意をお互い持っていますが
彼の中ではnoviaにする気など一切なく、線引きをしたくて言ってきてるのかなー?と前々から思っています。
実際のところスペイン人はどのようなニュアンスで使っているのか
ご存知の方はいらっしゃいますか?

聞いてみるべし 2017/09/04(月) 15:10:56
アルバンさんの場合、今はAmiga=友達なのでそういう呼び方なのか?
私のAmigosはみんな名前か名前+さんと私を呼びますから
それを考えると見えないスタンスがあるような気もしますね
距離感を感じると前置きして名前で呼んでって言ってみたらどうですか?

好意 2017/09/04(月) 23:32:13
好意だけじゃなく、行為はあるのですか?

個人レベル 2017/09/05(火) 10:59:48
たとえばmanzanaといえば誰にとっても「りんご」を指す言葉ですが、mi amigaとかいうのになるとこれはもう個人個人で使うニュアンスが違います。したがって、他のスペイン人やイタリア人がどんな意味で使っているかというのを訊ねてみてもあまり参考にはなりません。amiga míaよりもmi amigaの方が込められている親密度が薄いということは文法的・語法的な観点から見ればいえますが、これもまた個々人で変わってきます。

結局、呼び方から判断しようというのは無理といえると私は思います。

気持ちはわかりますが 2017/09/05(火) 15:47:15
間違っていたらごめんなさい。たぶん、トピ主はそのイタリア人に友達以上の存在でいたいのではないかと思いますが、あなたのことを彼女と思っているなら、mi noviaと言うのではないでしょうか?
スペインでは野菜屋さんのおばちゃんでも、mi cariño 、mi amor 、la guapa なんて言うのは、親しい間柄では普通なのだと思います。

同じく 2017/09/05(火) 23:41:52
男性でも女性でも、mi amigaやguapaやreina
その他もろもろの呼び方をやたらとつける人、
つけない人がいます。
ただの口癖だと思います。

そしてスペイン人が一般的に使うのはニュアンスも何もなく、
文字通り、友達に対してであり、
「仲良しな友達」と思っているのだと思います。
イタリアの血が入っていてフレンドリーなのでは。

amigaと言っている限り、今の時点ではamiga以上に考えていないでしょう。

線引きしたくて言っているかどうか、そこまで考えてあえてやっているかは、
他の方も言ってるように本人に聞かない限りわかりません。
一般的にはそこまでのニュアンスはありません。

トモダチ 2017/09/05(火) 23:41:56
主人はイタリア人です。
(スペイン在住です。)

家庭にもよりますが、幼い頃から
AmoreだTesoroだの呼ばれて育った人達ですから
基本的に男女共に愛情深いとは思います。
しかしながらいざとなったら「 ti voglio bene だけど ti amo じゃない」
(LikeだけどLoveじゃないという事)のような事を悪気なくシレっと
言って去って行く悪い輩がたくさんいますのでお気をつけくださいね。

トピ主さんのお友達がわざわざ毎回 mi amigaと付けてくるのは
単純にお友達だと思っているからだと思います。
言わないでもわかってくれよ的な意図も全くないと思うので
線引きをしてるとかそういうのではなくて、
本当に仲の良いお友達、なだけなんじゃないでしょうか。

反対の意見です 2017/09/08(金) 15:32:56
ネイティブの友人に昔きいた話では

"mi amiga"というのは彼女、というかステディな関係にある女性に使う言葉でもある、と言うことです。

例えば
"es una amiga mía"はただの友達ですが、
"es mi amiga"と言うとステディな関係が予想されます。
"mi"がポイントのようです。

これはスペイン人のネイティブに聞いた話ですので、

トピ主さんの友達のイタリア人がそこまで考えているかはわかりませんが。

反対の意見です 2017/09/08(金) 15:35:15
>好意だけじゃなく、行為はあるのですか?
この質問、鋭いですね(笑)
スペイン人だと、derecho a roceのある女友達(要はセフレ)に対して
"mi amiga"と言うようです。

個人レベル 2017/09/08(金) 20:12:22
この方、「スペイン「在住」の」とおっしゃってますが、もしかしたら短期「滞在」でいらっしゃっている方、もしくはいらっしゃったばかりの方ではないかと想像するのですが。それでまだよくスペインの風習になじんでいない人が勘違いする、よくあるケースのひとつに頭を悩ませているのではないかと。Dos besosされたといっては「どういうニュアンスがあるんでしょうか?もしかしたら気があるということですか?気がないなら二度もほっぺにキスなんかしないですよね」と たぶんドキドキして顔を赤らめながら訊ねるような。どんなことばの片隅にでも好意のかけらを見出そうとするような。

だからといってこれから先のことは誰にもわからないわけですし、どう発展していくかもわからないですが。

スペインでは、見知らぬ人と話しをしていても相手のことを「Hijo」「Hija」と呼ぶことさえひとによってはします。やたら会話相手の名前を入れて会話をするのもこちらではごく普通ですし、あれこれ考えても仕方がない、意味のない、日本とは全く違う習慣のひとつだといえます。

(少なくとも私の暮らしている地方では、アルバンさんがあげていらっしゃるような例で「mi」は付けないです。こちらではamiga という単語を付けるとしても、Gracias, amiga.とか Hola, amiga. ¿Qué tal? いうような言い方をします。そこにいちいち「mi」をつけるのはイタリア語の影響ではないかとふと思ったのですが(うろ覚えですが、以前にイタリア人のクラスメートがそういうことを言っていたような気がします)、これは本題とはまったく無関係です。)

だいぶ前の映画ですがペドロ・アルモドバルの『Todo sobre mi madre』で、交通事故にあって倒れている子供にその母親が駆け寄るシーンで彼女が叫んでいるのは「¡Hijo mío!, ¡hijo mío!」です。「Mi hijo」の語順ではありません。Mi hijo.だとそういうシーンにはそぐわないです。こういうふうに感情をこめて親密さを表す際に¡Hijo mío!を使います。この用法と Ella es una amiga mía. とはまた別です。

こういう生きた言葉の使い方というのは、我々にとっての外国人である彼らの感情に根ざしたものであり、かつ習慣や実生活に即したものですから教科書的な説明だけで片付くものではなく、一朝一夕に身につくものではないし難しいです。「もし言語が数学的なものであるならば、数学は普遍的なものであるがゆえに言語の習得もずっと容易になるに違いない」という文章をつい最近読んだばかりです。ですが残念なことに、そうとはなりえません。

アルバンさん、その後なにか わかったことはありますか?

確認 2017/09/08(金) 22:07:02
個人レベルさんがおっしゃるように、日常的な会話は、文法的な基準だけでなく、状況によって個人の感情も加味されるでしょう。
この際、トピ主さんが、直接、お相手の方に聞いてみるのが確実だと思います。
改まっては聞きにくいでしょうから、「ねぇ、ねぇ、mi amigaってどんなニュアンス? una amiga míaとnoviaとどういう違いがあるの?」とポイントをぼやかすとかして。

追加発言
■ お名前(ペンネーム可)
  
■ メールアドレス(省略可、半角で入力)
  
■ ホームページアドレス(省略可、半角で入力)
  
■ 発言(エラー時再送信はご遠慮下さい)
  自動改行はしませんので、適時改行してお書き込み下さい。
  ←解決時は質問者本人がここをチェックしてください。
  
  

WwwLounge Ver2.16

e-mail address: info@arrobaspain.com
Copyright (c) 2000-2017 @Spain all rights reserved.

@Spainのトップに戻る