不動産屋との戦い方を教えてください



[スペイン探偵局に戻る]
ピソトラブル 2017/03/05(日) 01:22:35
家具付きの賃貸ピソのベッドが汚かったのでアレルギー反応が起きました。

内見の時点ではカビの臭いを感じなかったのですが、住み始めてベッドに横になるとカビ臭さが気になりました。
後から考えると初めの数日は、ベッドに入るとちょっと耳がかゆくなっていたのですが、あまり気にしていませんでした。
しかし、1週間後ある朝突然顔が腫れ、体にも痒みが出ました。

症状が気になりネットで色々調べ、たぶんダニの死骸とカビによるアレルギー反応だろうと思い、薬局で薬を買って対処しました。

不動産屋に文句を言い、ベッドの清掃とシーツのクリーニングを頼んだのですが、シーツは自分で洗濯する羽目になりました。

不動産屋は、私の入居前にベッドは清掃してあると主張しましたが、シーツを洗濯するといくつもあった茶色いシミが消えてなくなり、洗濯していなかったことが明らかになりました。

不動産屋は初めは薬代すら支払う気がありませんでしたが、交渉して何とか薬代の支払いと、退去時のクリーニング代は必要ないとは言ってもらえましたが納得がいきません。

アレルギーで2週間痒みに苦しんだ事、ベッドを2週間近く使えなかった事、何枚ものシーツやベッドカバーを自分で洗濯しなければいけなくなったこと、に対して慰謝料を請求したいのですが、スペインにはあまり慰謝料文化がないとも聞きます。

同じような経験をした方や、不動産関係の法律に詳しい方のお話をうかがえたらと思い、書き込みしました。

ぽち 2017/03/05(日) 19:45:10
それは大変でしたね。しかし戦うのは本当に大変ですよ。

シーツやベッドカバーは洗濯したと言われても、
自分で一度洗濯する人が多いのではないでしょうか。
いくつもシミがあるようなシーツなら、なおさらです。

次に慰謝料といっても、証拠はありますか?
洗濯前のシミの写真。
病院で、ダニやカビによるアレルギーとされた診断書など。

慰謝料を請求したいと思うなら、
訴訟で勝てるぐらいの(実際にはしなくても)証拠を集めないと説得力がないです。
向こうも、こちらに何もできない、と思うでしょう。

私だったら戦うなら、2週間ベッドを使えなかったために、2週間分の家賃を無料にしてもらうという交渉をするかもしれません。
慰謝料はどうお金を計算するか曖昧で、乗ってこないと思います。

もしくは退職時のクリーニング代は自分の慰謝料代わりに受けますが、
前の人のクリーニング代を自分がやったようなものなので、クリーニング代分のお金=自分がした掃除洗濯費用として請求する。

戦い方はわかりませんが、最初にもっと大きなことを請求して怒りを伝え、
最後はそれより妥協して落ち着くかもしれません。
だから最初はもっと大きなところを請求しても良いかもしれません。

それと退去時のクリーニング代は必要ないという件は文章作成して送ってもらっておきます。

ただし戦うのは、本当に本当に大変ですよ。

匿名で 2017/03/06(月) 00:36:17
スペインでピソをかりたことも、貸したこともないのですが、何故か貸す準備を手伝ったことが3,4度あります。
ちょっとづれるかもしれませんが、こんなことがありました。

不思議に思ったことがあったのですが、常識があるスペイン人ほどマットレスにシーツをかけて貸しに出すのです。
これに関して「シーツは寝具であって、いくら家具付きの物件でもつける必要はないよね?」と質問したことがあります。
それに対しての答えはベットマットを保護するため(汚したくないから)ということでしたが、それと同時にそのシーツは
どの家主もかなりお古なもので、(柄が90年代風だとか)普通ならもう、捨てるだろうという状態のものでした。
そして、皆口をそろえて「こんなの借りた人は使わないよ」と言っていたのです。

こんなやり取りの中で私が感じたことは、シーツはあくまでホコリや汚れよけ、もしくはちょっとした親切心ぐらいなんだということです。
なので、シーツ云々というのはもしかしたら、このスペインでは非常識なのかもしれません。

本題のベットマットになりますが、私ならトピ主さんのようなことが起こったら、新品のベットマットを請求します。
だって、ベットのクリーニングって・・・どうやってやるんですか?
私が知らないだけかもしれませんが、正直なところ、ベットのクリーニングって聞いたことがありません。掃除機をかけるぐらいしか思いつきません。

そして悔しいですが、私なら退去時のクリーニング代無料で相殺かもしれません。
(ですが、例えばデポジットが一か月分であれば、最後の一ヶ月の家賃を払わない=払ったデポジットで相殺しろという人もいるらしいです。
細かく言えば違法でしょうが、こういう風な建前で行くと、もともとクリーニング代なんてあったようで、無いようなものなのかもしれません。)

ぽちさんと同じく、なるべく早く一筆書かせたほうがいいですよ。

腹も立ちますよね。
お気持ち分かります。
すべて上手く行くこといいですね。

法務 2017/03/06(月) 23:58:46
スペインでも日本でも法的に不動産屋さんに過失はありません。不動産屋さんの仕事は仲介業務であり、不動産管理業務をしているわけではありません。


もし文句を言われるのでしたらそのような古いベットのシーツを用意した大家さんに言った方がいいと思います。

また当然のようにアパートホテルではない限りスペインではシーツ、まくらカバー、ベットカバーなどは入居したら洗った方がいいと思います。

日本人大家 2017/03/07(火) 09:09:56
「戦う」という表現に非常に違和感を持ちます。どうして「交渉」ではないんでしょうか。最初からトピ主さんに危害を与えたいと思って貸したとお思いですか?法務さんがおっしゃっている通り、不動産屋には責任は無いと思います。大家の立場からは、私がトピ主さんの大家だったら次のように返答した言うと思います。-借主はピソ内にある備品、その状態を認識、了承した上で賃貸契約を結ぶものとする-と契約書に書いてありませんでしか?どうしてサイン前に備品の状態に問題がないか確認しなかったのですか?もしそんなに不満だったら、契約解除して、どうぞ出て行ってください、って。

大家の立場 2017/03/07(火) 11:49:32
スペイン人夫がピソの大家ですが、私たち家族は別の都市で賃貸で暮らしております。つまり、大家でもあり賃借人でもあります。
日本人大家さんが仰るように、戦うよりは上手に交渉されるほうが良いと思います。
綺麗事のように聞こえるかもしれませんが、私から見ると、貸主も借主もお互い歩み寄って妥協点を探していると思います。
交渉の際には、怒りを隠してニコニコできるようになると勝算が高いですよね。
私もスペインに住み始めた頃は、怒りを隠せなくて連敗でした。
頑張って下さいね。

匿名で 2017/03/07(火) 12:22:23
トピ主さんがスペインに来たばかりなのか、それともある程度住んでいる方なのかわかりませんが、不動産屋さんはただ大家さんとの橋渡しをやっているだけだと
わかっていると思うのですが・・・。

つまり、薬代うんぬんも窓口は不動産屋だけど、実際払っているのは大家さんだと。
だって、大概の店子さんは不動産業者を通すと大家さんの顔すら知らないですよね?

入居者の募集をかけるために自社のHPに載せたり、店頭に張り出したり、入居希望者を見学に連れて行ったりするものの、あとは3%や7%やなんや、マージンを
毎月取る商売ですから、ある程度の対応はやってしかるべしだと思うんです。

マージンを取られたくない、こういう対応も厭わない家主さんは直に店子を募集しますしね。

話が散漫になってしまいましたが、どうするのか、どうなったか教えてくださいね。

うーん、 2017/03/07(火) 13:28:24
何はともあれ、2週間も顔が腫れたりアレルギー症状が出たりマットを使えなかったら、頭にきて爆発しちゃぃますよね。
気持ち分かります。
瞬間湯沸かし器並みにカーッとしちゃう!!

でも落ち着いて考えてみたら、あんなに酷い目にあった後だから、しゃくだけど皆さんの仰っている事、「そうかも。。。。」とも思えますよね。


悔しいけど今回は戦わずに、交渉するかそのままにしましょう。

日本には家具付きのマンションやアパートって、まだまだ少ないからピンときませんが、やはりスペインの家具付きのピソを含む賃貸物件や日本の賃貸物件全般は、入居したら皆さん掃除をしてから住み始めると言うことですね。
クリーニングとは、大きな床のシミや壁の汚れとかお風呂の汚れやトイレの黒ずみ、キッチン周りなんかをクリーニングするという事でしょうね。


スペイン生活、頑張って下さいね!

もしかして... 2017/03/07(火) 15:56:32
とぴ主さんは不動産屋と書かれていますが、学生向けのアパートなどを専門に斡旋するエージェンシー(不動産屋)で、大家さんとは直接話をしないという場合もあるのではないでしょうか?

知り合いの留学生が個人では3か月4か月の部屋が見つからず、少々割高(それでも学校のアパートよりは安い)だけれど、そういうエージェンシーを通して契約をしたと聞きました。
その場合は大家さんもエージェンシーに管理を一括で任せているあるいはエージェンシー自体がアパートを持っている場合もあるので、一概に大家さんと交渉ともいえないと思います。

ただ、長年のスペイン生活から入居したら一度は全部掃除や洗濯します。というか、シーツなどは自分で用意していました。

慰謝料…? 2017/03/07(火) 16:44:28
確かに、ピソトラブルさんはアレルギーと診断され、不愉快な思いをして不動産屋に鉾先が向くのは理解できますが、慰謝料というのはいうのはちょっと乱暴な気がします。
不動産屋はあくまでも仲介で、以前の借り手が明け渡しの際に、清掃が済んでいるか、破損がないかをチェックする責任はあるでしょうが、シーツが清潔であるかまでしないと思います。と言うか、個人的にシーツが備品として付いていることに驚きました。
タオルやシーツは自前だと思っていたので…。
仮に、備品のシーツを使うにしても、前任者がいつ洗濯したのかわからないので、まずは自分で洗濯する必要があるのでは…。

診断 2017/03/07(火) 17:47:08
慰謝料さんは、「ピソトラブルさんはアレルギーと診断され、不愉快な思いを・・・」と書かれていますが、トピ主さんは、「症状が気になりネットで色々調べ、たぶんダニの死骸とカビによるアレルギー反応だろうと思い・・・」と書かれています。
ですから、医師の診断によるものではないですし、たとえ、医療機関にかかったとしても、アレルギーの原因判明には恐ろしく多くの検査(保険で適用される範囲を超えます)と日数がかかります。
現実的には、保険が適用される範囲内で予測できる原因のいくつかの反応検査をし、「これが原因であると考えられる」といった予測的なものしか診断できません。
今回の場合、アレルギーによる被害を被ったとは断定しがたいですし、また、アレルギーはすべての人に発症するわけでもありません。
慰謝料請求など裁判に持ち込んでも、かなりの確率で却下されると思いますよ。

診断 2017/03/07(火) 17:50:04
慰謝料さん
すみません、私の勘違いです。
「・・・アレルギーと診断され、・・・」というのは、尊敬語の「される」で、ピソトラブルさんが、ご自分で診断されたという意味合いですね。
私は、受け身の「される」と勘違いしていました。

もう良くなりましたか? 2017/03/09(木) 05:08:32
みなさんお優しいですね、私はびっくりしてしまいました。
「それはムリだろう・・コドモのようだ」というのが正直なところです。
もちろん、歴戦・辣腕の弁護士を雇えばどうにでもなるでしょうが。

日本と違って 薬剤を使用しカンペキに殺菌・清掃されている物件ばかりでは
ないですよね。
「貸す準備を手伝った」とお書きの方が仰るように、素人が自分の手で整えて、
ということも多いです。
契約の際、「自分はアレルギー持ちなのでスーパークリーンな部屋でなければ困る」と
明言されましたか?
その上で、相手(不動産業者)が恣意的に或いは悪意を以って
不潔な部屋を斡旋したのであれば問題です。

しかし今回は、通常通りの業務だったのではないでしょうか。
(現状確認が疎かではあったかもしれませんが。)

薬代と退去時のクリーニング代免除、あっぱれです。
よく引き出したものだと思いますよ。
(向こうも予想外の出費にヤレヤレと思っているはずです。)

慰謝料文化の前に、住宅仲介文化のほうを知ってから・・という気がします。

キツい言いようだったでしょうか。
お気を悪くされたらごめんなさいね。

ちなみに私は犬とハウスダストの、息ができなくなるほど重篤な
アレルギー持ちです。

みなさんほんとに優しいですね 2017/03/09(木) 11:41:19
というか、、、この時点でトピ主からの反応が無い時点でもう、、、

ぽち 2017/03/09(木) 14:47:18
次から次へと反対意見が出ると、それが正しい意見であっても、
きつい書き込みにネットでは感じることがあるようなので(過去の例)、
それでトピ主さんは書きこまないのかなと思いました。

ただ、ひとつ皆さんが書いていることが違うのかなと思ったのは、
退去時のクリーニング代を請求するピソであることです。

普通のピソと違いますよね。敷金の話ではないようなので。
短期アパートメントで観光用になっているピソかもしれません。

不動産にいうのは筋違い、大家さんに言うべきと書いている人が多いですが、
大家さんはまったくノータッチのアパートもあり、管理も含めてすべて不動産が担当している場合もあります。

退出時のクリーニングは払わなくていいと不動産が言ったぐらいですので、
つまり交渉に応じたわけことからも、不動産が大家さん代わりに間に入るタタイプかと思います。

ただのあっせん業であれば、
不動産だって「大家さんに言ってください」で終わるでしょう。

またアレルギーが出たり、2週間ベッドが使えないと誰でも腹が立つものですが、
クリーニング代を取るピソである、ということが、怒りを増大させたかと。

私も観光のアパートメントに宿泊したときに、高額の清掃量を取るアパートだったことがあります。
なのに掃除の人がいろいろトラブルをやらかしたうえに、ゴミも2か所で捨ててないことがわかった時に、腹が立ちました。
ふつうだったらゴミぐらい気にしなかったと思うのですが、
「高額の清掃料を取るのに、この状況なのか」と。

だから清掃料を取るのに、掃除洗濯をしていないのか!と思ったのだと思いますよ。

もう落ち着いてらっしゃると良いですね。

ピソトラブル 2017/03/10(金) 02:28:05
[[解決]]
たくさんの書き込みありがとうございます。
皆さまのご意見を参考に、昨日ようやく不動産屋と話し合う機会を持てましたが、結果は撃沈でした。

私は短期の留学生で一般的な賃貸物件を借りるのは難しく、かなり時間をかけてようやく「もしかして...」さんが書かれているようなエージェンシーで、相場より高めの賃料&仲介手数料を払ってマンスリーピソを契約できました。
そのエージェンシーのウリは「手荷物一つで新生活を始められる」「24時間緊急対応をしてくれる」というもので、値段相応のサービスを期待していただけに腹も立つわけです。

私のピソ担当者の対応がとにかくひどくて...
入居時希望の場所までカギを届けてくれる、というエージェンシーのウリすら「忙しいので事務所まで取りに行ってほしい」とメールが届いたり(文句を言ったら最終的には届けてくれましたが。)、「明日また契約書を持ってくる」と言いながら実際には6日後にようやく来たり、と入居前日から私のイライラは始まりました。

そして、カビとダニの死骸が原因で顔が腫れたからベッドを交換してほしいという要求のメールの返信には「カビの臭いなど一切なかった。窓を開けて換気をしろ」という、考えられないような返信。
ブチ切れて、長文メールで説得して、ようやくベッドのクリーニングをしてもらえました。

「匿名で」さん同様、私もベッドなんてどうやってクリーニングをするのだろう?と疑問に思いましたが、ごくごく普通の掃除機で吸ってくれるだけでした!
レイコップ的な物や、何か業務用の特別な機械でもあるのかと期待していましたが...

シーツのクリーニングも要求してたのですが、掃除に来た女性がうちの洗濯機で洗い始める始末で、さらにびっくり。
干す場所が小さいので、そこから毎日1枚ずつ自分で洗濯して干しての繰り返しで、うんざりしました。

薬代は払わないと言われるし、毎日洗濯に追われるし、顔も体も痒いしで、怒り心頭です。
何を言っても無駄かな、と一旦はあきらめかけましたが、泣き寝入りはしたくないと思い直しやはり「戦ってやる!」という気持ちになりました。

担当者では話にならないので、会社の代表メールアドレスに社長宛で、いきさつを伝え慰謝料3000€(ちょっとやりすぎかな、とは思いつつ)要求したら、すぐにマンスリー部門のマネージャーから連絡がありました。
会って話をして、薬代を払ってもらえること、退去時のクリーニング代はいらない、とは言ってもらえましたが、私としては納得いかず。

昨日、再度の話し合いで、家賃の割引や私の労働に対して支払うよう要求しましたが、取り合ってもらえず。
マネージャーの権限でこれ以上の事は何もできない。文句があるなら裁判でも何でもどうぞ、と開き直られてしまいました。

診断書もないし、病院でも因果関係は特定できないだろうし、今回はこれが限界かな、という感じです。

「ぽちさん」的確なアドバイス、思いやりのある温かい書き込みをありがとうございます。

皆さん、体験談・アドバイスありがとうございました。

中には攻撃的な書き込みもあり、残念です。
私の友人は、この掲示板は知っているけれど、嫌な書き方をする人が多いから怖くて書き込む気持ちにはなれない、と言っています。
善意で運営されている掲示板なので、誰もが安心して相談できる場になることを願っています。

 


追加発言は締め切られました。
WwwLounge Ver2.16

e-mail address: info@arrobaspain.com
Copyright (c) 2000-2017 @Spain all rights reserved.

@Spainのトップに戻る